« ふんどしパンツの記事が人気(笑)。 | トップページ | ブラジャー、かき氷、インド。 »

2013年7月25日 (木)

あなたの知らないインド

Img_0664

Img_0684

のっけからナンとロティの写真です。 さて、これは何が言いたいのかというと…。左が日本、右がインド。日本のナンはこのように巨大で、とても食べづらいですよね。 インドのロティの様に、切って出してくれたらいいのに。もちろん、インドでナンを頼んでも、このロティの様にきちんと切って出してくれます。 日本のインド料理屋は、切る手間さえ省くという、とてもがめつい儲け主義なのです。

ちなみに、このロティはロマリ・ロティです。 この写真見て、「あ、ロマリなのね。」と気がついた人はそーとーなインド通。ロマリというのはヒンディー語でスカーフとか風呂敷というような意味。つまり風呂敷のような薄いロティの事をいいます。 普通のお店ではこのロマリは焼くことが出来ないので、それなりのレストランでないとメニューに載ってません。私はこのヘルシーな薄いロマリ・ロティが大好きです。 ナンはすぐに太るし。

Img_4254

インドといえば、デリーを始め、大都市でのクルマ渋滞が深刻な問題になりつつあります。 インドのモータリゼーションは始まったばかり。 中国も凄いですが、飽和に近づきつつある中国に比べ、まだまだ増えそうです。 だから道路もものすごい。 こんな風景は日常茶飯事。 車線もあってないようなもの。 でも不思議と事故は起きない。 みんな絶妙なタイミングですり抜けていく。 車幅は10cm、時にドアミラーもたたんでギリギリをすり抜ける。 こちらのドライバーはみな車幅感覚抜群です。 それと、クラクションの嵐。 マルチ・スズキの開発の人に聞いたことがありますが、こちらのクラクションは日本とか他の国より耐久性が強くしてあるとのこと。 でないとすぐに故障して、鳴らなくなってしまうそうな。 だってみなさん、ホーンボタンに手をおいて運転してる位ですから。
とにかく、クラクションが途絶える事はない、それがインドの都会。

Img_4310

インドはアジア圏でも有数のジェネリック薬品の製造国。 私のもってるサリドン、有名な頭痛薬なんですけど、私は頭痛薬が手放せない人なので、インドでもつい買ってしまいます。この12錠入りで、お値段は30円。 打ち間違いではありません。30円。
このように、インドでは薬が非常に安い。 また、病院でなくても、薬局に行けば、処方箋無しでも適宜必要な薬を出してくれます。 お店の人に的確に症状を言えば、病院でもらえる薬と同じものが手に入ります。 私もなんどか風邪でお世話になりましたが、とても良く効きました。USで使っていた薬とも違うけど、効き目はとにかく抜群です。 もし、インドに旅行して下痢になったら、日本の薬ではまったく効き目はないので、直ぐに病院か薬局に駆け込んできちんとした薬をもらいましょう。 でないと一週間、下痢に苦しむ事になります。
今のところ、私がインドに連れて行ったメンバーで下痢にならなかった人はいません(爆)。 チームリーダとしてはその辺も気を使わないといけないので、大変なのだ。
今回は殆ど単独だったから良いけど。


Img_4307

今回驚いたのは、デリー空港での免税店。 日本語の表示が出て来ました。 この前まで無かったように思うけど、こんな感じで、日本人に人気のカレーとかも置いてありました。 着実に日本人への対応が増えてきています。(でもまだ文化圏ではないので中国人対応は無い)
日本人向けのホテルもできてきたし、ホテルのメニューにも日本食が。 怪しい中国文字の日本語表記も増えて来ました。
これからもどんどん増えるのでしょうね。

デリーの町中でも、洋服を着た女性をちらほら見かけるようになりました。 インドでは女性が外に歩いているのをみるのは本当に少ないです。 おそらく私の様に仕事で行かない限り、観光地ばかりみてればそれなりに女性を見かけますが、町中では本当に少ない。 実はインドの人口分布は、20〜30代の女性が男性に対して、数百万人単位で少ないのです。 もともと生まれるときはそんなに差はないのですが…。 色々な事情で命を落とす女性が多いのです。
男尊女卑がこんなところにも影響しているのではないかと思います。

Twitterでも書いたのですが、インドではレイプを犯しても、殆ど罪に問われるような事はないと聞きます。 立件できても、裁判では最後に女性が悪いことにされ、無罪になってしまう事が多いらしいのです。 だから、レイプ天国。 娯楽の少ないインドでは、よく道路ばたで男性がグループになって話しているのを見かけます。 だって外には男の人しかいないから、当たり前なのですが、それがものすごい人の数なのです。 クルマで走っていても、必ず人影を見かけます。 どこまでいっても人がいる。 インドの人口は8億とも10億とも言われていますが、とにかくすごい人の数です。 そんなたむろしてる中に女性ひとりで前を通るものなら、腹をすかせた釣り堀に餌を投げ込むようなもの。 私もたまにひとりで(もちろん昼間ですが)歩くのですが、日本人ということもあるせいか、視線がすごい…というかこわい。 夜はさすがにでませんが、手を引っ張られたら間違いなく、アウトです。
半年ほど前にあった、バスでの集団レイプで、最後に全裸でたいせつなところに鉄パイプをつっこまれて殺された、女性の事を思い出します。 彼女はすごい綺麗な人だったんですが…。
また、インドの人は事なかれ主義です。 先のレイプの時も、彼女は道路に40分以上もの間、裸で放置されていました。 そばを通りかかる人もいたのに、誰も助けません。 これは、こういう揉め事に巻き込まれると自分も災難がかかるという懸念があるからなのです。実際インドの警察は適当で、発見者を事故の当事者とか犯人にしてしまうことすらあるのです。だから交通事故で怪我して倒れていても、だれも助けようとしません。 道路に横たわってるのに…みんなしらん顔で通りすぎてしまいます。 そんな事件がよく、新聞を賑わしています。

また、インドはテロが起きる国です。 前回私が滞在していた時もハイデラバードで爆弾テロが有り、100人以上の人が死傷しました。人の集まるところをねらつて、無差別に爆弾をしかける卑劣な手段です。 たしか映画館の前にとめたバイクに爆弾が仕掛けられ、最初の爆発で人が助けに来た所を、二回目の爆発でさらに被害者を増やすという、本当に卑劣なやり方でした。

だから、ショッピングモールもホテルも、入るときは空港のセキュリティゲートのようなところをとおり、ボデーチェックされます。ちなみに男女別。 だって検査する人が触るからね。女性は女性の検査官が対応します。
空港の話ですが、インドでは空港はチケット持っている人しか入れません。 日本の様にショッピング…なんてお気楽な場所ではないのです。 テロ防止の為ですが、入る時にチケットとパスポートを確認されます。 手荷物も預ける時にはタイラップで縛られ、開けられないようにされます。 機内持ち込み荷物はタグをつけられ、検査済みの時にスタンプおされます。 ちなみにセキュリティゲートをくぐった後も、搭乗のための入り口でチェックされ、バスにのる時にもチェックされ、さらに飛行機に乗り込むときにもチェックされます。 通算5回はチェックされます。 空港によっては飛行機から降りる時もチェックされます。 それに比べたら日本のルーズなこと。 もっとも回数やれば良いわけでは無いんですけどね。

まだまだインドは知らないことが多いです。 よく、インドに行くと人生が変わる、とか言われていますが、個人的には観光地いって、途中の道すがらみすぼらしい家並みとか服装をみて、こんな人達の生活もあるんだなー、とか感じてる程度で人生変わったなんて言ってる人は平和だと思います。 インドに旅行した事がある人も、女性が街に少ないなんて気づいた人はあまりいないのではないでしょうか。モールにいっても、去年までは紳士物ばかり売られていました。 カーストのために、職場でもお茶くみとか掃除しか出来ない若者もいます。 そんなロークラスの若者に普通の仕事をさせると、ミドルクラスの人が怒るのです。 低いやつにそんな仕事をさせるな、オレの給料が減る、とばかりに。

クルマで信号機交差点(インドの交差点は殆ど信号機がないから、止まることはないけど)で止まっていると、乞食やロークラスの人が窓をコンコンと叩いて物乞いしてきます。 中には子供を抱えたお母さんも。 片腕がない人とか、無い手を見せて悲惨な暮らしを訴えてきます。 でもこれらは演出。みなバイトで胴元に雇われて、一日交差点でクルマをまわって売上をあげています。 子供連れのお母さんはまず、間違いなく雇われ。片腕がないなんていかにもお涙頂戴の演出にぴったりだから、いい値段で雇ってくれます。
これがインドの都会なのです。 旅行者の人はあわれんで、つい小銭(それでも彼らの数日分の食費になる)を渡すのですが、ビジネスでやってるんですよね。 なんかやりきれないです。

私もまだまだインドの本当の姿は知らないですが、生活に深く根ざした負の文化を強く感じました。

Img_4315

もし、インドにいく機会があれば、華やかな観光地の裏にこういう現実があることも理解して欲しいと思います。 身体に自信のある殿方なら、現地のごはん食べて、果敢に下痢と戦うのもいいでしょう。 その際には脱水症状にはくれぐれも注意して下さいね。

さいごに、B787からの素晴らしい景色です。 エア・インディアの最新機種。快適でした。

|

« ふんどしパンツの記事が人気(笑)。 | トップページ | ブラジャー、かき氷、インド。 »

コメント

拡大するとわかります、左はナン。右はロティ

投稿: ジョニー | 2013年7月29日 (月) 20時19分

冒頭の
>>右が日本、左がインド。
って、逆じゃありませんか?
あまり、詳しくありませんので、わかりませんが・・??

投稿: 通りすがり | 2013年7月25日 (木) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/57863957

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの知らないインド:

« ふんどしパンツの記事が人気(笑)。 | トップページ | ブラジャー、かき氷、インド。 »