« USの道路工事と交通標語 | トップページ | SEMAショーに行ってきました! »

2015年10月30日 (金)

東京モーターショーが開幕しました!

東京モーターショー、ついに開幕しましたね!
私の興味は、なんといってもマツダのRX-VISIONです。
「次世代REの「SKYACTIV-R(スカイアクティブ・アール)」を搭載した、マツダがいつか実現したい夢を表現したモデルです」
という期待たっぷりの言葉には、再びロータリーエンジンを市販車に搭載したいという明確なアピールを感じます。
しかし、すごいのはそのデザインですね。欧州のプレミアムモデルにまったく引けをとらない、素晴らしいデザインだと思います。
形は古典的スポーツカーのロングノーズ、ショートデッキですが、車高の低さといいフードの低さといい、とてもかっこいい雰囲気を出しています。 色はマツダお得意のソウルレッド系。素敵な色なんですが、個人的にはもう少しピンクがかかったようなブリリアントな感じも良いんじゃないかと思ってます。
スポーツカーだから落ち着きすぎても…ね。
他の話題としては、トヨタのプレスブリーフィングでなんとイチロー選手が出てきた事もびっくりしました。
イチローといえば、「イチロ・ニッサン」で日産のCMキャラクターを務めていたのですが、なんと今回からトヨタに移籍してしまったのですね!
その昔、auで活躍していた踊る大捜査線の織田裕二さんが、ドコモに変わってしまった時同様のショックを受けました()
あの時の織田さんは後ろ手で鮮やかに「ガラケー」のキーをタイプし、メールをかっこ良く打っていたんですが…。
今どきはそんな技もスマホでは無理ですね。
話を戻しますと、トヨタのブリーフィングでは社長の豊田さんがワオ!(WOW)という言葉を出し、「それはもっといいクルマを作りたいという想いを胸に自分たちの考える“WOW”を形にしようとしたこと」
 
また、TNGAという技術をイチローのバッティングフォームを毎年変える事を引き合いに出して、
「そしてこれは今の常識を次の常識にするチャレンジでもある」と説明されてました。
なんかわかったようなわからないような? 私のように頭の回転が遅いとなかなかピンと来ません。
とにかくこれからも非常識と思われることにチャレンジするのかな、と思ってました。 でもせっかくあのような素晴らしい大きなLEDディスプレイを使ってるのに、ブリーフィング内容と殆どシンクロしてないのは残念でした。
私はずっとディスプレイに目がいってましたから…。
さて、ここの読者さんも東京モーターショーに出かける人がたくさんいる事と思ってます。
年に一度のクルマのお祭りです。 そこにどんなクルマの未来を思うことでしょう。
電気自動車? 自動運転? 
IT化?
今までの非常識が常識になる時代がもうそこにきているのかもしれませんね。


私は来週は
SEMAショーに行ってきますっっ!

チューンドカーが大好き!

|

« USの道路工事と交通標語 | トップページ | SEMAショーに行ってきました! »

コメント

実車を見てないのでなんともスケール感がわかりませんが、マツダというメーカからして、あまり高価な車ではコケる可能性大ですからねぇ。
スタディモデルですから、そのまま出ることはまずないと思いますが、少なくともロータリーでだすならクーペのデサインがいいです。ロードスターはやはりオープンだからシルエットという意味では最高とは言いがたいし。

投稿: Kelly(理子) | 2015年11月24日 (火) 00時33分

RX-VISIONねぇ・・・。見たけど大きすぎる印象がなぁ・・・。ロングノーズ過ぎるのもどうだろうと思ったところなので、市販はなさそうな印象ですね。

わざわざコスモを持ってきたあたり、3ローターかも・・・くらいは思ったけどね。1000万以下で市販したいという話も聞こえてきたし。

SkyActive-Rについては何も発表されていないので、動力がやはり気になりますね~

投稿: Air | 2015年11月18日 (水) 08時34分

コメントありがとうございます。
RX-VISIONカッコイイですよね。今や旬のマツダデザインですし。 あのままの形なのか、また本当に出るのかわかりませんが、期待したいです。
私の個人的な予想は、PHEVとしてのロータリーです。燃費が悪い、低速トルクが薄いロータリーの欠点を補い、高回転での素晴らしい伸びを活かして、モーターとロータリーのいいとこ取り。これで決まり!

投稿: Kelly(理子) | 2015年11月17日 (火) 22時47分

初めてコメントさせて貰います。

僕も、東京モーターショーに行ってきました。
マツダのRX-VISONは確かに綺麗なデザインでしたね。ロータリーエンジン搭載を前提とした低いボンネットとロングノーズのフォルムは、自動車デザイナーのひとつの夢の形だと思いました。

一方で、進化しすぎたグランツーリスモGTRは、少しも乗りたいと思わなかった。

もしかすると、車はもう扇風機や家具のようなデザイン商品になってしまったのかも知れないと考えてしまいました。

個人的には、ゴードン・マーレーのシャーシを使ったヤマハのコンセプト・カーが一番発売して欲しい車でした。

投稿: オーシャン | 2015年11月10日 (火) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/62577579

この記事へのトラックバック一覧です: 東京モーターショーが開幕しました!:

« USの道路工事と交通標語 | トップページ | SEMAショーに行ってきました! »