« デトロイトオートショウ行ってきました! | トップページ | オーバーサイズ »

2016年1月28日 (木)

バス事故に思う

フォードが日本から撤退するというニュースを聞いて、がっかりしている私です。
日本はフォードに限らず、アメ車にはとてもハードルが高い市場のようですね。前のコラムでも書きましたが、アメリカにも沢山素敵な車が有るのですけど…。
フォード・フュージョンもかっこいいセダンですが、日本ではついに発売される事はありませんでした。
さて、話を変えますが、ご存知のように軽井沢で悲惨なバス事故が起きました。
私も学生時代はツアーバスを利用して野沢温泉や志賀高原によく行ったのですが、楽しみにしていたスキーを目前に、こんな悲惨な事故が起きて、友人すらも亡くしてしまう…なんてとても耐えられないと思います。
亡くなった方々のご冥福をお祈りします。
まだ事故原因ははっきりしてないようですが、一説によるとブレーキが効かなかったのではないか? とも言われているようです。
ブレーキランプが点灯した状態で、時速80km程の速度でカーブに突っ込んでいく映像が報じられていますが、普通にブレーキが作動してたらこんな速度にならないのでは…? と素人の私でも思うのですが、どうなんでしょう。
はやく原因解明がされることを祈ります。
対して、富士重工がアイサイトの事故防止効果を公開していました。
これによると、追突事故に関しては約84%もの事故低減ができたようです。素晴らしい結果だと思いますよね。
事故を起こすのも、防ぐのもブレーキひとつに関わるような気がします。
けれど、例えばバスのような、プロのドライバーが運転する車両の場合、そういう人間のミスを防ぐような装備がいまひとつ、少ないような気がします。
トライバーが高度な運転技術を持っているのを前提にあまり重要視されてないのか、或いは使う側も必要ない…としているのか。
例えばもし、自動運転の装置がそなわってて、車線をはみ出すような運転したり、下り坂である一定上の速度で走ろうとしたら自動的にブレーキがかかったりするような装備があれば、今回の事故は防げたかもしれません。
たくさんの命を預かる車両だからこそ、そういう装置が必要に思います。
技術者の皆さん、頑張ってくださいね。
トレーラーやトラックなどは絶対自動ブレーキが必要だと思う

2017年からの義務化まではまだ長い…

|

« デトロイトオートショウ行ってきました! | トップページ | オーバーサイズ »

コメント

直接の原因がスピードの出しすぎだとしても、そこに至った真因は何か…ということですよね。

規制を緩和しても安全性の基準まで緩和されてしまうようでは困りますから。 バス事故ってひとたび起きると悲惨ですね。

投稿: Kelly(理子) | 2016年2月11日 (木) 23時16分

技術力でカバーもいいのですが
今回は明らかに
管理責任大だと思います。

ルールを守らない⇒当事者の責任

ルールを作らない、守らせない、監視しない
⇒管理者の責任

管理者がきちんと管理を行っているかを監視、
指導しない⇒行政機関の責任

バス事業の規制緩和が
安全の規制緩和になってしまっているのが問題だと思います。

投稿: A400M | 2016年2月 7日 (日) 13時41分

そうですよね、人を幸せにする為の技術。 下町ロケットでもやってましたが、夢を実現するための技術も素晴らしいですけど、人を守る、幸せにする技術も素敵だと思います。

あー一応私も技術者でしたので(笑)。

投稿: Kelly(理子) | 2016年2月 3日 (水) 23時49分

リコさんの分析 ご意見に賛成です。
技術の進化は人を幸せにしなければいけないと思います。また技術者はそれを明確なただ一つの目的として考え、現実化していかなければいけません。原理原則、本質を追求したいと思います。

投稿: かこう | 2016年2月 1日 (月) 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/63137154

この記事へのトラックバック一覧です: バス事故に思う:

« デトロイトオートショウ行ってきました! | トップページ | オーバーサイズ »