« FURIOUS 7(ワイルド・スピード スカイミッション)観てきました! | トップページ | 道路は平らがいい! »

2015年4月14日 (火)

Apple Watch見てきました

Apple Watch見てきました。 もちろん、試着もしてきました。
個人的には、サイズは38mmの方がいいかな、という感覚です。(腕そんな太くないし)

150413nwatchsport 実際の写真は写してないのでイメージだけで想像してほしいのですが、幅が42mmだと私の腕ではかなり大きい感じがします。 解像度は42㎜画面サイズは312×390ピクセル、38㎜画面サイズは272×340ピクセルの解像度となっていますが、見た感じでは殆どわかりません。 それより太い腕ならともかく、42mmはちょっと男性でも大きいと感じる人がいるのではないでしょうか。

あと、厚みですが付けているとそんなに感じませんが、やはり分厚いです。
また、価格もアルミ・ステンレス・18Kゴールドでかなり違います。
アルミ(Sport)が4万2800円から、ステンレスが6万6800円から。 18Kに至っては128万円からと、車買えちゃう世界の価格です。 アルミは写真の黒のタイプならまだ見れますが、シルバーだとかなり安っぽいイメージがあって、あまりよろしくありません。 私が買うなら、Sportはディスプレイがサファイアでなく強化ガラスだったりでランクが落ちるので、ステンレスかな、と思いますが、冷静に考えて7万円もこのデバイスに払うかというと、かなり疑問が残ります。 いつもメールを読んでいて、いちいちiPhoneを取り出すのが面倒という人は良いかも知れませんが、普通の人では使い方を持て余しそうな気がします。

iPhoneとApple Watchではやることを分業化して使うような感じになりますが、普段iPhoneではサイトの閲覧とメールを少々、などという人だったらApple Watchは買ってもあまり生活を豊かにはしてくれないと思います。
ここはやはり、メールをかなり煩雑に使うような人がメリットを享受できる、そんな気がします。

ただし、使った感じはさすがに洗練されていて、Apple Watchを見る動作だけで通知表示をさせたり、また通知もWatchがコツンと振動したりブルっとしたり、色々なアクションで教えてくれます。 この感覚はとても新鮮ですね。 今まで時計というとブザーがピピピ…とかなるだけの感覚しかないのに、振動という新しい通知のアクションが加わりました。さすがApple! と感じる一瞬です。

余談ですが、私の好きなキャデラックもCTSではシートが振動して、バックの時などの障害物を教えます。 例えばシートのもものあたる部分、右が振動すれば、車の右側に障害物が近いという警告。左なら左側、と直感的にわかります。
ビービーと下品な音を出したりしません。 これは、運転者だけが判ればいいことなので、わざわざそんな警告音を出す必要がないからです。 特に日本車はおせっかいなことにバックの時もぴーぴーと、レクサスのような高級車でもダサい音を出してくれますが、こういう配慮ができるかどうかで、その製品の良さが判ると思います。
(同乗者にはこの上なくウザい音なのです)

実用以上に時計としての雰囲気を大切にしたApple Watchですが、価格が示すように高額品でも買えるような人でないと、なかなか購入に踏み切れないと思います。
さて、貴方はどうでしょうか。 盲目的にApple税を払うのもよいでしょうね。

|

« FURIOUS 7(ワイルド・スピード スカイミッション)観てきました! | トップページ | 道路は平らがいい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/61438263

この記事へのトラックバック一覧です: Apple Watch見てきました:

« FURIOUS 7(ワイルド・スピード スカイミッション)観てきました! | トップページ | 道路は平らがいい! »