« Nexus OnesとiPhoneの画面解像度比較 | トップページ | iTunes 9.1 はまだ使うな?! »

2010年3月10日 (水)

Boogie Boardが届いた

image917969151.jpgようやく、待ち焦がれたBoogie Boardが届いた。簡単に言えば、簡易電子黒板だ。電池も消去時だけなので半永久に持つ。記録は出来ないけど、メモとかお絵描きにはいい。$30なり。
というわけで記念写真。

|

« Nexus OnesとiPhoneの画面解像度比較 | トップページ | iTunes 9.1 はまだ使うな?! »

コメント

米国ではあまりそういうポータブルなWi-Fi装置は見たことが無いですね。 どこでも公衆Wi-Fiが利用可能なので、どのホットスポットサービスを利用するかだけのような気がします。 無料Wi-Fiはカフェなどでは一般的で開放されているのでそれほど困らないですが、いざ使いたいときに無料Wi-Fiが無い(例えば空港など)事がよくありますので、使用頻度と滞在場所をよく考えないと使いづらいiPhoneになってしまうと思います。 プリペイドならばコントラクトもないので、まずは使ってみてどうにも自分のスタイルに合わないようなら、正規に契約してしまう、という事になるかと思われます。

投稿: Kelly | 2010年4月 8日 (木) 22時54分

ありがとうございます
確かに前回T−MOBILEのプリペイド3Gが使えなかったと思います。
あと、MiFiなどの小型のWiFi機器っていうのはアメリカで普及しているんでしょうか?最低限の電話機能だけプリペイドで使って、他はWiFiでネットにつなぐっていうのは現実的でしょうか?質問ばっかりですいません。もし、質問する場所などを変えた方が良ければいってください。
あ、ちなみに今日本に1ヶ月滞在中で、まさにネット難民です。なんで日本はこんなにネットにつなぐのが高いんだろう・・・

投稿: KEN | 2010年4月 3日 (土) 17時14分

返事遅くてすみません。 出来るだけiPhoneでコスト下げるには、プリペイドが一番です。通常の契約が毎月、使用頻度に関わらず$70程度かかってしまうのに対して、プリペイドなら、電話しなければ月$20のMedianet料金で100Mバイト迄使えます。データ量の制約は有りますが、100M越えたらまたチャージすれば良いし、それでもまだ通常よりおとくです。但し、iPhoneのプリペイドはAT&Tは3Gでは許可して無いので、どうSIM登録するかが問題かと。すでに番号付きのSIMをebay等で買うのも手ですね。

投稿: Kelly | 2010年4月 2日 (金) 00時19分

いつも楽しく読ませてもらっています
IPHONEの記事が始まったころからお世話になっています。ところで、相談なんですが、アメリカで自分のIPHONEを使おうと思ったら、どのように使うのが一番経済的でしょうか。プリペイド?正式契約でシムカードだけ?(ってできるんですかね?)
 いよいよ本格的にアメリカ移住に向けて動いている途中なので、是非とも知恵をかしてください。あ、IPHONEは香港製の3GSです。

投稿: KEN | 2010年3月24日 (水) 21時55分

この記事へのコメントは終了しました。

« Nexus OnesとiPhoneの画面解像度比較 | トップページ | iTunes 9.1 はまだ使うな?! »