« Facebookアプリを削除すると バッテリーが20%も長く持つことが判明 | トップページ | またフジテレビがやらかしてる »

2016年2月18日 (木)

新東名高速道路はレベルが違う?

Capture

いよいよ、新東名高速道路の浜松いなさJCT~豊田東JCT間が開通しましたね!
私がまだ日本にいた頃は、よくテストドライブと称して伊勢湾岸自動車道から、東海環状自動車道を走っていたものですが、豊田東インター過ぎると、新東名とここに繋がります! …的な看板があって、いつになるのかな~、と思っていたものです。 いよいよこれで関東地方に行くのがさらに快適になりました。
ウェブ上でいろんな新東名の記事を見てたのですが、その中で、
「死ぬまで カーマニア宣言!」を雑誌に連載されている清水草一氏の記事が目に止まりました。
ちなみにこの方は連載第一回目で私の大好きな天野由加里さんをモデルに起用して、毎回?美女と素敵な車を登場させるニヒルな記事を書かれています。
私はスタイルも顔もよくないので絶対無理なお仕事なのですが…。
さて、その清水氏も新東名はベタ褒めのようです。
「日本の高速道路とはレベルが違う」
私も同感です。
新東名は実はなんどか走っています。 伊勢湾岸自動車道が部分開通して、名港トリトンができた時は意味もなく長島のPAまで往復していました。
道幅も広く、フラット。 しかもカープも緩やかで設計速度の高さを感じます。
実は道路がフラット、つまり平らという事は長距離ドライブには重要で、身体の疲れ方がかなり違います。 以前の日記にも書きましたが、従来の日本の高速道路はデコボコ(というより大きなうねり)があり、欧州や北米の高速に比較してもあまり路面はよくないのです。
私もアメリカでは日帰り出張で片道300km程度は普通に走るのですが、日本で言うと名古屋~横浜くらいの距離を一日で往復してもそれ程疲れないのです。 これは本当に大きな違いです。
考えてみれば、ずっと何時間もの間、体を常に上下に揺すぶられているのですから、疲れて当然なんですよね。 
これからは新東名のような高品質の高速道路がドンドン出来る事を期待します。
なんといっても通行料金高いですからね…。
さて、ようやく日本の道路技術も欧米並になったか、というと、実はまだまだだったりします。 前述の伊勢湾岸自動車道は新東名の中でもすでに12年前に開通してますが、残念なことに今は当時のフラットネスはありません。
全線高架なので基本的に地盤沈下は無いはず…なんですが、かなりうねりを感じるんですね。 今回開通した新東名から伊勢湾岸まで続けて走るときっとその違いを感じる事ができると思います。
私が走った2年前でもそう思うのですから、今はもっとうねりがあるかも。
まだまだ、欧米の技術は高いのかも知れません。
トンネルの中はフラットなんだけど…

私もマニアじゃないけど死ぬまでMT派宣言っ! (笑)

|

« Facebookアプリを削除すると バッテリーが20%も長く持つことが判明 | トップページ | またフジテレビがやらかしてる »

コメント

えー、そうなんですか、それはちょっとがっかりですね…。
業者が違うとか、とくにあのあたりは難工事だったらしく、それで開通が2年近く伸びたと聞いています。

アウトバーンもアメリカのインターステートも、並走する車のタイヤが微動だにしないのを見ると感激しますよ。

投稿: Kelly(理子) | 2016年2月25日 (木) 21時43分

昨日,新しい区間の新東名を走ったのですが,なんだか期待していたほどフラット感がなかったです。
以前,名二環ができたばかりの時,フラット感を初体験できてすごく感動したのを覚えてますが,今回はそれが味わえなかったのは残念でした。予算削減の影響なんでしょうか?

投稿: リーフくん | 2016年2月23日 (火) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/63234001

この記事へのトラックバック一覧です: 新東名高速道路はレベルが違う?:

« Facebookアプリを削除すると バッテリーが20%も長く持つことが判明 | トップページ | またフジテレビがやらかしてる »