« iPhone用バックアップソフト、EaseUS MobiSaver Free | トップページ | 売れないハイブリッド、売れまくるプラグイン »

2016年10月 2日 (日)

ナンバープレートを更新してみた

そろそろ、朝晩は涼しいというより少し肌寒い感じがするようになってきました。
夏の暑さも困りますが、これから寒い冬が来ると思うとちょっとゆううつです。
さて、先日ビートル君のナンバープレートを更新というか新しく取ってきました。
もともとはミシガン州で購入した車だったのですが、知人に売ってまた買戻してたりして、ずっとミシガン州のナンバープレートだったのです。
ちなみにアメリカでは車の売買はとっても簡単にできます。
車の所有を示すタイトル(車検証みたいなもの)に、自分の名前や住所、車の走行距離を書いて、後は確かにこの車を売りました、という意味で自分のサインをして車とともに相手に渡すだけ。 それだけで車を譲渡できます。
(実際にはサインは公証人の前でする必要がありますが)
逆にいうとタイトルと車がセットであると簡単に他人の手に合法的に渡ってしまうので、タイトルと車は別にしておく必要があります。
私のビートル君は今は私の車なので、住んでいる州のナンバープレートに変えないと色々と面倒(例えば保険の支払いが州内ではできない等)だったりしますので、ナンバープレートを扱うBMV(Bureau of Motor Vehicles)という所に行って手続きをしてきます。
ナンバープレートの変更も簡単で、タイトルをその州に合わせて再発行してもらい、それを持って新しいナンバープレートをもらうだけです。
日本でもそんなに難しいわけではないですが、あまり普通の人はしません(する必要もない)よね。 アメリカでは多くの人が普通に自分で手続してたりします。 簡単ですからね。
ナンバープレート代も$10程度で安いです。
このナンバープレート、お金を出せば自分の好きな文字を登録することもできますし、車を買い替えてもそのナンバープレートが気に入ってるなら古い車から外して新しい車に付け替えて使用することもできます。
ですから、ピカピカの新車なのに、ナンバープレートが古ぼけたような車もたまに見かけます。 きっと思い入れのあるナンバーなのでしょう。
使い捨ての日本とは、ここでも違いが有りますね。
先日、見かけた車のナンバープレートは、「CLIK IT」 と書いてありました。
これは、(シートベルトを)カチッと締めてね、という意味なのですが、なんか交通意識のとても高い人なんだなぁ…と感心してました。
新品のナンバープレートをつけるとなんとなく新車な感じがしていい(笑)。
でも、このBMV、実は免許の更新もここでやるんですよね。 日本でもきっと同じだと思いますが、いつもすごい人で待ち時間が長い…。
私も最初は書類に不備があって出直しましたが、毎回1時間は待ちます。土曜でもやってて、朝9時からスタートしますけど、すでに8時半でも長蛇の列…。 あまり行く場所ではないけど、疲れます。
日本の免許更新も大変ですよね
しかもアメリカは3年しか期間ないから回数も多いです

|

« iPhone用バックアップソフト、EaseUS MobiSaver Free | トップページ | 売れないハイブリッド、売れまくるプラグイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/64292650

この記事へのトラックバック一覧です: ナンバープレートを更新してみた:

« iPhone用バックアップソフト、EaseUS MobiSaver Free | トップページ | 売れないハイブリッド、売れまくるプラグイン »