« 食欲の秋~! サイダーミルの秋! | トップページ | ナンバープレートを更新してみた »

2016年9月25日 (日)

iPhone用バックアップソフト、EaseUS MobiSaver Free

iPhone用のデータ復元ツール、EaseUS MobiSaver Freeというものを使ってみたので、その感想などを書いてみようと思います。

このソフトはパソコン用で、Windows版とMac OS版が用意されています。
私もiPhone関係はその昔、Jailbreak関係が殆どMacOSベースで展開されていたので、Windowsの対応しているものを中止人に紹介してましたが、時代は変わりましたね…。

昔話は置いといて、このソフトはなかなか優れものだと思いました。
今や多くの人がiPhoneを使っていると思うのですが、そのデータはどうやってバックアップしてますか?
まさかiPhoneだけしか持ってない人って…iCloud頼みですか? iPhone持ってるならせめてバソコンはないと後でとても痛い目にあいます。 まさに今、iOS10にアップデートしてるひとなんて特に(爆)。
あれはパソコンからアップデートしないとけっこうな確率でクラッシュします…。

また話がそれました。ごめんなさい。
さて、本題のEaseUS MobiSaver Freeなんですが、無料で試用版が提供されてますので、一度ダウンロードして使ってもらうと良いでしょう。
WINDOWSはこちら
Mac OSはこちら

特徴としては、間違えて消しちゃったファイルや、起動不能になってしまったiPhoneからもデータが取り出し可能って事です。 サイトによれば、

  • 誤削除、ウィルス攻撃、工場出荷時の設定にリセット後のデータ紛失
  • アップルログ画面で立ち往生或いはシステムに認識できない
  • iOSのアップグレードや脱獄後iPhone、iPad、iPod touchデータの紛失
  • デバイスが紛失、破損または忘れたパスワードでロックされたため、データを読み込みできない
   

こんなトラブルにも対処してデータ復活できるようです。脱獄ってなかなかこんなオフィシャルなサイトで出て来る言葉としては新鮮ですね! 私も、このブロクで7〜8年末は色々やってたのが懐かしいです。 当時はまだ日本では売って無くて、日本語すら出すのも苦労してたんですけどね。

復元できる機種、データは以下のようです。

バックアップ対応のファイル種類:画像、連絡先、SMS、メモ、通話履歴、メールなど
・対応デバイス:iPhone/iPad/iPod touch    ほぼすべてのiOSデバイスをサポート
・DFUモードからのバックアップ可能



とくにDFUモードからのデータ復元ってすごくて、JB失敗して起動しなくなったiPhoneをDFUモードにして、失ったファイルを検索可能です。 今までは初期状態に戻すしか仕方なかったのが、これでなんとかデータを取り戻すことが可能です。
しかもこのツール無料です。(多少制限はあります。一度に復活できる写真は一枚だけとか)
DFUモードが何かしらない人はGoogleで調べてみてください。 昔から私のブログでJBやってる人向けに書いてるので、不親切でごめんなさい。


実際の使い心地なんですが、まず、EaseUS MobiSaver Freeを起動するとこんな感じです。

Free1

iPhoneを繋いで起動すると、このようなメニューが出てきます。 ちなみにiTunesは同時起動できません。コンフリクト防止で起動が制限されます。ご注意を。
スキャンを押すだけで、勝手にiPhoneの中身を調べてくれて、
リストを出してきてくれます。




20160921_115530 20160922_01325 写真はこんな感じでサムネイル表示されます。
あとは、すきな写真を選んで復元させるだけ。
操作は簡単で直感的にできます。
なんか遠い昔に消したと思しき写真も…出てきます(笑)。




20160922_00606_2

iMessageの履歴もバックアップというかサルベージできます。
このようにファイルを選択すると、スレッド内容が表示されるので、該当するメッセージ履歴を復元させることが可能です。




20160922_01437_2

電話履歴もこんな感じでサルベージ可能。
あまり使いみちはないかも知れませんが、こんな事もできるということで。
もちろん電話帳というか連絡先もバックアップできますから、大切な電話帳をなんとか復元したいときに有効です。



20160922_02113

ちなみに、iTunesのバックアップデータを指定できますので、それを指定した場合はこんな感じにリストが出てきて、すきなバックアップデータから復元できます。
これは使い勝手いいというか、かなり昔のものがパソコンに保管してあればそれを戻すことも可能です。


ここで使ってる写真が英語表示なのは、私のiPhoneが英語モードにしてるからで、日本語で使っている人はちゃんと日本語メニューで表示されますから、ご安心を…。

使ってみて思ったのは、iPhoneの中には消したと思うデータがある程度はしっかり残ってて、それをサルベージできるということ。 ハードディスクのデータサルベージと似てると思えばいいと思います。 というか、これはiPhoneのサルベージソフトそのものです。
ハードディスクと決定的に違うのは、サルベージ元がiPhone本体だけでなく、iCloud内に保管されたバックアップデータや、バソコンに保管されたiTunesのデータからも可能というところが違います。
もし、iTunesでバックアップしてなくて、なんらかのトラブルで(例えばiOSのアップデートに失敗した等)初期状態にしてしまったとしても、写真などをサルベージする事が可能だったりします。

難を言えば、iPhone本体をスキャンをするときに結構時間がかかるいうことです。 これはiPhoneの容量にもよりますが、32Gバイトだと10分位はかかると思いますので、気長に待つ必要があります。
20160921_115530 進捗状況はプログレスバーというか数字で表示されますからいいですが、コーヒーでも飲んで待つといいですね。
関係ないけど、この待ち時間の表示は個人的にはかわいくて好きです。




こんな感じのEaseUS MobiSaver Free、興味があればぜひ! 使ってみて下さい。
製品版もありますが、ちょっとお高いですねー。でも失ったデータや写真が何よりも代えがたいものだったら、支払う価値はあると思います。
だけど、その前にiTunesや、iCloudによるバックアップは必ず! してくださいね。
パソコン持たずにiPhone使ってると、ほんといつか痛い目に遭いますよ〜!

|

« 食欲の秋~! サイダーミルの秋! | トップページ | ナンバープレートを更新してみた »

コメント

確かに…。
試してませんが、完全に消去したと思われる状態からやってみるとどうなるか、興味ありますね。

投稿: kelly(理子) | 2016年10月 2日 (日) 21時54分

これ中古に出すの怖くなりますね。

投稿: 通りすがり | 2016年9月29日 (木) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/64256799

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone用バックアップソフト、EaseUS MobiSaver Free :

« 食欲の秋~! サイダーミルの秋! | トップページ | ナンバープレートを更新してみた »