« Tiny Umbrellaで5.0.1のSHSHを保存しておきましょう! | トップページ | iPhoneのiOS5でSIMフリーにする裏技 »

2011年11月21日 (月)

SuperCharged Power

今日はクルマの話。 興味ない人はスルーしてね。
ようやく私のクルマが戻って来ました。 色々とやってますけど、エンジン関係は一応最終目標の過給器(スーパーチャージャー)が付きました。

Scなぜ、スーパーチャージャーかというと、排気管のレイアウトが難しいのでお手軽?なスーパーチャージャーにしたというわけです。 最近、日本のチューニングカーは、ターボでなくてスーパーチャージャー装着が増えてきてますが、HKSの人に尋ねたところ、昨今のクルマはエキマニに触媒が付いているので、なかなかエキマニをモディファイするのが難しい、という事でスーパーチャージャーが主流になってきているとの事。

個人的には絶対、ターボチャージャーなんですけど、さすがにエキマニから作って…というのは大変ですし、さらに私のクルマはすでにタコ足つけてるので、それを生かしたかったというのもあります。

というわけで、HKSのキット物をあれこれとモディファイして、取り付けました。 GTスーパーチャージャーなのですが、昔からあるルーツ式ではなく、ターボのような遠心式。 今、三菱重工さんで遠心式の電動スーパーチャージャーも開発されているようですが、まだ車両搭載にはちょっと時間がかかるようですので、それまではこのような遠心式スーパーチャージャーが主流になるのでしょうね。

さて、肝心なフィーリングですが、ターボとは違って、エンジン排気量がアップしたという感じてす。 ターボだと、2000回転を超えたあたりからあのタービン音と共にトルクがぐぐぐ〜っ!と 盛り上がるんですが、スーパーチャージャーはそんな事はなく、スロットル踏んだら、踏んだだけトルクがでるというか、本当に排気量が単純に+500cc、みたいな感じです。

個人的にはつまらないです(爆)。 タービン音もしないというか、常にしゅ〜という音が聞こえていて、どうも官能的ではないんです。 確かにパワーアップは凄くて、MTでも乗りやすくなりましたけど…なんかね。

私は以前、LS460に乗ってたのですが、そのスーパーチャージャー版もドライブしたことがあります。 さすがにオリジナルで385馬力ほどもあるLSなので、スーパーチャージャーでかるく450PSオーバーですし、8速ATと相まってそれはすごい加速でした( でも昔乗っていたR32 GT-Rの方が馬力も加速も段違いでしたけど)。

確かにLSのようなクルマにはスーパーチャージャーのジェントルなパワーアップがマッチしていました。 でも、私のクルマはそんな高級車でもないし、MTなのでやっぱりドッカーンというトルクの盛り上がりが欲しいな〜、と思っちゃいます。

それから燃費はやっぱり悪くなります。常にスーパーチャージャーが回ってるから当然ですね。 仕方ないと思いますが、リッター1km以上悪くなるような…。 吹け上がりも悪くなっちゃいます。 なんかスーパーチャージャーをオン・オフとかできると良いんですけど…昔のトヨタの純正みたいに。

やっぱり、スーパーチャージャーじゃなくて、Nitroにすればよかったかな? でもあれだと、100ショットもやると普通のエンジンだとピストン棚落ちしてしまうので…。 とかいいつつ、そのうちスーパーチャージャー+Nitroになってたりして(爆)。

|

« Tiny Umbrellaで5.0.1のSHSHを保存しておきましょう! | トップページ | iPhoneのiOS5でSIMフリーにする裏技 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/53295223

この記事へのトラックバック一覧です: SuperCharged Power:

« Tiny Umbrellaで5.0.1のSHSHを保存しておきましょう! | トップページ | iPhoneのiOS5でSIMフリーにする裏技 »