« iOS5.0.1でのアンロック(SIMフリー)の話 | トップページ | iPhone4S Jailbreak! »

2012年1月19日 (木)

iPhone3Gに最新のiOS5をインストールする

Whited00rforios5

iPhone3Gはスペックの制約から、iOS4までしかインストールできない。しかし、それらの旧モデルにもiOS5のインストールを可能にする、WhiteD00r5.1を紹介します。

もっと言うと、このWhiteD00rは初代iPhone、iPod touch1G、2Gも含めてiOS5のインストールを可能にします。
但し、これはiOS5そのものではなく、iOS3のファームからiOS風のルックスと、iSO5対応アプリでもインスト可能にするようにされたカスタムファームなので、純正のiOS5とは動作が違う部分があります。 例えば、カメラはビデオ機能はありません。 (但し、Cycorderというビデオ機能を補完するアプリがインストールされています。)
また、もちろんJailbreakも同時に行い、Cydiaをインストールしてくれます。

やり方はとても簡単です。 専用に用意されているipswをiTunesを使って、iPhone復元の時にインストールしてあげるだけ。 普通の復元作業と殆ど変わりません。 リカバリーモードにも、DFUモードにも入れる必要はありません!
PwnageTool使ってる人なら楽勝〜♪ですね。 では早速レッツゴー。

WhiteD00r 5.1のipswは以下のリンクからどうぞ。

iPod Touch WhiteD00r download Link

  1. iPod Touch 1G WD5.1
  2. iPod Touch 2G WD5.1

iPhone WhiteD00r download Links

  1. iPhone 2G Normal 5.1
  2. iPhone 2G Unlocker 5.1
  3. iPhone 3G Normal 5.1
  4. iPhone 3G Unlocker 5.1

iPhoneの場合、純正のSIMフリー或いは、通常のiPhoneの場合は「normal」と書かれたリンクを使って下さい。
もし、あなたのiPhoneが、ultrasn0wでSIMフリーにしているiPhoneの場合は、「Unlocker」と書かれたリンクを使うこと。
次に、iTunesから復元する際に、Windowsの場合はShiftキーを押しながら、Macの場合はoptionキーを押しながら復元ボタンを押して下さい。 ファイル選択画面になりますから、ダウンロードしたipswを選択して、復元して下さい。
あとは放置プレイで、勝手にiPhoneが最新のiOS5.1になって再起動してくれます。

一つ注意する事は、このWhiteD00r5.1、内部的にはiOS3.1.3として認識されているため、iTunesで復元した時に、バックアップから復元しようとすると、OSバージョンが古すぎてできません、とエラーを返してしまいます。 そのため、iPhoneの内部データが無くなっても良いように、写真やアドレス等を、大切なデータ別に保存しておく必要があります。 現役で使ってるiPhone3G等を使う場合、気をつけてください。 新規のiPhoneとして登録したあと、手動で曲やアプリ、アドレスを同期してあげてください。

ところで、気になるのは、そんな旧モデルにiOS5の機能をインストールしたら激遅にならないか? という事。

私も手持ちの3Gにインストールしてみましたが、普通のiOS4に比較しても殆ど反応速度については変わりがないように思いました。 確かに4Sと比べてしまうと遅いですが、それは仕方ない話ですからね(笑)。

下は、YouTubeにアップロードされている、公式の比較ビデオです。WhiteD00r5.1により、iOS5.0.1をインストールしたiPhone3Gと、iOS5の3GSの比較です。

それより、もう3世代も前の3Gが最新iOSでそれなりに使えるというのは嬉しいです。

もっとも、3Gなんて使っていた人は、すでに4ないし4Sに機種変更してしまっている人が殆どと思いますが…。

では、みなさんの成功をお祈りします。

|

« iOS5.0.1でのアンロック(SIMフリー)の話 | トップページ | iPhone4S Jailbreak! »

コメント

これはもともとiOS3ベースなので、インストールできるアプリもあれば出来ないアプリもあります。とくにA5とか、CPUに依存するようなアプリでは逆立ちしても無理です。
whited00rは現在6までバージョンがあがっていますが、基本的に内部3.1.3で動いていますので、気をつけて下さい。

投稿: Kelly | 2013年4月23日 (火) 23時59分

4.3以上のアプリは相変わらずインストールできません。
なにか方法があるのでしょうか?

投稿: oyazi | 2013年4月22日 (月) 01時00分

私も元にもどそうとしたらエラーが出て、リカバリーもエラーが出てできませんでしたので、仕方なく脱獄の手順を一からやりました。
(画面で電源OFFできなくても、手順通りにボタンを押せばDFUに入れますよ)

投稿: | 2013年3月17日 (日) 04時49分

これはLINEインストールできますか?

投稿: kyousuke | 2013年3月14日 (木) 17時14分

今は上記のリンクが途切れているようです。WhiteD00rの公式サイトから該当するファームをダウンロードしてみてください。3Gだと以下のURLです。
http://www.whited00r.com/iphone3g.php

投稿: Kelly | 2013年1月22日 (火) 01時26分

ダウンロードできません。
本当のアドレスを教えてください。リンクに移ったらiLividって言うソフトをダウンロードされました。このソフトであってるんですか?ちなみにiPhone3Gにはインストールできませんでした。宜しくお願いします。

投稿: 糞 | 2013年1月21日 (月) 16時43分

ご指摘ありがとうございます。 少し記事を修正しておきました。

投稿: Kelly | 2012年10月29日 (月) 22時08分

これ内部的にはiOS3.1.3ってありますけど、内部もくそも完全な3系ですよ。
タイトルでは「iPhone3Gに最新のiOS5をインストールする」とか書いてますけどiOS5風になるだけなので。

投稿: | 2012年10月28日 (日) 19時21分

unlockで良いのでは。WhiteD00rのバージョンは最新のものをダウンロードしてください。ここリンクはもう古いので…。

投稿: Kelly | 2012年10月 2日 (火) 02時26分

脱獄時に一緒にSIMフリーにするツールを利用したのですが
Lock Unlockどっちでしょうか

投稿: | 2012年10月 1日 (月) 21時27分

ぱっと見3Gはアプリの戻り方や、アプリの数から、iOS4以前だとわかるな

手かこれios6にもできますかね

投稿: 糞マン | 2012年9月28日 (金) 21時22分

いちど、PwnedDFUモードで復元してみてはどうでしょうか。 成功する保証はありませんが。
iREB使えばPwned DFUに簡単に移行できますので、そのあと復元作業を行います。
iREBは以下のリンクから。
http://ih8sn0w.com/index.php/welcome.snow
ただし、WIN用です。
使い方はiPhoneを繋いでiREBを起動して、自分のiPhoneの種類を選択すれば、後はDFUモードに入る要領で画面の通りのタイミングで作業すれば、Pwned DFUにはいります。
こちらのサイトも参照ください。
http://tools4hack.santalab.me/ireb_r3_pwneddfu.html
もし、すでに試していらっしゃったらごめんなさいね。

投稿: Kelly | 2012年7月27日 (金) 23時26分

iphone3g(ios3.1.3 SIM有り)でWhited00rのipswを使用しての復元が何度やっても失敗するのですが無理でしょうか?
iTuneから復元を開始し、途中で止まり、エラー1604と出ます。
なぜでしょうか?
教えて頂けたら幸いです。
よろしくお願いします。

投稿: | 2012年7月27日 (金) 10時23分

ちょっと私も対応策はわかりません。 既に色々とトライされてるとは思いますが、ダメ元でこの
CFWで復元してみてください。リカバリーモードでお願いします。
http://www.filereactor.com/xh7g373p35mp/iPhone_3G-4.2.1_5.ipsw.html

iOS5.1ベースの4.2.1です。

投稿: Kelly | 2012年5月22日 (火) 00時57分

iphone3gにios5をインストールした後、調子が悪かったので復元を試みたところ、
全く起動しなくなってしまいました。
復元(1015エラー)、DFU、TinyUmbrella、iRecovery等、Mac、Winともに試しましたが、
起動してくれません。

対処法を分かる方いましたら教えてください。
よろしくお願いします。

投稿: oka | 2012年5月19日 (土) 00時49分

「ファームウェア」というのはモデムベースバンドの事でしょうか。 ちょっと実証したわけでないですが、UnlockedのWhied00rを選ぶと、モデムベースバンドは現状維持のままになるのではないかと思います。 ですので恐らく02.11.07のままになるかと。 その状態できちんと電話として機能するかはわかりませんが…。ただ、02.11.07自体はYellowSn0wでUnlock出来ていたと思います。
それからiPadの06.15.00はGPSが動かなくなりますから、その覚悟は必要です。 やらないほうが良いかと思います。

投稿: Kelly | 2012年5月 9日 (水) 03時17分

とても興味深い記事を読ませて頂きました。

一つ質問なのですが、当方あるきっかけでiPhone3Gを手に入れたのですがiosが2.1でファームウェアが02.11.07です。

上記記事内容により5.1にした場合、内部は3.1.3とありましたがファームウェアはどう変化しますか?

あと、当方のiphone3GをSIMフリーにしようと思ったら06.15.00を入れるしか手立てがないのでしょうか?

ご教授頂けましたらうれしいです。

投稿: Hiro | 2012年5月 7日 (月) 19時50分

初代iPhoneはGSMなので、日本では電話としてそのまま使えないですからあまりSIMフリーは関係ないかも知れませんが、2GのUnlockにはBootNeuterが必要ですね。そのままではSIMフリーではないと思います。
でも2Gは過去に一度でもUnlockしてれば、ずっとそのままUnlockなのである意味便利かも。

投稿: Kelly | 2012年1月21日 (土) 11時49分

初代iphoneをハワイで購入して、箱にいれて保管していました。久々に3.1.3にアップデートしたところ、脱獄をしなくても普通に使えています。simfreeになってるかどうか分かりませんが、
どうでもいい事ですがご報告を!

投稿: vanagon | 2012年1月20日 (金) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/53775317

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone3Gに最新のiOS5をインストールする:

« iOS5.0.1でのアンロック(SIMフリー)の話 | トップページ | iPhone4S Jailbreak! »