« カーオーディオでiPhoneがコントロール出来ない場合 | トップページ | 高速道路は名前? 番号? »

2016年3月 4日 (金)

パトカーに止められた

こんにちは。 大統領予備選挙のスーパーチューズデイが終わってなんとなく不安な気持ちの私です。 ドナルド・トランプ氏が思いの外好成績で、多くの州で勝利を収めました。

日本車に関税で制裁を加えるというのはヒラリー氏も同様な考えなのですが、トランプ氏は過激な「輸入車は35%の関税だ!」という方針も出したりして、そんな扇動はやめて欲しいと願う次第です。

とは言え多くの日本車はメイドインUSAなんですけどね。

さて、つい先日のことですが、なんと私、パトカーに止められてしまいました。

高速道路を走っていて、ガソリンスタンドに入ろうとして出口を間違え、下道を焦って急ごうとしてたら…後ろからパトカーがライトを点滅して…。
アメリカのパトカーは、相手を止めるときはサイレンは鳴らしません。
車の後ろに着いて、パトライトを回します。 青や赤のLEDのピカピカ光るあれです。 数キロ先からでもわかるくらい明るいので後ろで回されたら即、わかります…。
車を止めて待っていると警察官が来て、

「こんにちは、急いでいたようですが、ここは時速35マイル制限なんですよ。
あなたは52.2マイルで走ってましたよ。 何をそんなに急いでいたのです?」
と、とても丁寧な言葉で聞かれました。
私は(ええ~いくらなんでも50MPHオーバーは無いよ、こんな田舎道そんな出せない、しっかり測れよ!) …と思ったのですが、ここでたてつくとまた面倒なことになるので、
「ああ…すみませんごめんなさい、高速で間違えて降りて道に迷ったの、
ガソリンスタンドに行きたいんたけどわかんなくて…。」
と言ったら、
「どこまで行くのですか?」 とまたまた優しく質問。
「◯◯州の◯◯までです。私の家なので帰るところです。」

…実はこの時、夜の7時を回っていて、しかもその目的地までまだ250km程ありました。 出張で帰宅する途中だったのですが、警察官も少し驚いたのか、
「どこから来たの?」 と聞いてきて、デトロイトからだと返事したら、それはかなり遠いから、大変だね、というような事をいいつつ、私の免許証をパトカーのPCで確認しはじめました。
「あなたは、まだ違反もないようだし、今日は厳重注意にしておきます。ガソリンスタンドはそこのつき当りを左にまがるとありますよ、まだ先長いので気をつけて安全運転で。」
と警察官は言って開放してくれました…。 はぁ~、良かった…。
寿命が縮まった…。
きっと相手の警察官も、こんなド田舎の道で日本人女性が遥か彼方目指して運転してたのに驚いたのでしょう。 日本人なんて見かける場所ではないし…。 そもそも家が殆どないような場所だし。
だけど、見た感じもすごく優しそうな人で、なんかホッとしました。
デトロイトに住んでいた時は、警察官もいかつい人ばかりだったし、街中で車からドライバーに向けてピストル構えて「出てくるんだ!」とかやってるのを見たりしてたので、すごく怖いイメージがあったのです。
皆さんも安全運転、しましょうね
片道500km日帰りはきつい…

|

« カーオーディオでiPhoneがコントロール出来ない場合 | トップページ | 高速道路は名前? 番号? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/63297686

この記事へのトラックバック一覧です: パトカーに止められた:

« カーオーディオでiPhoneがコントロール出来ない場合 | トップページ | 高速道路は名前? 番号? »