2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

  • Android
  • iOS
  • iPad
  • iPhone
  • iPhone Jailbreak関連
  • unlock
  • アメリカでの暮らしについて
  • クルマ・ドライブ・チューニング
  • パソコン・インターネット
  • 携帯・デジカメ
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 自動車ニュース&コラム
  • 随時更新…気ままな一言

アクセスランキング
無料ブログはココログ

« クルマを売りました | トップページ | 信号待ちを考える »

2019年11月 4日 (月)

東京モーターショー

ここ最近は入場者数が低迷していた東京モーターショーですが、数々の試みや豊田社長のCM?の効果もあり、見事目標の100万人を超えたようですね。
これは「無料エリア」の入場者数を含んだものではなく、有料のみのカウントとの事ですから、この成果は立派だと思います。

 

最近はクルマに興味がない人が増えたという事をよく聞きますが、この結果を見る限り、そんな事は無いようにも思います。
高校生も無料となった事もあり、クルマに興味がある子供さんを連れて来やすくなった効果もあったのかも知れませんね。

ただし、海外メーカーの展示を期待していた人たちにとっては、ちょっと残念なモーターショーだったかも知れません。
これは別に東京モーターショーに限ったことでもなく、以前のコラムでも書きましたがデトロイトのオートショーでもメルセデスもBMW、Audiも展示されないという悲しい事態です。 輸入車好きな人たちには残念でしかありませんね。

これは日米だけでなく、欧州のフランクフルトモーターショーでも同様な傾向と聞いています。
インターネットが手軽になり、個人でもいろんな情報が手に入るようになったせいかこうしてお金のかかるモーターショーに展示するメーカーが減ってきてしまいました。
とはいえ、実際のクルマを目の当たりにしたり、触れられたりできるモーターショーはネットの画像とはまた違った効果があると思うのですが…。コスト優先なのですね。

私も毎年、デトロイトオートショーにはでかけているのですが、輸入車が見られないと正直、あまりうれしくありません。 ある意味モーターショーというのはお祭りみたいな感じもあり、その中で展示されるのが街中でもよく見かけるクルマだけだとなんだかなー、という気もします。
もう少しモーターショーには華がほしいな、と思う私でした。


日本ではオートサロンが大人気というのはまだまだクルマの人気がある証拠


やはり日本人は購入するだけでなく、色々自分なりのクルマにするのが好き

 

« クルマを売りました | トップページ | 信号待ちを考える »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クルマを売りました | トップページ | 信号待ちを考える »