« えっちな写真載せてるページが人気(爆)。 | トップページ | うーん、やはりえっちな写真が人気(爆)。 »

2012年8月 1日 (水)

細かいことで騒いでるのは少数派

楽天のkobo touchという、携帯式電子書籍端末が7,980円で売りだされ、初日からアクティベーションがサーバーエラーで出来ないとか、操作性が悪いとか不具合が沢山報告されています。 それに対して楽天の社長さんが言った言葉がこのタイトル。「細かいことで騒いでるのは少数派ですよ」

この記事は日経のサイトで読むことができます。 興味ある方はどうぞ。

この記事を読むと、現在はすでに不具合対策を終え、アクティベーションは全体購入者の95%を超えていることから、「問題ない」…と言いたげですね。

どうやら、予測ではあるが、2000〜3000人くらいの人が「細かいこと」で騒いでいるらしい。また、アクティベーション出来ない5%の人達については、「途中で難しくて諦めちゃった人」という予測らしい。

まあ、アクティベーション自体は出来るとしても、ネット界隈の情報を見るにつけ、問題はそんなところではないように思えます。 端末自体の動作がおかしいとか、サポートセンターに相談しても放置プレイで何にも返事がないとか、どうも楽天社長の言っているような完全サポート体制には程遠い印象を受けるのです。

ただ、一番気になるのは、その「2000〜3000人の細かいこと騒いでいる人」たちを完全に無視しているように思えること。
この考え方にはちょっとびっくりしました。

私は、自動車関係にもいたことがあるのですが、部品とか車両に不具合が発生すれば、例えそれが1台でも大変な騒ぎになる事があります。 最近の記憶に新しいのは、USのカムリでアクセルが戻らない(あれはマットが適正な物ではなく、それがアクセルに引っかかってたのが原因)という不具合で暴走の果てに家族全員事故死した、という事件が起き、それが大規模な訴訟と政府自体がトヨタ社長を呼びつけて質問攻めにするという自体まで発展しました。私はこれを生中継で観てましたが、それはヒドイ仕打ちでした。 殺人者といわんばかりの質問攻め。
私は特段、トヨタが好きなわけではないのですが、この時ばかりはあんまりではないか、と同情したものです。

話がそれましたが、そんな厳しい業界にいたものですから「2000〜3000人くらいの人が『細かいこと』で騒いでいるらしい」なんて超お気楽な発言ができるのが信じられません。 人の命にまったく関係ない企業だと、ここまで怠慢で傲慢な経営理念が通ってしまうんですね。 例えたった一人でも、買った商品に対して問題があるようなら、誠意を持って対応するのが商売人、ってものだと思います。

もともと楽天は好きじゃないのですが、なんだかもう決定的な感じです。 クレームつけても相手にしてくれない可能性すらあるような通販サイトは、利用したくありません、私。

そもそも、収支発表を英語で行うとか、日本にいながら日本人を冒涜するがごとくの自分勝手な基準の対応もイヤですね。 売上高が大きいのはわかりますが、その規模の権力をかさにきてるようなスタンスはまるでドラマの悪役のように感じます。

「稲穂は実って頭を垂れる」

とある年配の方から、私が若い頃に教わった言葉です。 その方はご本人も息子さんも、立派ないれものが入った方でしたが、私の座右の銘として今もつよく覚えている言葉です。
私は人の上に立つ立場にはとうていなりえませんけど、物事の善し悪しをきちんと分かる人間にはなりたいと思います。 そんな思いを強くした、楽天の社長の一言でした。

|

« えっちな写真載せてるページが人気(爆)。 | トップページ | うーん、やはりえっちな写真が人気(爆)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/55331806

この記事へのトラックバック一覧です: 細かいことで騒いでるのは少数派:

« えっちな写真載せてるページが人気(爆)。 | トップページ | うーん、やはりえっちな写真が人気(爆)。 »