« 男物のパンティ?! | トップページ | メキシコ行って来ます »

2017年2月25日 (土)

ネズミでクルマが故障?!

先日、ネットでニュースを眺めていたら、「ネズミに狙われるボルボ」というタイトルの記事が目に止まりました。 内容は、購入して間もないボルボがタイヤのアラートを出した為にオーナーのご婦人がディーラーに相談したところ、ケーブルがネズミにかじられたのが原因…という事でした。
ところがその修理後も、冷却水の警告や、エンジンの上ににネズミが鎮座ましましてる等の被害が頻発。 ご主人と共にネズミ退治の方法をネットで調べ、ねずみよけのペパーミントを撒いたり、ねずみが嫌いとされるコヨーテの尿を買ってまいてみたり。
ところが、同じガレージにあるMR2(なんて素敵な趣味なんでしょう!)には被害が全然無い事に疑問を持ち、ボルボのお客様相談室に電話。
その答えはなんと、
「新しいボルボの配線ケーブルなどには、プラスチックより生物分解性が高い
大豆由来の保護材が使用されている可能性があり、それが原因と考えられる」
…ということだったのです!

(出典:Forbes Japan)

http://forbesjapan.com/articles/detail/15286

次から次へとネズミにかじられるトラブルは、これが原因だったのですね!私もちょっと興味が湧いて、調べてみたら…けっこう日本でもネズミにケーブルをかじられてクルマが故障したケースが沢山あるようです。

ねずみなんて子供の頃にちょっと見ただけの記憶しかない…のですが、広い日本ではまだまだネズミによる被害があるんですね!

それにしても、ネズミに好まれるケーブルなんて、困ったものです。 設計した人も、まさかネズミの好物になるなんて予想すらしなかったかも?

そういえば、先月メキシコ行ってきたのですが、そこのメーカーさんの工場の入口の周りにも、ねずみ取りが仕掛けてありました。

日本でよく見かける、金属の網のようなかご型ではなく、普通のちょっと太めの塩ビパイプ。  その中にネズミをおびき寄せる匂いの元と、殺鼠剤がセットになっているようです。 傍目にはねずみ取りには見えないせいか、設置してある場所の壁には「殺鼠剤注意!」と黄色に赤字で書かれてました。

…もちろんスペイン語なので、最初何が書いてあるかわからず、Google Translator の助けを借りましたけどね!

余談ですがこのアプリはとても賢く、カメラで文字を表示させるだけで、その画面の中で自動翻訳してくれます。 最近日本語にも対応したようで、日本の人でも使えるようになりました! ぜひ皆さんも使ってみて下さいね!

私はスペイン語→英語で利用してます

なんかクルマと関係ない話でごめんなさい~

|

« 男物のパンティ?! | トップページ | メキシコ行って来ます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/64938053

この記事へのトラックバック一覧です: ネズミでクルマが故障?!:

« 男物のパンティ?! | トップページ | メキシコ行って来ます »