« iPhoneのシャッター音をアプリなしで消す | トップページ | iPhone4SをSIMフリーにするアダプターが発売になる »

2012年2月10日 (金)

そろそろバレンタインデーなわけなんですが

この時期になると、殿方も女の子も、チョコが貰えるとかあげるとか義理だ人情だ情けだおまけだ…と気持ち穏やかでないような感じになるのですが、ここ数年はバレンタインデー関連のCMすらなかったのに、今年はそれなりに目立つような気がします。 そんな中で気になったのは、「絆」とかいう漢字使った謳い文句。 日本人の多くはこの漢字1文字で、おそらく震災を連想する人が多いと思いますが、いよいよこんな宣伝まで使うようになっちゃったか、と思っていたら、同じような事考えていた人もいるようで…。

今日なにげに読んだ日経のウェブ記事で、似たような事が書いてありました。

「女子」はもう、チョコレートを配らない

内容も面白いので、読んでみるといいと思います。 この中で私がたしかにそうだな、と感じたのは、

「…ジャストミートなバレンタイン情報ではない。バレンタインデーに向けて「女子力」を高めるという設定で書かれた記事だ。

 具体的に申し上げると、『最近の女性誌は来るところまで来ていて、「女度アップ」のために「粘液力」をチェックせよ! みたいな最終局面に到達しているぞ』というご報告のツイートが届いたのである。

 粘液力?
 なんだそりゃ…と思った人は、「粘液力」「フランス女性」あたりをキーワードに検索してみてほしい。たぶん該当の記事にぶつかると思う。
 ……記事について、あえて感想は述べない。ただ静かに絶句しておく。

というくだりです。 最近は(バレンタインデーのための)女子力アッブ、とかいう内容の記事が多いと私は感じてます。 確かに時節柄そうなのかもしれないけど、何かしらにつけて「女子力」という言葉を使うのはもう、いい加減やめません ? と私も言いたい。

この記事によれば、どうやらすでに「女子力」という言葉は古いらしく、そのためかさらに「粘液力」などという意味不明の言葉をはやらせようという魂胆が見え隠れする、という感じがします。 ただでさえ、訳のわからない「女子力」なんて言葉も嫌なのに、それを上回る破壊力?を持つ「粘液力」なんて言葉を流行らそうとする。 こんな雑誌業界のトレンド作りには辟易とするんですけどね(笑)。

さらにこの記事では、こんな言葉を書くのはオッサンかと思ったら実はきちんとした女性であって、だけどそういう雑誌作りに携わっていると女性もオッサン化してくる、だから結局オッサンの書いたような記事になってしまう…というような解説をしてますが、これにはまさに私も同感、と感じました。

前述の「女子力」だって、使い出した人はたしか…(自粛)。 彼女はオッサンではないけど考え方がオッサンちっくな方だったような気がしますから、そういう意味では納得かも。

キャッチーな言葉だから、巷のそれこそ「女子」にも受け入れられてしまったかも知れないけど、いつまでも「女子力」なーんて言ってるのは間違いなくオッサンだけになっちゃってるんじゃないかと思ってます。

いつも思う事ですが、日本人女性はそれだけで世界からみたらとっても素晴らしい女性のブランドなんです。 相手の事を敬うことや、気配りの良さは絶対、世界一です。 フランス人が粘液力かなんだか知らないけど、そんな作り上げられた見えない仮想目標相手に見栄っ張りや気を張らなくても十分、魅力的なんです。

そんなわけですから、無理にオッサンちっくな考えに基づく「女子力」なんて上げる必要ないと思います。 「力」などと言っているのではなく、もっと日本人女性としての静かな魅力を磨くほうが大切ではないかしら。
どんな気丈な、剛健な殿方でも、家庭の中ではどこかに安らぎを求めていたりします。 それを与えてさし上げる事ができれば、女としての魅力は十分ではないでしょうか。 そんな女性に対して昔から殿方は、「内助の功」という言葉で感謝してくれていますね。

それからツイッターでもつぶやきましたが、震災のお陰で「絆」が見直され、結婚機運が高まった…とか結婚率があがった…とか、以前まことしやかにいわれていたようですが、フタを開けてみたら去年の結婚数は史上最低だったそうで。 確かに震災後は婚約指輪の販売とか、結婚相談所の登録数が増えたようですが、どうやらそれらが結婚自体に結びついているわけではないようです。 もともと適齢期の男女の数はどんどん減少しているので、結婚数が減るのは当たり前で、増加するわけがないのです。 こんな噂が飛び交ったのは、結婚数低下にあえぐ結婚関連ビジネスがここぞとばかり、世間を煽って売上増加に結びつけようとした…、そんな気がします。 それにここ数年「女子力」と同様に聞かれる「婚活」も、早い話が業界が作り上げたトレンドで、少しでも結婚率を上げて儲けを増やしたいという事に他ならないように思います。

業界や雑誌が作り出した、利益のための言葉に左右されないように。 そんな上っ面だけの言葉トレンドで生きていこうとしても、パナソニックのように青息吐息に成りかねません。

(バナは悪いメーカではないけど、「ファジィ」とか「ニューロ」とか「ナノケア」とかとか…耳あたりの良いキャッチフレーズばかり作って消費者、特に主婦層に「なんかわからないけど凄そう」というイメージだけ植えつける戦略が嫌いなのです。)

|

« iPhoneのシャッター音をアプリなしで消す | トップページ | iPhone4SをSIMフリーにするアダプターが発売になる »

コメント

ばれんたいん は、チョコレート業界。
恵方巻 は、海苔業界とコンビニ。

どっかの都合で、無理矢理買わされる、のは、いーかげんにして欲しいですよね…。

投稿: あやつき | 2012年2月14日 (火) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/53949864

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろバレンタインデーなわけなんですが:

« iPhoneのシャッター音をアプリなしで消す | トップページ | iPhone4SをSIMフリーにするアダプターが発売になる »