« アベンジャーズ見てきました! | トップページ | 夏はトレーラーと動物にご用心! »

2015年6月 4日 (木)

インディ500を見てきました

5月といえば、世界的にもニュルブルクリンク24時間耐久とか、大きなレースがあるのですが、アメリカではインディアナポリスのスピードウェイで行われるインデイ500が有名です。 私も観に行ってきました!
インディ観戦は今年でもう5回目になります。 日本からは佐藤琢磨選手がエントリーしていますね。

私は今回は、メインスタンド(パドックと言います)のほぼ、フラッグの前、ちょうどあのレンガのゴールラインが見える場所に座って観てました。天気は薄曇り、それでも日焼け止め必須ですが…。暑かったです。
私がこのインディ500に取りつかれるのはその速度。 オーバルを駆け抜ける平均速度は350Km/hにもなり、ストレートスピードはまさしく世界一速いレースなのです。スピード狂な私はそれだけでももう…。

さて、レースはスタート直後の第一ターンですぐにクラッシュが発生! 琢磨選手はそれに巻き込まれて順位を落とし、最後尾から3番目という状態に。
最終的にはイエローフラッグのビットインをうまく利用し、13位まで順位を上げてゴール!
(5月31日のベルアイルでは2位でした!おめでとうございます!)

それにしても久しぶりに聞くエンジン音は鳥肌立つ位、良かったです。今はターボエンジンになったので、以前の耳をつんざく爆音では無くなりましたが、それでも迫力満点でした。

さて、インディのスピードウェイ行ったことある人ならわかると思いますが、実はインディアナポリスの都心からそれほど離れていません。 車で15分程度で都心なんです。 また、インディ500は全米から40万人も訪れる超ビッグなレースです。 しかもその殆どが車で来るという…。
そうなるとレース終了後はものすごい渋滞?! しかも都心が近くなので交通がマヒ状態に…?

ところが、レースが終わって暫くは周囲の道路が込むものの、それほどびっちり止まってしまうような渋滞という事はあまりありません。 私も15分程高速の入口までトロトロ走りましたが、一旦高速に乗ればスムーズに帰宅出来ました。

これは、周囲の道路の交差点に警察官が立ち、信号の代わりに手信号で誘導して効率よく車を流しているからなのです。 時には反対車線も使って4車線、6車線全部退出方向に車両を導きます。 高速の入口も、高速から出てくる車は渋滞を招くため、出口を塞いで入る方だけに規制してしまいます。
40万人を素早く退出させるための経験と工夫がされています。

日本のサーキットは殆どが山奥に建設され、そこまでの道も一本とか二本とか、帰りもすごく渋滞して辟易する…なんてことも多いのですがことこのインディ500に至っては渋滞でイライラしたことはありません。
歴史というか、文化なのですね。
私はいつもレース場近くの民家の人に車を停めさせてもらって観戦しますが、「タクマはどうだった?」と(もちろん英語で)聞いてくれたりします。

「また来年ね!」と笑顔で手を振ってくれる民家の方に頭を下げながら、モータースポーツと暮らしている街なのだな、と感じました。

来年はインディ100周年記念です! 絶対! 行きます!

|

« アベンジャーズ見てきました! | トップページ | 夏はトレーラーと動物にご用心! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/61697987

この記事へのトラックバック一覧です: インディ500を見てきました:

« アベンジャーズ見てきました! | トップページ | 夏はトレーラーと動物にご用心! »