« O2センサー交換(2006年式New Beetle) | トップページ | 1500マイルのドライブとコンボイ、トラック野郎 »

2015年8月 7日 (金)

夏の長距離ドライブと自動運転

いよいよ夏季連休がスタート! した方もいらっしゃると思います。 久しぶりに実家に戻って、このコラムを読まれている方もきっとみえることでしょう。
そのときの移動の足は電車? 飛行機? 荷物を持つ事を考えると自動車の移動の便利さは捨てがたいですね。 だけど渋滞が困りもの…。
高速道路のお盆の渋滞予測を見ながら早朝や深夜に移動する人も多いと思います。 運転には気をつけて下さいね。

さて、そんななか、自動運転車の登場がにわかに現実味をおびてきました。 グーグルや、Appleが開発しようとしている自動運転車のニュースをご覧になられた方もいることだと思います。
これで運転してくれたらお盆の渋滞も少しは楽になる…と思う人もいるでしょう。

もちろん、ハンドルは握ってるけど全車速追尾のできるクルーズコントロール車なら、勝手に前の車についていくので、その恩恵を受けてる人もすでにいる事と思います。(スバルのアイサイトや、メルセデスのディストロニックプラス等)これらは車線逸脱防止支援システムも搭載しているので、少しよそ見してて車線を外れようとしても勝手に車が修正してくれます。 長時間のドライブは疲れも手伝って注意が散漫になりがちですから、このような支援システムはとても助かります。

だけど、このような機械に頼った運転は如何なものか? と思われる人もいるでしょうね。 私もそういう中の一人ですが、先のグーグルの自動運転テストの結果を見てると、実は事故を起こしやすいのは人間の方で、機械による自動運転の方がはるかに安全とも思える結果が出ています。

ロイター等のニュース記事によると、

「グーグルは2009年、自動運転車の開発を始め、試作車の衝突事故がこれまでに14件発生、うち11件が車両後部への追突事故だった。
グーグルは、いずれの事故も、自動運転車に過失はなかったとしている。」

また、自動運転でののべ走行距離は100万マイル(約160万キロ)ということなので、かなり信頼できる自動運転なのでしょう。

テスラもモデルSでは次回のアップデートで自動運転をサポートすると言っていますし、どんどん自動運転が身近になってきた気がします。
このままあと数年もしたら、自動運転も常識的な装備になってるかも知れません。
今や当然の装備になってる、自動ブレーキも5年前には殆ど装備としてありませんでしたから。

次の車を買うときには、もう自動運転車を購入できるかも知れません。そして、今よりもっと事故が少なくなることも期待しています。


長距離運転なさる方、休憩を十分にとって下さいね!

私の愛するMT車ではこの手の自動装備がついてないのは残念…

|

« O2センサー交換(2006年式New Beetle) | トップページ | 1500マイルのドライブとコンボイ、トラック野郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/62035943

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の長距離ドライブと自動運転:

« O2センサー交換(2006年式New Beetle) | トップページ | 1500マイルのドライブとコンボイ、トラック野郎 »