2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

  • Android
  • iOS
  • iPad
  • iPhone
  • iPhone Jailbreak関連
  • unlock
  • アメリカでの暮らしについて
  • クルマ・ドライブ・チューニング
  • パソコン・インターネット
  • 携帯・デジカメ
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 自動車ニュース&コラム
  • 随時更新…気ままな一言

アクセスランキング
無料ブログはココログ

« 豪雪地帯のドライブの心構え | トップページ | ミニクーパーのエンジントラブル »

2018年2月17日 (土)

軽自動車だと致死率が高い?

つい先日の日本のニュースで、こういうのが出ていました。

『75歳以上ドライバー、「軽」の致死率1・6倍』

- 75歳以上の高齢ドライバーの乗車中の事故の致死率は、軽乗用車が普通乗用車に比べて1・6倍に上ることが、警察庁への取材でわかった。
衝撃が伝わりやすい軽乗用車の場合、身体の弱い高齢者が肋骨などを骨折するケースが多いことが原因とみられる。専門家は、軽乗用車の安全機能の強化が必要だと指摘している。 昨年1~11月末の75歳以上の軽乗用車の致死率は1.22%、普通乗用車は0.77%だった。75歳未満の場合、軽乗用車の致死率は0.5%で、半分以下の水準。普通乗用車は0.47%だった。75歳以上の軽乗用車が突出して、致命傷を受ける割合が高いことになる-

ということです。
私は自分では軽自動車は買わない、と思っているのですが、その理由の一つが
「事故にあった時に普通車より危険度が高い」というものです。図らずともこの
記事はそれを証明しているように思います。

軽を選ばざるをえない境遇の人もいると思いますが、「軽は普通車より怪我や死亡の確率が増えるかも知れない」という事をよく認識した上で選ばれると良いと思います。

…と、ここまでは多くの人も考える事なのですが、実はこの記事、よく考えないといけない事があるんです。 それは軽自動車の車種。
軽というくくりだけで車種は考慮されていません。 軽と言えど、ワゴンRもあればS660もあるし、ハスラーもあるし…けっこういろんなタイプがあると思うんです。
ですが、特に75歳以上の高齢者が愛用する軽は、「軽トラ」なんです。

軽トラは構造上、フロントのクラッシャ ブルゾーンも少なく、ダッシュボードの厚みも少ない上、シートやフレーム等の安全性も乗用車タイプの軽よりはかなり省かれているのが普通です。
しかし、そんな軽トラですが運転のしやすさはピカ一! しかも価格も安い!
乗り降りも楽だし、そのためお年寄りにはとても愛用されてるのです。

75歳以上の高齢者だと車椅子代わりに軽トラを使う人も多く、その結果、
「自ら安全性の低い車を選んでしまっている」のが現実ではないでしょうか?

だから、ある意味このような高齢者が選ぶ、軽自動車(軽トラ)での致死率が高いのは当然なのかも知れません。 軽は事故の際の致死率が高いかも知れないですが、1.6倍をことさら強調する程の差は、実は、無いのでは…? と考えています。

とは言え、どんな車でも事故に遭うと怪我をしたりしますから、事故を防ぐ事が
一番ですよね。

というわけで、皆さんも事故には気をつけてくださいね。


実は軽自動車の方が楽しい車が多いのかも知れない

図柄入りの白ナンバー付ければ見栄えもいい?!

« 豪雪地帯のドライブの心構え | トップページ | ミニクーパーのエンジントラブル »

コメント

コメントありがとうございます。
本当に安全だけを考えたら軽自動車は選択肢に入らないと思います。 ただ、そういう視点で考えるとバイクはもっと危ないし自転車すらも危険となってしいまいますので、最後は自分がどういう用途なのかを考えないと危ない乗り物を選んでしまう事になりかねません。 軽自動車で長距離移動は確かに可能ですが、リスクが高くなりますね。
現在は衝突被害軽減ブレーキも装着率が増えてきましたので、せめて死亡事故は無くせないのかなあ、と期待している次第です。

その記事読みました。同じ意見です。
私は、軽には乗りません。東京から名古屋・九州まで行ける車に乗ることにしています。
もちろん今の軽でいけないことはありません。
以前、軽や電気自動車の部品の採用にも成功していましたが、そんな軽でも乗るつもりは
ありません。やはり事故の際の絶対応力影響が大きいからです。
マスメディアでは、広告のこともあり、どこのメーカーのクルマガ事故が多いか公表をしていません。
以前は、圧倒的にFR車の事故が多くありました。
75歳以上の事故については、正式な自己解析がありませんが、軽トラが多いのではないでしょうか。
おまけに無保険。最悪なのは、車検切れもあることです。
報道は、細かく伝えることも必要ではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/66402784

この記事へのトラックバック一覧です: 軽自動車だと致死率が高い?:

« 豪雪地帯のドライブの心構え | トップページ | ミニクーパーのエンジントラブル »