« 夏休みスタートと新型カムリ発表 | トップページ | EV、ガソリン、ディーゼル…勝負の行く末は »

2017年7月29日 (土)

時差ボケと飛行機便

さて、先日また仕事の出張で海外に…メキシコに行ってきました。
この時期、メキシコの中央高原あたりは夏の盛りも過ぎつつあり、ちょっとした雨季のような、ぐずついた天気だったり、スコールが降ったりします。
それでも日本より湿度が低いので、過ごしやすいです。
私はというと、高地に弱くすぐに頭痛で悩まされる為、いつも飛行機に乗る前に頭痛薬を飲んでから行くようにしています。

ところが、今回は出発の便が突然、当日になってキャンセル…。それがまた早朝の便で早いため、キャンセルの電話連絡が深夜の3時過ぎに掛かってきて、それから代替便を探したり変更手続きなどで結局朝方まで眠れませんでした。

結果的にはその日の予定はすべてキャンセルし、深夜遅く目的地近くのホテルに泊まることに。 せっかく仕入先との会議も予定してたのに全部パーです。
そういえば、前回も飛行機に乗ってから、重量オーバーでいきなり有無を言わさず降ろされてしまい、翌日の便に乗り換える事を余儀なくされました。
たしか、日本でも話題になりましたが、乗客のお医者さんが降りるのに抵抗し怪我までされたという、あの事件の一月ほど前でした。
このような突然のキャンセルでも航空会社は振替便を用意するだけで、特に謝罪もありません。 アメリカではホント、日常茶飯事です。 でも飛行機の便はそんなにあるわけでもないので、一日の予定がムダになることが多く、本当に困りますよね。 きっとここの読者さんも同じような経験をされた人も多いのではないでしょうか。
さて、私の住んでいる場所とメキシコでは、一時間ですが時差があります。
これが時差ボケという程ではないのですが、意外に効いたりします。
出発の時は時間が遅くなるので、例えば元の時計は深夜の0時でも、現地の時間はまだ午後11時。 これって結構地味にありがたいです。明日の朝も少しだけお寝坊できる! ですが、逆に帰る時は一時間ロスします。
まだ気持ち的には夜9時なのに、空港に着いたらもう夜10時。早く帰らないと寝不足になっちゃう! 時差ボケにはならないけど、ちょっと焦ります。
たった一時間と侮るなかれ、意外に差を感じるんですよ。
そんな中で、もし帰りの飛行機がキャンセルになったりしたら、もう最悪ですよね。 特に日本から来た人をアテンドしてて、さあ、これから帰国…という段階でいきなり便がキャンセルだったら…。
実は私も経験ありまして、メキシコから帰る時に、アテンドしてた日本の方の便が当日キャンセル! 出発が翌日になってしまい、しかも私の便は通常通りだったので一緒に翌日まで待つわけにもいかず、やむを得ずチェックアウトしたばかりのホテルに電話で事情を伝えて、タクシーでホテルに戻って頂きました。 アテンドしている身としては非常につらいです。
もちろん翌日は困らないよう、ホテル側にタクシーの手配と時間等の連絡をしておきましたが、無事に出国出来るまではハラハラしたりします。
特にメキシコが初めて、という人の場合…。
皆さんも海外で飛行機に乗る時は、万一のキャンセルを考えて予定を組んだ方が安心ですね。 夏休みに海外に行かれる人は、もしそうなったら何処に連絡したらいいのか(旅行会社とか)、それだけでも確認しておくといざという時にパニックにならずにすみますから。
昔、ハワイに行った時、帰りの便に乗り遅れて大変なことに
ホテルが満杯で電話かけまくったお陰で英語に自信がついた、若い頃

|

« 夏休みスタートと新型カムリ発表 | トップページ | EV、ガソリン、ディーゼル…勝負の行く末は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/65594017

この記事へのトラックバック一覧です: 時差ボケと飛行機便:

« 夏休みスタートと新型カムリ発表 | トップページ | EV、ガソリン、ディーゼル…勝負の行く末は »