« たまにはエロいのを(笑)。 | トップページ | マスターシリンダーストッパーの功罪について… »

2017年1月28日 (土)

トランプ節が止まらない!

さてさて、トランプ氏の大統領就任から一週間が過ぎました。 就任してイキナリTPP離脱、そしてメキシコからの輸入品には20%の関税をかけて、そのお金で国境に壁を作るとか、さらには日本からは巨大な船で沢山のクルマをアメリカに輸入し売りつけている、これは不公平だ…などなど、やりたい放題のトランプ氏。

マスコミの報道についても、記者会見ではあのCNNはもちろん、ABCやFOX等のメジャーなテレビ局の質問を受け付けず、敢えてマイナーな放送局だけに答えるとか、「マスコミは敵だ!」と宣言するなど、本当にこれが大統領?! と思う程の振る舞いです。

アメリカ国内ではマスコミとトランプ大統領の徹底抗戦の様相を見せてはいるのですが、私の感覚的なところでは、やはり国民は何かしら変わるという多少の期待を持ってみてる人が多いように感じます。 実際、彼は公約した事を次々と実現させているようですから…。

もちろん、半分の人は反対派なのですけどね。

今やっている事が正しいかどうかは、もう少ししないとわからないように思います。

日本にとっての直接の影響というと、先に書いたように自動車や部品の輸出が、関税などの障壁によってさらに不利になる可能性がありますね。 現在は完成車両はアメリカから日本に持ってくる時は関税0%、日本からアメリカに輸出では2.5%の関税が掛かってます。 現在でもアメリカ有利なのですが、この差を更に広げられたらたまりません。 自動車に限らず他の工作機械とか、設備なども影響を受けるかもしれません。

けれど、これも長い目で見たら、結局アメリカのクルマの価格が上昇して競争力が無くなってしまう事に繋がるのでは…? と思います。

私も日本車とアメ車、ヨーロッパ車の3台を持ってますが、いずれのクルマも日本製部品がどこかに使われていますし、日本製の設備で作られている部品も有ることだと思います。

AIDAやAMADAのサーボプレスがなきゃできないボデーとか、ミツトヨの計測器が無ければ測定できない高精度の部品とかも有るわけです。

今のクルマの価格はそういういろんな国の良い部品を安く使うことで、成り立っている訳ですから、それを全部高いメイドインUSAにしたら、絶対に値段が上がるのは目に見えています。

そういうことも視野に入れていると思うんですけど…果たしてどんな事を考えているのか、トランプ大統領はさっぱりわかりません。

カーメーカーが値段を下げようと必死に努力しているのに、これでは車産業が日本だけでなく、アメリカ自体も大打撃を受けかねないと思います。
やっぱりそうなると、最後は値上げ…? それはご遠慮願いたいですね。

C-HRの値段は高すぎると思う、1.2リッター車に300万円弱…

私の2.5Lのカムリより全然高い、USはクルマが割安

|

« たまにはエロいのを(笑)。 | トップページ | マスターシリンダーストッパーの功罪について… »

コメント

朝立ち男さん
確かにフローを確認すれば儲かってるのかどうかは判断できますね。 でも多くのサプライヤーはAPRの呪縛から逃れられないから、そうそう儲かってるは少ないと思います。

投稿: Kelly(理子) | 2017年2月 3日 (金) 23時22分

某自動車勤務です。青色吐息と言い続けないとOEMさまにAPR(年次価格低減)で全部持って行かれます。でも3割削減はすごい。
トランプさんにふっとばされないように頑張ろう日本!

取材で嘘を見抜くにはキャッシュフローを見せてもらうことですね(嫌われるかも)

投稿: 朝立ち男 | 2017年2月 3日 (金) 18時46分

通りすがりさん
もともとトランプ大統領は入国拒否ということでなく、ちゃんと権利のある人間は問題ないという姿勢だったようです。
現場の判断が実際には混乱していたようですね。

投稿: Kelly(理子) | 2017年2月 2日 (木) 01時49分

私の知っているメキシコの自動車関連企業はどこも青息吐息ですよ。 投資回収どころか先の見えない負債の解決に頭を悩ましている会社ばかりです。3割も原価低減できたら、どこも安泰ですが現実は全然そうではありません。3%くらいが関の山です。

今まではメキシコも沢山の日系が進出してきましたが、これからさきはどうなるか…。

投稿: Kelly(理子) | 2017年2月 2日 (木) 01時47分

ボーダータックスはきちんと議論されている税制でシステム上アメリカが主張するのは正当でどうして今まで放ったらかしなのか疑問でした。ただ壁の費用を賄うために課税する、とするのは反対の声が上がるのもわかります。
日本の報道も一方的に批判的でマスコミのトランプ嫌いが目に余ります。
直接日本のマスコミは攻撃には晒されてないのでせめてメキシコ国境起こっている不条理な状態を足でレポートして両論併記で報道してもらいたいですね。

メキシコに投資している日系企業は(うちの会社も含めて)多いですが、NAFTAの不条理が続かないリスクは理解しているので、米国に対して騒ぎはしますが真摯に対応します。(そもそもメキシコへの投資もぼろ儲けなので長くても5年以内で余裕に回収できますから)
メキシコのおかげでこんなに設けていいのかな?というのがメキシコ進出している日系企業の本音です。
不当な儲けは圧縮してアメリカの消費者には絶対迷惑をかけないのが北米進出企業の務めでこの点は外したくないですね。
仮にすべての部品がMade in USAになったとしてもコスト改善に努めてアメリカの雇用にも社会にも貢献し、メキシコのコストも課税され多分だけ改善すればいいだけのことです。

アメリカでは既にいろいろ改善努力しているので日本の最先端のノウハウを投入する必要はありますが、メキシコ製品の原価って改善余地は山ほどあります。建前では日本企業も無茶苦茶だと騒ぎますけどね。うちの会社も大変だと年初からコストダウンのチームで検討しましたが、2週間も経たないうちに3割ダウンの方策が出来て2月は実行プランの詳細に入ります。絶対に大丈夫です。

トランプ政策が邁進できてメキシコも日本もWinWinになる環境づくりにがんばります。
というか、こういった発想は日本企業にしかできないでしょうから、僕らの腕の見せ所です。

投稿: 風谷怜人 | 2017年1月29日 (日) 01時48分

永住権を持っている外国人の入国を拒否するのが法治国家として正しいかどうか、1日を待たずして司法が判断しましたよ。

https://www.yahoo.com/news/aclu-wins-legal-challenge-against-immigration-ban-hope-trump-enjoys-losing-024846291.html

投稿: 通りすがり | 2017年1月28日 (土) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/64819467

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ節が止まらない!:

« たまにはエロいのを(笑)。 | トップページ | マスターシリンダーストッパーの功罪について… »