2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • Android
  • iOS
  • iPad
  • iPhone
  • iPhone Jailbreak関連
  • unlock
  • アメリカでの暮らしについて
  • クルマ・ドライブ・チューニング
  • パソコン・インターネット
  • 携帯・デジカメ
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 自動車ニュース&コラム
  • 随時更新…気ままな一言

アクセスランキング
無料ブログはココログ

« 自動運転車の事故から思うこと | トップページ | 自動運転で長距離ドライブ! »

2018年4月 7日 (土)

道路からのはみ出し防止と事故防止

ニュースを見ていたら、東北の自動車道で路肩に飛び出して40m高架下に落下し、若い男女3人が亡くなった…という痛ましい事故がありました。
車は左側のガードレールに接触後、はずみで道路右側に飛び出し、右側のコンクリートのり面に乗り上げたまま走行、その先の斜面を滑落して大破。

ここは高速道路と言えども、片側1車線の対面通行区間です。 その為制限速度も70km/hなのですが、対面式のため全体の道路幅も狭く、事故が起きやすいとされているようです。

今回、のり面の先が崖になっていたのが運命をわけてしまったようです。その後の報道では、落下地点から100mも手前の場所で事故したようで、速度超過が事故をより一層ひどくさせたのでは…という推測がされています。

現場をGoogleMapで見てみますと、確かにこの道路なら、70km/hよりも出してしまいそうな道でした。 事故発生時は朝4時くらいとの事ですから、居眠りでもしていたのでしょうか。

アメリカでは、70km/h = 43.5MPHですが、実はこの位の速度だと普通に走る速度です。さすがに市街地はもっと速度を落としますが、道がそもそも広いのでこの位の速度は普通。 ちょっと郊外にでると対面通行でも60MPH程度で走っています。(約97km/h)
もし、この速度で正面から対向車がぶつかったら…と思うとゾッとしますが1人だけノロノロと走るわけにもいかないので、対向車に目を凝らしながら走っています。

また、アメリカではガードレールが殆どありません。 橋の始まる部分とか、明らかに崖っぷちのような所以外は高速道路でもガードレールはないのが普通です。 もっとも土地が広いので、道路から外れても大きなエスケープゾーンの為に深刻な事故になりにくいということもあります。

しかし、そうは言えど中には路肩も満足にない道路もありますから、注意は必要です。

今は自分の車に車線逸脱警報とレーンキープアシスト機能がついているので、道路の側線を判断して車線からずれると警告や修正をしてくれます。 こういう車ばかりなら、事故も減るかも知れませんし、最近は路肩の車線のペイントが凹凸になっていて、はみ出ようとするとタイヤがブーッ!と振動して教えてくれる道路もあります。

先の事故の場所の道路がどうなっているのかは知らないですが、これらの仕組みがあれば、ひょっとしたら…防げていたのかも知れません。
安心して車を運転できる世の中が早く来て欲しいですね。

幸い、まだ緊急ブレーキのお世話にはなってない

スピード出しすぎにはほんと、注意したいです

« 自動運転車の事故から思うこと | トップページ | 自動運転で長距離ドライブ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/66584244

この記事へのトラックバック一覧です: 道路からのはみ出し防止と事故防止:

« 自動運転車の事故から思うこと | トップページ | 自動運転で長距離ドライブ! »