« インドに来ました | トップページ | 東京モーターショー開幕 »

2013年11月21日 (木)

インドの様子と、あとマツダCX-5の自動ブレーキ事故の話

インドに来て一週間、しばらくブログどころではありませんでした。 ツイッターもままならない状況。 今もブログ書いてるほど暇ではなく、だったらさっさと寝ろ! というくらい睡眠不足です。 出張すると昼間は仕入れ先・日本人のアテンド(なんで出張者の私がしなきゃいけないの??)とか、ホテルに戻れば深夜過ぎまでレポート作成と日本の仕事の継続。
体持ちません。

Photo

とはいっても、日曜だけは休みなので、その唯一の休みを使っていつも行く、デリーのアンビエンスモールに行って来ました。
facebookを使ってる人は、私のページからも詳細見えると思います。

今回は大物は買わずに、下着とショール(写真に写ってるやつ)を買いました(あとはアクセサリー)。 下着は白のブラジャー2枚と、黒のブラ。 私はカップないのが好みなのと、白色が好きなので日本では売ってないため、インドやUSで買ってます。
ツイッターでは写真だしてたけどブログでは自粛(笑)。 けっこうエロい…。

ところで、先日マツダのCX-5が、自動ブレーキ体感中に衝突事故を起こしたという話ですがこれは原因がどうやら、30km/h以下でないと作動しないシステムなのに、ドライバーが37km/hの速度で走ったためにノーブレーキとなったため…らしいです。

「スピード超過が原因か マツダの自動ブレーキ車衝突事故」

でも、なんか変だな~と思うのは、30km/hを超えると作動しない、というところです。 普通に考えると、よそ見運転などして衝突を防いで欲しいのは、そんな30km/h以下ののろのろ運転してるときではなく、もう少しスピードでてるときじゃないかと思うのです。 確かに速度が出ていると、とまれないということもあると思いますが、それでも減速して少しでも事故のひどさを低減できるといいのではないでしょうか。
このシステムだと、30km/hを超えて走行しているとなんの役にも立たないということになってしまいます。 もし、あなたの車についているエアバックが、30km/h以下の衝突でないと展開しない、という但し書きがついてたら、果たしてうれしいでしょうか?
それと同様なことだと思います。

VWのUP!などに搭載されている自動ブレーキシステムも、実は人間がブレーキを踏むとシステムを解除します。 だから、よそ見してて衝突しそうになり、システムが作動しだしたときに人間があわててブレーキを踏むと、自動ブレーキを解除して普通のブレーキ作動に変わります。 ここで人間が思い切りブレーキを踏めればいいのですが、とっさにそれだけの力をだせる人って実はあまりいなくて、気持ちは焦るけど足には力がこもらない、弱いブレーキになってしまうことがありえます。 結果的に、何もしないで自動ブレーキにまかせたほうが、早く止められたりするのでは…と危惧してしまいます。

マスコミの報道では、自動ブレーキが万能に思わせる表現のCMが多いと言ってますが、確かにこういうようなケースもしっかり、ユーザーに教えた上での装備と納得してもらわないと、今回のような結果を招くことになります。 おそらく運転していた人も、まさか30km/h以上だと作動しないなんて知らなかったのでしょう。 でなきゃそんな速度出して突っ込んだりしませんよね。 ただの自殺行為ですし。 それとも体を張ってこのシステムの欠陥を証明した? そんなわけはありません。

だけどエアバックとか展開しなかったのでしょうか。 ドライバーはともかく、同乗していたセールス氏が骨折って、シートベルトしてるにも関わらず結構なひどさの怪我だと思います。 37km/h、たかがその程度の速度となめていると痛い目にあう、ということなのかもしれませんが…。

ちなみに、スバルのアイサイトは、30km/h以下で衝突回避という表現をしてますが、あれは雨天や路面状態を考慮してのことで、実際は40km/hくらいでも回避は可能、ということです。 今はアイサイト2になっていて、60km/hくらいからでも止まれるようにレンジを広げて改良しているそうですが、このシステムだと30km/h超えたからシステム解除…なんてことはありません。 ドライバーがブレーキを途中で踏んだ場合はどうか、というのは聞いてないですが、VMみたいに完全に解除してしまうというのはちょっと残念に思いますから、ぜひ、人間のミスや能力不足をおぎなって、事故を減らすようなシステムにして欲しいと願っています。

こういう事故がおきると、必ず「機械に頼るからいけない、こんな装備はいらない」という極論言い出す人がいますが、私はそんなことは思いません。 人はミスをする動物ですから、よそ見だってしますし、たまたま運が悪いこともあります。 その証拠に、誰も事故を起こしたくて起こす人はいないと思うのに、毎日すごい数の交通事故が起きていますよね。
それを少しでも防ぐことができる装備なら、私は標準にしてもかまわないと思います。
(但し、値段が上がらないように努力は必要)

あ、それから余談ですが、「こんな装備いらん!」と豪語している人は、カーショップに行くと、レーダー探知機のコーナーに最近はドライブレコーダーが展示してあり、事故の瞬間のビデオを流しているところがよくあります。 それをご覧になるといいでしょう。 それでも「私はこんな事故はしない」と言い切れるなら良いかも知れませんが、事故は人の判断能力を超えたところで発生することがあります。 くれぐれも自信過剰にならないように気をつけてください。

|

« インドに来ました | トップページ | 東京モーターショー開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/58615027

この記事へのトラックバック一覧です: インドの様子と、あとマツダCX-5の自動ブレーキ事故の話:

« インドに来ました | トップページ | 東京モーターショー開幕 »