« これこそマルチタスク! Zephyr | トップページ | iPhoneのシャッター音をアプリなしで消す »

2012年2月 6日 (月)

アメリカにだって教習所はある

野沢直子の娘 免許取得当日にBMWを一括で購入 http://news.livedoor.com/article/detail/6250614/
…によると、"アメリカでは教習所はなく、筆記試験に受かった後は、横に免許所有者を乗せれば路上で運転できるシステムなのだと説明。ここ数カ月、一緒に練習してきたのだという。" …と書いてありますが、勘違いする人がいるといけないので言っておくと、「アメリカにも教習所はあります」

…まったくどこのど田舎に住んでるのか、野沢直子は…と失礼なことも思いつつ、Wikiで見たらサンフランシスコじゃん。 立派な大都会だから教習所はたくさんあると思うけど、きっと野沢直子が知らなかっただけか、他人に嘘を教えられただけじゃないかな。と思う。

だって、教習所なかったら、大変だよ? 誰が交通教則とか、運転方法教えるの? 前述の野沢直子の例では自身が娘に教えたようだけど、そんなヒマな親ばかりじゃない。 第一、仮免もらうには筆記試験に合格しないといけないけど、いきなり本番一発では、さすがに受からない。 そういう知識は本屋行けば参考書あるけど、普通のティーンを持つご家庭では、大抵教習所に入れるよ。その方がめんどくさくない。

教習所では、筆記試験の合格までと、簡単な(数時間程度)路上教習をやってくれる。 市街地、住宅地、ハイウェイ。こんなくらいかな。 後は車庫入れ。 それと実際の路上試験も受けおってくれる。 大抵5〜6万くらいですむ。 日本の20万とか30万とか、バカみたいに高額な車校とは違うのだ。

簡単な? 筆記試験で合格すると、もういきなり仮免がもらえる。 このあたりは州によって違うかも知れないけど、まあだいたい同じ。 後は50時間以上とか何ヶ月以上とか、免許保持者に同乗してしもらって実地練習。 で、本試験を車校に受けに行って、合格すれば免許が来る。

この時、試験を受けるクルマは、自分の保険がかかってるものでないとだめ。 そう、自前でクルマは用意する。 だから、パバの運転している馬鹿でかいSUVなんか使っちゃうと、車庫入れに苦労してしまう。 クラスメートの小さいクルマ、シボレーコバルトあたりならいいかも知れない。

私も免許は取ったけど、日本で運転していたから50時間の実地は免除されて、いきなり本免許の試験に進むことができた。簡単に思えるけど、落ちる人もいるんだよね。 一旦停止が分からなかったとか…特に住宅地の一旦停止無視は致命的。 とにかく、人命最優先。
私はもちろん。一発でパス。 もう免許も2回も書き換えしてます。 日本のようにゴールド免許みたいなものなし。 でも免許はPhoto IDといって自分を証明する一番身近なカードなので、いつも肌身離さず持ってます。 日本じゃクルマ運転するときとか、あとはレンタル CDの会員になる時くらいしか使わないけど、アメリカでは例えば、クレジットカードを使う時でも要求されることがある。 だから大抵いつも持ってます。

|

« これこそマルチタスク! Zephyr | トップページ | iPhoneのシャッター音をアプリなしで消す »

コメント

遅レス済みません。
私はカリフォルニア北部ですが、日本風と書いた意味は、専用箱庭コース付教習所と専用教習車のことです。単に横に乗ってくれるというのと、専用車で習うのは全く次元が違うと思います。

ちなみに以前はロンドンに住んでましたが、NZのLearnerシステムはイギリスでも一緒でした。restrictedとfullがあったのかどうかは知りませんが。私は日本の免許からの切り替えだったので。

投稿: かなら | 2012年2月20日 (月) 20時20分

かならさん
どうもありがとうございます。日本風というのがよく分からないですが、私の知っている自動車学校は、学科30時間、敷地内訓練20時間、路上5時間…というようなカリキュラムでした。敷地訓練は大抵は高校や教会の駐車場をアレンジしてコースを作ってます。平日は学校があるので3時以降とか、土曜日とかにやってました。USではこういう車校が一般的なものだと思ってます。もちろん、学科だけという受け方もできるので、そういう人も多いですね。

金の亡者さん
どうもご無沙汰しております。NZもUSと似ていますね。私の場所では6ヶ月もの縛りはないですが、これも州によって異なると思います。MI州ではティーン(16〜18才)の免許は縦型で、ひとめでわかるようになっています。これは日本の若葉マークみたいなものです。但し免許見せるまではわかりませんが、意識的にNEWBIEだ、というのを認識させる効果はあると思います。

投稿: Kelly | 2012年2月 8日 (水) 12時29分

いつもお世話になっております。
私は今NZに住んでいますが、こっちでの免許取得のシステムはアメリカのそれと似ていますね。
こちはらはLerner、Restricted、Fullと3段階に分かれています。

筆記試験だけでLerner免許を取得でき、公道で運転はできるものの、助手席にFull免許保持者がいないとダメ。
Lernerを取ってから6ヶ月後に実技試験を受けることでRestrictedを取得でき、Restrictedでは一人で運転できるものの、家族以外を車に乗せる場合と、深夜の運転にはFull免許保持者が必要。
で、さらに18ヶ月後に実技試験を受けてやっと晴れてFull免許になるわけです。

で、お金を払って教習を受けると最後のRestrictedからFullまで18ヶ月待つところが12ヶ月に短縮にされます。ですが、基本的に急いでFull免許が必要な人以外は教習を受けないんですよね。
普通は親が子に教える形となります。Restictedまで取れば自分で運転できるので、あとは習うより慣れろっていう感じでしょうかね。

教習を受けないで全ての試験を一発パスすると出費は日本円にして5万くらいでしょうか。日本でウン十万円払うのがばかばかしいですね。日本に帰ればそのまま日本の免許に切り替えられますし。

私もこちらで3ステップを経てFull免許を取得しましたが、やはり自分で運転してみて慣れていったほうが確実に運転技術は身に付きますよね。
日本みたいに2週間程度の合宿で身に付いた付け焼き刃の技術でいきなり免許取得するよりは安全だと思います。

やはりこちらでもHandyな身分証ですので肌身離さず持ち歩いています。

投稿: 金の亡者 | 2012年2月 6日 (月) 20時45分

日本風の教習所はないとおもいますが。むしろKellyさんの説明のほうが誤解を招くかと思います。

投稿: かなら | 2012年2月 6日 (月) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/53920774

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカにだって教習所はある:

« これこそマルチタスク! Zephyr | トップページ | iPhoneのシャッター音をアプリなしで消す »