2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • Android
  • iOS
  • iPad
  • iPhone
  • iPhone Jailbreak関連
  • unlock
  • アメリカでの暮らしについて
  • クルマ・ドライブ・チューニング
  • パソコン・インターネット
  • 携帯・デジカメ
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 自動車ニュース&コラム
  • 随時更新…気ままな一言

アクセスランキング
無料ブログはココログ

« メンテナンスの春 | トップページ | 新元号発表 »

2019年3月31日 (日)

新年度です! さてアメリカの生活の場合は…?

さて、新学期、新年度が始まりましたね! 今回は同時に新年号も発表されていると思うのですが、この原稿を書いている時点ではまだわからないのですが、いろんな事が新しくなる時期です。
アメリカの場合は新学期は9月からですので、4月といってもあまり変化は無いのですけど、今日は新年度・新学期にちなんで新生活にまつわる話をしようと思います。

社会人になると、クレジットカードを新しく持つ人も多いと思います。アメリカはもちろんカード社会で、殆どの決済が現金でなくクレジットカードで行えます。 日本でも最近はクレジットカードやPAYPAY 等のアプリでの決済も増えてきてますね。
だけどアメリカが凄いのは、税金はもちろんですが、なんと交通違反の罰金にもクレジットカード支払いができてしまうのです。 カード支払いの場合は手数料がかかってしまう場合もありますが、公共料金を始め家賃、バス代、電車代、いろんな支払いにカードが使えるのはさすがカード大国だと思います。
また、クレジットカードを使う時に、店員さんに渡すことはあまりせず、目の前に置かれた機械でスキャンするかチップ付きのカードは挿入する事で、自分で認証させるのが普通です。 これは店員に渡すと、影でスキミングされてしまう恐れがあるからそれをさせないためにこのようになっているみたいです。

 

また、新しく携帯を持つ人も多いかも知れませんね。 アメリカでも携帯電話、スマホは必須のアイテムになってきました。 これも日本だと携帯ショップや家電製品店にでかけて、登録して…入手まで小一時間というのが普通ですが、これもアメリカではもっとスムーズです。 例えば私はiPhoneをAppleストアで買ってるのですが、お店に行って新しいiPhoneを持って店を出るまで、10分くらいなんです!

 

必要なのは免許証等のPhoto IDと、クレジットカード、あとはソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)だけ。 これは、SSNさえあれば本人の確認保障ができるので、簡単に登録ができてしまうのです。 料金コースもシンプルなので、迷うこともなく決めてすぐに新規登録できてしまいます。 日本だといろんな説明があるのですが、そういう時間のかかることは一切無し。 これは楽で嬉しいです。

 

それからこの時期は自動車も沢山売れる時期でもあります。 アメリカはもうご存じかも知れませんが、ディーラーに行ってクルマを買おうとすると、「今日乗って帰る?」と聞かれます。 これは、手付金さえクレジットカードや小切手で払えば、あとはディーラーが仮ナンバーを発行してくれて、そのまま乗って帰る事ができちゃうんです。
日本だと発注して納車待ち…なんてのが普通ですが、アメリカは在庫を沢山持ってますので、その中から選んで買うスタイルが定着しているのです。
最近はテスラがネット販売に変わりました。 ネットのサイトから注文すれば、数週間後に自宅まで配車してくれます。 まるでアマゾンから通販で買ってるみたい!
もちろん気に入らない場合は(走行距離にもよりますが)返却も可能です! 

 

あ、もしかしたら新しくアメリカで生活を始める人もいるかも?
英語はもちろんですが、アメリカはとにかく免許証は必須ですね。宅配便の受取りでも要求されたり、いろんな場面で必要です。
さて、皆さんの新学期・新年度はいかかでしょうか?

 

 

日本は桜があって、新年度や新入学のムードが高まっていいですね

 

 

アメリカでもワシントンの桜は有名です、まるで日本のよう

« メンテナンスの春 | トップページ | 新元号発表 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メンテナンスの春 | トップページ | 新元号発表 »