« iPhoneのバッテリー消耗が異常に激しい場合の改善策 | トップページ | US レクサスの雑誌広告がすごい!本当に動いてるみたい! »

2012年10月 8日 (月)

ガレージライトのお話

X2_efbd863

タイトルと全然カンケー無いけど、カチューシャ買ってきた! イオンで10%引きだったのでずっと欲しかったのを買ってきましたーっ。写真も載せちゃう〜っ

白飛びして判りにくいけど、花びらの薄いピンク色の飾りがついたカチューシャです。
見たくないかも知れないけど…。まあ、我慢して!

さて、タイトルの「ガレージライト」。 これ、DIYストアで売ってるような、近づくと勝手に点灯するランプの話ではありません。 クルマの機能の一つです。 私のクルマにもついています。 だけど、日本仕様のクルマにはついていません。 必要ないという判断でしょうか。

ガレージライトというのは、ライトスイッチをAUTOポジションにしておくと、ヘッドライトが点灯した状態からエンジンを切っても、暫く点いたままをキープする機能です。 私のクルマの場合、30秒程度から、5分位まで設定できるようになってます。
日本のお住まいのように、ガレージが殆ど無いような場合はわからないと思いますが(北米ではクルマのガレージがあるのが普通です)、夜帰宅して、エンジンを切ったと同時にヘッドライトが消えてしまうと、暗いガレージの場合は足元がわかりづらいなどの不便が生じます。 そのため、エンジン停止後も暫くヘッドライトを点いたままにして、ガレージ内を明るくしておこうというのがこの機能です。 まあ、私の家もそうですが一般的に最近のガレージは、シャッター連動の照明があるので、このガレージライト機能がなくても不自由しませんが、クルマ側の配慮ということでこういう機能がついてるのです。
これは北米では、中級クラス以上のクルマに一般的についています。

ところが、そんな事を知らない日本の人は、私がクルマを停めてもライトが点いたままなので、丁寧にも教えてくれる人が多いのです。 「ライト点きっぱなしですよ〜」 …と。 昨日は駐車場で、今日はコンビニで。 なんといってもディーラに停めても、クルマのプロからも言われてしまうくらいですから…。
教えて頂ける親切心は嬉しいですが、それにいちいち説明するのも…ということで、最近は「ありがとうございます〜」、と微笑むだけにしてます(すいません)。

実際、あると便利な機能なのですが、日本で採用されることはないでしょう。

もう一つ、北米では常識の機能ですが、日本では採用されてない機能があります。 それはセントラルロック。 今は、軽自動車でもリモコン式のドアロックが標準ですよね。 今はクルマに乗る時に、ドアの鍵穴にキーをさし込む、なんて行為をしたことがない人が殆どではないでしょうか。 文明の利器ですよね〜。 ところが、この仕組みに北米は大きな違いがあるのです。

通常、ドアロックを解除すると、全部のドアが解錠されると思うのですが、北米では運転席のみしか解錠しません。 リモコンドアロックをもう一度、解錠操作すると初めて全部のドアが解錠されます。 これも北米では大抵のクルマについてる機能です(当たり前すぎてカタログにも書かれてない)。

これは、解錠したときに全部のドアが開いしまうと、例えば助手席側に潜んでいた賊が車内に入り込んでしまう事が考えられます。 それを防ぐための機能なのです。 入り込まれたら非常に危険ですし、刃物持ってるかも知れないし、もしピストル持っていたら命の危険性すらあります。
というわけでこれは防犯上必須な仕組みなのです。 だけど日本では全部のドアが開いてしまうので、ドアを解除した瞬間を狙って簡単に車内に入り込めてしまいます。 夜、女性が一人でクルマに乗り込む時など、気をつけておかねばなりません。 特にクルマは密室になりがちなので、ドア閉めたら何をしているのかはわからづらくなります。 4ドア車だったら、後部座席に入り込まれて首にでもナイフ突きつけられたら、おしまいです。

日本は治安の良い国ではありますが、悪い人がいないわけではありません。 だけど、このようなセントラルロックの仕組みが必要かどうかは難しいです。 おそらく採用したら「ドアが全部開かないのは不便」という人が沢山出てくるでしょう。 私はそこまでノーテンキではないので、この機能を重宝しています。

日本でもレクサスなどの高級車は、この機能をオン・オフできるようです。 ディーラに頼めばやってくれます。
次に日本でクルマを買う時には、この機能を選べる車種だといいのですけどね。

私のブログにどの位女性が見に来てくれるかはわかりませんが、女性の立場としては、こういった機能はぜひ、選択できるようにしてもらいたいものです。

|

« iPhoneのバッテリー消耗が異常に激しい場合の改善策 | トップページ | US レクサスの雑誌広告がすごい!本当に動いてるみたい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/55848744

この記事へのトラックバック一覧です: ガレージライトのお話:

« iPhoneのバッテリー消耗が異常に激しい場合の改善策 | トップページ | US レクサスの雑誌広告がすごい!本当に動いてるみたい! »