2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

  • Android
  • iOS
  • iPad
  • iPhone
  • iPhone Jailbreak関連
  • unlock
  • アメリカでの暮らしについて
  • クルマ・ドライブ・チューニング
  • パソコン・インターネット
  • 携帯・デジカメ
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 自動車ニュース&コラム
  • 随時更新…気ままな一言

アクセスランキング
無料ブログはココログ

« 日本はGo Toキャンペーン、アメリカは… | トップページ | 中国から謎の種子が送られてくる »

2020年7月26日 (日)

アメリカと、日本の色々な違い

こんにちは。
ニューヨーク市では一日のコロナ感染者数が100人〜200人程度に落ち着いています。 これは、ほとんどの人がもう感染してしまった? のじゃないかともっぱらの噂ですが、真偽の程はわかりません。
東京では300人を超えたというニュースが先週ありましたが、これからもどんどん増え続けるのでしょうか? 夏休みを控えて心配だけど、まずは手洗いとマスクですね。

さて、このようにコロナの感染もアメリカと日本では違いがありますが、何気に今週はアメリカと日本でこんなことが違う、という事をお話しようと思います。

一番明確に感じるのは、サイズですね。 体格がアメリカ人は日本人より大きいので、服のサイズは同じMサイズでも日本のLがこちらのMに近いです。 だけど、アメリカは大きな人もいれば、小柄の人もいるのでサイズのバリエーションが大きいです。
XSからXXLくらいまで、デパートでは取り揃えられていますけど日本ではせいぜいSからLLくらいかな? 日本人は似たような体格という事でしょうか。
サイズというと食事のサイズもアメリカは大きいです。 例えばマクドナルドの飲み物の大きさはアメリカのMが日本のLくらい。アメリカのLサイズなんて日本には存在しません。 日本でマクドナルドで間違えてMサイズを注文すると、
「あれ、私S頼んだっけ? …ていうか小さい!」
と見たこともない小柄のカップに思わず笑ってしまいます。

あと、意外なところではステープラー(ホッチキス)。 アメリカは太さもサイズも一回り大きなのが標準なので、日本のステープラーを見ると子供用のおもちゃ?かな、と感じてしまいます。 紙も20枚とか止められない…。

それから、アメリカでは商品のブリスターパック(透明なカバー)がとても頑丈です。 日本だと、商品買って手で引っ張ればステープラーが取れて中身の商品を取り出せますが、アメリカでは周囲がシールしてあってハサミがないと絶対開梱は無理です。
これは商店での盗難防止と言われてます。 簡単に手で中身が取り出せてしまうと、パッケージから出して持っていかれてしまうから…商品だけだと「これはオレが持って店に入っただけだ」と言われておしまいですからね。

クルマの装備で言えば、ドアロックのスイッチが助手席側にもあるとか、トランクの蓋の内側に開くためのレバーが(夜光塗料付きで)装備されているとか、リモコンキーでドアロック解除しても運転席しか解錠しないとかがありますね。 これらは全て犯罪防止のための装備です。 日本では見ない装備だけど、それだけ日本が安心な国という事なのでしょう。

日本は世界でも最も安全で、安心して訪れる事ができる国とされています。
日本の人は親切で優しく、私も何度か訪日した米人に、日本での親切な体験に感謝された事があります。 そんな素晴らしい国ですが、コロナウイルスのために訪れる事ができません。
今はまだまだ我慢の時期ですが、これ以上感染者が増えないように、皆様も気をつけて下さいませ。


Go To キャンペーンは賛否両論…?


海外から行けないのはほんと残念


« 日本はGo Toキャンペーン、アメリカは… | トップページ | 中国から謎の種子が送られてくる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本はGo Toキャンペーン、アメリカは… | トップページ | 中国から謎の種子が送られてくる »