2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • Android
  • iOS
  • iPad
  • iPhone
  • iPhone Jailbreak関連
  • unlock
  • アメリカでの暮らしについて
  • クルマ・ドライブ・チューニング
  • パソコン・インターネット
  • 携帯・デジカメ
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 自動車ニュース&コラム
  • 随時更新…気ままな一言

アクセスランキング
無料ブログはココログ

« 新年度です! さてアメリカの生活の場合は…? | トップページ | クルマとAV »

2019年4月 6日 (土)

新元号発表

新元号の「令和」が発表されましたね! まだgoogleの漢字変換もそのままでは変換されません(笑)。 平成もあとひと月ありません。 なんか感慨深い
ような、実感がわかないような…。
今回は私もインターネットを通じて、日本の裏側からライブで発表を見てました。なんでも「Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、および政府広報のインターネットテレビ」を駆使してのライブ放送ですから、時代は変わったなーと痛感してました。 というかTVなくてもいいじゃん(笑)。

こちらのインターネットのニュースも発表されてすぐに「Reiwa」という記事が乗ってました。 こうしてアメリカからでも日本の様子がタイムラグ無しで分かるのは凄いと思います。

ところで、元号なんて最近はあまり使わない、誕生日とか役所の書類くらい…と思っている人も多いと思います。 でも! 実はクルマの年式って意外に
元号で表現してたりするんですよね。 中古車販売店等で見かける、「H26」とか「平成元年式」とか…西暦で表すより、なんとなくしっくり来るのは
私だけではないと思います。
と、今年からは「令和元年式」とか「R01」とかの標示になるんですよね。これはこれでまだ慣れない…。

ところでアメリカの場合、クルマの年式はもちろん西暦で表現されます。 ただ、少し日本と違うのは、特に新車販売等では「年度」で表現する事がよくあります。 日本だと年度は4月から翌年3月までの単位なのですが、アメリカの場合学校の新年度、つまり9月からに合わせて表現されたりします。

これはどういうことかというと、例えば2019年の9月以降に新発売になるクルマは「2020年型」と表現するのです。
だから、まだ夏休みくらいのころから「2020年型新発売!」などという宣伝が始まったりします。 きっと来年を先取りしているような感覚で新しさが強調されるんでしょうか。

さて、日本でも「令和元年式」というポップが中古車屋さんの広告に出てくるのも、もう間もなくですね。 なんか平成のクルマが急に古くなってしまうような感じがしてしまいます。 この機会に、「令和元年」の新車を買ってみよう!という人も多いかも?

消費税も上がるとなると、早く買った方がいいのか、それとも…。

私は昭和生まれですー

« 新年度です! さてアメリカの生活の場合は…? | トップページ | クルマとAV »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新年度です! さてアメリカの生活の場合は…? | トップページ | クルマとAV »