« クルマとダイエット! | トップページ | 新車の秋! »

2015年9月 4日 (金)

夏の炎天下での事故

まだまだ暑い日が続きますね〜、私のいる中西部では日によっては朝の気温が15℃位に下がってきて、半袖では肌寒い…と感じる日もあります。
日本はまだ残暑が厳しいと思います。

さて、夏も過ぎようとしてますが、夏の車の事故と言うと、子供を車に置き去りにして、車内の高温のために命を落としてしまうという事故が目につきます。 毎年必ず報道されるのですが、どうしてこんな事をしてしまうのか不思議でなりません。子供だけを車内に残さないように、法制化の動きもあると聞きますが…。

さて、アメリカではどうかというと、子供だけを車に残して置き去りにすると、児童虐待で即逮捕されてしまいます。(州によります)
これは子供の安全を守るためなんですが、同じように家の中でも適用されますので、子供だけでお留守番…なんて事はあり得ません。
火事が起きたり…とか、刃物で怪我…とか、いくらでも危険な事は想像できるからです。
ましてや車なんて、もしキーがついたままだったりしたら、見よう見まねでエンジン掛けて暴走…なんて事もあり得ます。

それに、ちゃんと周囲の人が見てて、もし子供だけで車にいたりしたらすぐに通報されるのです。 家でも同じ。 嫌がらせでもなんでもなく、子供の命を守るためなのです。

日本は、安全な国なのかも知れませんが、ここまではしてませんよね。
そろそろ考えなおす時期なのかも知れません。夏の暑さといえば、クルマのウィンドウにスモークフィルムを貼って暑さを和らげている人もいると思います。 SUV系では最初からリヤサイドのウインドウが着色されている車もありますよね。かくいう私のキャデラックSRXもリヤはフルスモークです。それもかなり濃い…。
でも濃く見えるのは外からだけで、車内からは意外に感じません。実はこういうのも盗難防止に役立ってたりします。 中が見えないから泥棒も手を出しにくいですからね。 とはいっても安心はできないので車内に物を置かないようにしています。

デトロイトにいた時は、交差点で止まった時に、いきなり横からピストルつきつけられて金出せ、なんて脅された…という話もきいたことがあります。夜中はデトロイトのダウンタウンはむやみに出歩くと命の保証はありません。 さすが、全米で人口一人当たりの殺人事件がNo.1の都市。

と、物騒な話をしてしまいましたが、アメリカは9月7日がレーバーデーでお休み、私も連休とって、そのデトロイトの知人の元に遊びに行ってきます! もちろん、愛車とともに安全運転ですよ〜!

一日500km位は平気で走ります〜
最近ガソリンが安く($2.5/Gallon)なってきて嬉しい!

|

« クルマとダイエット! | トップページ | 新車の秋! »

コメント

ありがとうございます!
ワンワールド、先週もデトロイトにいたので行ってきました。

沢山日本食材買えるので良いですね。特にお魚は豊富で助かります。
インディアナポリスにもありますね。

また遊びに来てくださいねー!

投稿: kelly 理子 | 2015年9月11日 (金) 07時55分

初めまして!ワンワールドマーケットを検索しててこちらにたどり着きました(笑)
仕事でインディアナに行くことがあるもので…
中々面白いブログなので楽しませてもらってます。これからもまたちょくちょく投稿するかもです

投稿: PITMAN TOMMY | 2015年9月 4日 (金) 03時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/62215835

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の炎天下での事故:

« クルマとダイエット! | トップページ | 新車の秋! »