« 渾身の一撃…じゃなくて一枚 | トップページ | カーオーディオでiPhoneがコントロール出来ない場合 »

2016年2月26日 (金)

寒い冬でも、車はピカピカにしたい

先日ホンダが発表してましたが、ついに新型シビックを日本でも発売するそうですね! まだ2年程先の話になるようですが、あのカッコいいセダンを日本でも見られる日が来ると思うと楽しみです。
とくに夜、後ろ姿を見ると、おお~っ! と思うテールライトなんですよね。
あの大きい括弧( < > )のカタチはインパクトすごいです。
ほんとカッコいい(笑)。
…ダジャレはおいといて、今日は洗車の話です。
先週の土日は天気が良くなったので、久しぶりに愛車一号を洗車してあげました。 私の愛車一号は2015モデルのカムリの赤いやつなのです
が、綺麗にワックス掛けて、日が当たるととても綺麗です。
マツダの赤の深さにはちょっと届かないかな? でもこのカムリの赤も特別塗装色なので、オーダーすると$300位高くなってしまいます。
で、綺麗になったと喜んでいたら昨日は大雪になってしまい、また泥だらけになってしまいました…。 雪国の人だとわかると思いますが、雪道とか溶けかかった道路とか走ると汚れがハンパないんですよね…。
特に北米では、融雪剤(塩)を沢山撒くので、そのまま放っておくとボデーが錆びやすくなってしまいますから、洗車はこまめにする必要があります。
実際には多くの人は洗車と言っても洗車機に入れるだけなので、そんなに手間では無いのですが…私もその一人ですハイ。
だって氷点下になるような時に外で手で洗車するなんて考えられません。風邪ひいちゃいます。
という訳で洗車場にいって洗車機で洗ってもらいますが、雪の日の翌日とか天気がよくなると、洗車場が長蛇の列!
アメリカの洗車機は、日本と違ってベルトコンベアーで勝手に車が進んでいくと綺麗になって出てくるというもので、日本のガソリンスタンドにあるヤツみたいに一台が終わるまでじ~っと待ってるなんて事はありません。
それでも行列ができたりします。 酷いと前の道路の車線まで使って並んでるとか…。 たまに日本でマクドナルドの駐車場に入る渋滞とか見ますけど、そんな感じです。
私の行く洗車場はなかなかすごくて、洗剤で洗うのはもちろん、下回りの洗車もホィールのポリッシュも、更には液体ワックスや仕上げにレインXまで塗布してくれます。 また、$10追加で払うと手作業で車内のクリーニングもしてくれて、外も中もピッカピカ。
月一回これをするだけでいつも車は快適に乗ることができます。
また、クリーニングを待っている間は併設されたカフェでのんびりコーヒーやケーキとか食べれます。
洗車費用はトータル$20かかりますが、冬場の手間を考えるとリーズナブルとも思います。
また、街を見ても汚れた車はあまり走ってません。 アメリカ人は車の汚れを自分の服の汚れと同様に感じるらしく、いつも綺麗にして乗っています。 日本も綺麗な車が多いですよね。
さすがはモータリゼーションの国、アメリカ。 カーライフで一番感心
したのは、ホイールもピカピカになる、洗車機でした。 
レインXも自動塗布ってとても嬉しい

|

« 渾身の一撃…じゃなくて一枚 | トップページ | カーオーディオでiPhoneがコントロール出来ない場合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/63265626

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い冬でも、車はピカピカにしたい:

« 渾身の一撃…じゃなくて一枚 | トップページ | カーオーディオでiPhoneがコントロール出来ない場合 »