« iPhoneのカメラシャッター音を消す方法 2 | トップページ | フジテレビのほこ☓たてが放映中止に »

2013年10月23日 (水)

iPad Air発表。新型iPad miniも

10/22、新型iPadとiPad miniが発表されました。 もちろん、MacBookProも薄くなって登場。今回、新しくなったiPadの方が気になるので、詳しく説明してみます。 軽く薄くなった新型iPad、その名も「iPad Air」…なんか安直な気もするけど、名は体を表す?!

Sk_ipad_01

新型のiPadは、液晶ディスプレイの大きさ自体は従来モデルと変わらず、9.7インチ。 そのかわり、厚みが7.5ミリ(旧型は9.4ミリ)、重さが469グラム(Wi-Fi版、旧型は652グラム)と、かなり薄く、軽くなりました。
また外形もスリムに。上下の長さは殆ど変わりませんが、左右が169.5ミリ、従来の185.7ミリから16ミリ程ほそくなっています。 液晶サイズはそのままなのですが、左右のベゼル幅が細くなり、見た感じはiPad miniがそのまま大きくなったようなイメージ。
このベゼル幅は、別にデザイン的にこれが良いからというわけで決められたのではなく、手で持った時に指が液晶面にかからないように考えられています。 左手で持って右手で操作するとき、もしベゼルが細すぎると、左手の親指などが液晶面に触ってしまい、2フィンガータッチの状態になって動作が不安定になります。 初代iPadからベゼル幅は不変でしたが、iPad miniでは、2タッチにならない、範囲のギリギリの幅で、左右のベゼルを狭くするというデザイン変更がなされました。

今回のiPad Airのデザインにも、このベゼル幅の変更は踏襲されました。 おそらく、iPad miniで狭くしたベゼルでも、特に問題ないという判断が出来たからだと思われます。 或いは確認してませんが、左右の液晶部分のセンシングは、たとえ指がかかっていても2タッチにならないようなアルゴリズムが導入されているのかもしれません。 そのうち見てみようかな。

今回、本体が薄く、軽く出来たのは、液晶タッチパネルのガラス→フィルム化や筐体の薄型化もありますが、電力消費が少なくなり、電池が薄くできたという事が大きいと思います。 実はiPadの8割は電池が占めているのですが、その巨大な電池のおかげで10時間に及ぶ長時間使用が可能になっています。 先代のiPadでは、Retinaディスプレイにしたため、使用電力量が増えて、当時の電池技術では若干の重量増加は免れませんでした。 iPad miniにRetinaが採用できなかったのも、LEDの増加や駆動時の消費電力の増加から、電池の持ちが悪いためというものでした。 今回はかなりシステム全体の消費電力が下げられたのか、電池容量が少なくなってるのにも関わらず、従来通りの10時間の電池駆動が可能になっています。 ちなみにCPUは、64ビット対応の「A7」と「M7モーションコプロセッサ」を搭載。
Retinaディスプレイの消費電力も下げられたのかも知れませんね。

iPad miniはついにRetinaディスプレイに。 iPadより安い価格と、コンパクトな筐体で、人気を博す事でしょう。 ただし、残念なことに重量が331グラムと、従来の308グラムよりやや重くなっています。(Wi-Fiモデル)
これらのiPad Air、miniのWi-FiモデルではWi-Fiに2本のアンテナを使うMIMO(Multiple-Input Multiple-Output)を搭載。最大2倍速く、デュアルバンドIEEE 802.11nとの組み合わせで最大300Mbpsで接続ができるそうです。
私もiPhone5に変えてから、Wi-Fiの速度が速くなったと思いましたが、iPadではさらに安定して高速通信が出来そうですね。

さて、新型のiPadシリーズ、どれが買いなのでしょうか。
私は普通の人なら、iPad miniが安いし持ち運びにも楽なのでオススメだと思いますが、個人的には絶対、iPad Air。 というのは、私は主に写真を見たり、見せたりするのにiPadを使っていますので、大きな画面による写真の再生は何にも代えがたい魅力があります。 昔、LPがCDに変わってしまった時に、アルバム・ジャケットの迫力ある大きさのデザインが無くなってしまい、CD買ってもつまんなくてちょっとさびしい思いをしたのですが、それと同様に写真はある程度の大きさも必要だと思ってます。

さて、あなたのチョイスは…?

|

« iPhoneのカメラシャッター音を消す方法 2 | トップページ | フジテレビのほこ☓たてが放映中止に »

コメント

>左右の液晶部分のセンシングは、たとえ指がかかっていても2タッチにならないようなアルゴリズムが導入されている
ご推測の通り、iOS6≒iPadminiからそういった処理が入っているようです。(URLに記事あります)

やはりパンチラ狙いならminiの方でしょうか。
10インチだと怪しい人に見えますからね。しかし観賞用としては捨てがたい。

投稿: 名無しさん | 2013年10月29日 (火) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/58442044

この記事へのトラックバック一覧です: iPad Air発表。新型iPad miniも:

« iPhoneのカメラシャッター音を消す方法 2 | トップページ | フジテレビのほこ☓たてが放映中止に »