« Ghost in the Shell 観てきました! | トップページ | 踏切でも一時停止不要?  »

2017年4月 1日 (土)

中途半端が主流? 周回遅れのパワートレイン

さて、けものフレンズがついに最終回を迎えました! この物語に出て来るジャパリバスは、実はEVなんですけど、充電しなくてもサバンナちほーからさばくちほー、ずっと走り続けてるんたけど、すごくない? 最初の時に一回充電(しかもソーラーエネルギーで!)しただけでずっと走れるのはやっぱりこの時代の人間の技術はすごかったんだ! いや私たちもすぐその時代になると思うよ!

…と、のっけからアニメがわからないオジサンたちにはサッパリな話題でごめんなさい! 私はとってもアニメ好きなんです。 気になる人はけものフレンズでググって頂ければ、と思います。

さて、最近のEVのトレンドというとPHVが何と言っても今後の主流?!
これこそ本命だと先日のトヨタのプリウスPHVの発表でも言われていましたよね。
でも、つい最近までハイブリッド命!で、ヴィッツのような小型車までハイブリッドにしてしまったトヨタ。 もともとPHVはアメリカでオーナー達がプリウスのバッテリーを大容量に改造し、長距離EV駆動ができるようにしたのが始まりなんですが、そんな中途半端ななんちゃってEVでは主流ではないとばかりにオールハイブリッド化を進めてきたけど、やっぱり世間の主流はハイブリッドより、よりEVライクなPHVに変わっちゃって、ここで遠回りしたツケで周回遅れに…。
ところが、そのPHVの裏で着々と進んでいるトレンドが有るんです! それはISG。
(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)
これは、ずっとずっと昔、クラウンで「マイルドハイブリッド」という名前で登場したものなのですが、ゼロクラウンにモデルチェンジした際、新V6エンジンがデビューしV6+(ストロング)ハイブリッドという方針に変わっちゃって無くなってしまいました。
当時アイドルストップと、スムーズな再始動、エンジン停止でもエアコン使えるなど最先端?の36Vバッテリーを駆使し、さすがクラウン! のマイルドハイブリッドでしたけど、やっぱり中途半端なハイブリッドと判断されてしまったんでしょうか。
ですが、鈴木自動車は一昨年、ワゴンRでこの技術を使い、軽自動車では難しいハイブリッドの代わりに採用し、燃費向上を果たしました。
ハイブリッドを使うほどお金をかけれない小型車に有望とばかり、どんどんこの技術が改良されているのです。 その要は48Vまで電圧をあげたバッテリー。
このバッテリーとの合わせ技で今までより効率的なマイルドハイブリッドが出来てきたのです。
しかもしかも、このISGを上手く使えばそもそもスターターが要らないとということで、エンジンの後ろに大きいISGを直結し、燃費向上とスムーズなアイドルストップを実現するクルマも登場してきました!(メルセデスの新型Sクラスに予定)

小さい車だけでなく、どんどん脚光を浴びているISG、一度捨てた技術?のトヨタからしたらまたまた周回遅れに…なりそうです。

実際、イマドキはガソリンエンジンもダウンサイジングしすぎで、逆に排気ガス性能が悪くなってしまうことがわかってきて、また排気量を少しずつ戻しているんです。

VWなんかもゴルフ、ポロは1.2リッター、なんて小さくしたけど、今後は1.6に戻してくるらしいです。 かのBMWも1.5リッターの3気筒?!なんてクルマも作ってしまいましたが、ターボでブーストを高くかけ、その状態を常用しないといけない小排気量エンジンでは、実用域でのNOxの値が減らせないのがわかってきたのです。

ところが日本はこれから本格的にダウンサイジング! なんて言ってるくらいだから、またまたこの分野でも周回遅れになりそうな予感なのです。
こうしてみると、バワートレインは世界の情勢に振り回されっぱなしに見えちゃうんですが、目の付け所はシャープ(古い…)なのにその後の発展がイマイチな日本、いつまでも欧州と米国のお尻を追っかけるより先頭を走って欲しいですね。
EVは…言わずもがなダントツでテスラの独壇場ですね!

リーフが先鞭をつけたのに、これもまた周回遅れ的な…

|

« Ghost in the Shell 観てきました! | トップページ | 踏切でも一時停止不要?  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/65093000

この記事へのトラックバック一覧です: 中途半端が主流? 周回遅れのパワートレイン:

« Ghost in the Shell 観てきました! | トップページ | 踏切でも一時停止不要?  »