2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • Android
  • iOS
  • iPad
  • iPhone
  • iPhone Jailbreak関連
  • unlock
  • アメリカでの暮らしについて
  • クルマ・ドライブ・チューニング
  • パソコン・インターネット
  • 携帯・デジカメ
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 自動車ニュース&コラム
  • 随時更新…気ままな一言

アクセスランキング
無料ブログはココログ

« ホンダ英国工場の閉鎖とサプライヤの悲運 | トップページ | カルロス・ゴーン氏保釈に思う »

2019年3月 2日 (土)

年度末と就職シーズン

こんにちは。 そろそろ新入学・就職の時期が近づいてきましたね。 アメリカでは学校の卒業式が6月になるので、日本と違ってまだまだ先の話なのですが、桜の季節と共に新しい年度が始まるのは、なんとなく感覚的にしっくりきます。

さて、先日ウェブサイトのニュースとか見てたら、日経のサイトに「就活やり直すなら商社・金融よりメーカー」というタイトルで、入社1~3年目の新人社員がもし就活をし直すなら、メーカーが良いという記事が載っていました。
(NIKKEI STYLE: U22)

「1位はトヨタ自動車、2位はソニーなどメーカーが上位を占めた。大学生の人気ランキングで上位の商社や金融の順位は下位となった。」
というような感じで、実際に仕事を始めたら、物作りの方が良いと考えている新人社員が多い結果になってました。 人気の商社などは給料は高いけど、仕事が忙しくて自分の時間が無い、ということで実際に働いてみると、メーカーの方に興味が移るのかも知れません。

このメールマガジンを読んでる方々の中にも自動車関係やメーカーに携わる人も多いと思います。
「いやぁ~、ウチは商社より忙しくて給料も安いから期待してもダメだよ」
なーんて思ってる人もいるかも? 隣の芝生は青いとは言いますが、私もかつてIT関係の仕事をしてて、それから名古屋の地下街のお店に勤めたり、他にはメーカーに勤めて某自動車会社も経験しましたが、やはりお給料が良いとこはそれなりに忙しいというのが持論です。

学生時代と社会人になってからでは、職種やその会社に対する考え方も変わってくるのでしょう。 確かに学生の頃憧れていた職種は、今はあまり興味ないと思うようになった…というのは、私も感じます。

さて、この時期は北米は確定申告で忙しくなります。 日本でも同じですけど、こちらではサラリーマンも自分で申告しないといけないので、パソコンのソフトで申告書類を作って、オンラインで登録する作業が待っています。
昔は封筒で書類を送って手間がかかりましたが、今はパソコンのおかげで楽になりました。 とはいっても日本の銀行口座の利子合計とか最高金額も調べないといけないので、なかなか大変です。 だけど、今年は税金のリターンがかなり大きいという事で頑張ってやったら、ウン十万も戻ってきました!

これで苦労も報われます…。 というか税金取りすぎだよね。
皆さんも年度末忙しい人もいると思いますが、頑張って下さい。

3月だけどまだ雪が降ったりする毎日です

春はもう少し先ですが、気持ちは春になってます

« ホンダ英国工場の閉鎖とサプライヤの悲運 | トップページ | カルロス・ゴーン氏保釈に思う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年度末と就職シーズン:

« ホンダ英国工場の閉鎖とサプライヤの悲運 | トップページ | カルロス・ゴーン氏保釈に思う »