« いよいよiPhone OS 4.0の発表か? JailbreakerはSHSHをファイルしておこう | トップページ | 普通にマクドと呼ぶんだが »

2010年1月28日 (木)

iPad、デビュー!

Wireless_20100127

昨夜は眠い目をこすりながら、Appleのイベントに付き合った人も多いと思う。 私も一応、仕事しながらそれなりに実況中継のサイトを見たり、Twitter眺めたりしてiPadの発表を見ていた。心配された? iPhoneのOSバージョンアップの発表は無く、またiPad自体もある程度予測されたそのものズバリだったりして、期待が大きいだけにがっかり感満点な発表だったかも…知れない。

しかし、「iPad」という名前も、あまりに安直…ではないだろうか(笑)。 下馬評でも、これだけはない、と言われていた名前だし。 ウケ狙いと言う感じすらする。 デザインもまるで大きくしたiPhoneそのものだ。 値段だって決して安くない(Wi-Fiモデルで16Gが$499)。
iPadの詳細については、Apple USAのサイトを参照して欲しい。

世間の落胆も大きそうなiPadなのだが、あのAppleが考えに考えぬいて、満を持して出してきた製品である。 私には、きっとおそらく想像を超えた魅力があるような気がしている。 

iPadの使い方を考えると、ブラウズと写真、電子書籍にゲームなどだろうか。 たとえば、インターネットの使い方を考えてみよう。 今、あなたはこのブログをどこで見ているのだろうか? 自宅のデスクトップパソコンの前に座っている? 職場の机の上のノートパソコン? それともみかんを食べながら、こたつの上のノートパソコンから? 帰宅途中の電車の中で、iPhoneからだったりして。
…人それぞれシチュエーションは様々だが、おそらく大きなデスクトップで、パソコン机の前にきちんと座って見ているという人は、そろそろ少数派ではないだろうか。 自宅で使ってるパソコンも、ノートパソコンだったりとかではないだろうか。  つまり、インターネットがどんどん、手軽に身近になってきている今、それを見るパソコンも身近で手軽なタイプのモノが使いやすく感じられて来てるのではないか。 iPhoneを使い出した人は、ひょっとするとインターネットはもうiPhoneだけで済ましている、という人もいると思う。 つまり今時のインターネットは、手軽、ラクチンさが重要なのだ。

事実、私もこのブログは仕事場のデスクトップパソコンではなく、リビングのテーブルにネットブックを持ってきて、それで書いている。 たまにテレビの前にそのまま移動して、ニュース見ながら書く、なんてながら族な事もしている。 ちょっと前はMacBookAirを使っていたが、あの大きさすら面倒に感じることがある。 しかもこれらのノートはスリープしておけば、いつでもすぐ立ち上がってブラウズの続きができる。 とにかくラクチンなのだ。

そんなわけで、一度、手軽なインターネット環境を覚えるとなかなかデカいデスクトップを立ち上げようという気にならないはずだ。 片手のiPhoneでも事足りてしまうのなら、パソコンなんて、まず立ち上げる事すら面倒だ。 でもここで考えて欲しい。 iPhoneではさすがにつらい場面もある。 画面の大きさもキーの打ちにくさも…(もっともブラウズするだけならキーはあまり必要ないが)

そこでiPadである。 あの画面の大きさは、ネットブック程度だが、iPhoneでみづらいサイトも一目瞭然だ。 どこにでも運べて、すぐにブラウズできる。 こりゃあラクチンに違いない!

60622181

私も手元のHP Mini1035で仮想iPadをシミュレートしてみた。 イメージしているのと、実際に使ってみるのではかなり違う場合があるからだ。
結論から言うと、これはなかなかいい感じだ。 インターネットを見るだけならキーボードはあまり必要ない。 リンクを指でタップするのも直感的だろう。 しかもソファとかで寝そべって使うのにはバッチリだ。 縦長なのもブラウズするのにぴったりだ。
そう考えると、iPadはながら族的にインターネットを使うにめちゃくちゃ適している。 だってインターネットはもうパソコンの前に正座して使うようなものじゃなくなっているんだ。 これはこれでかなり正解な気がしてきた。

ネットで小説読んだり、2ちゃんねるの細かい文字を見たりするのにもピンチ操作で拡大自在なiPadの画面はラクチンそうだ。 そのままベッドに持ち込んで、寝る前にちょっとブラウズしたり、いや、TV&バッテリー持っている人はテレビも軽く見ることができるかも知れない。 しかもiPhoneの星の数程もあるアプリが使い放題だ。 あのデカイ画面を利用した独創的なアプリも登場するかも知れない。 そう思うと、あっと驚くような使い勝手を発見できそうな、そんな期待がしてくる。 ネットブックよりも身近に、ラクチンに使えるパソコン…いや、もうパソコンというか情報端末と言うか、もはやうまい言葉が見つからない。 iPadはiPadなのだ。

日本では3G通信をどのキャリアがゲットするのか、とても興味あるところだが、普通に考えるとiPhoneを扱うソフトバンクが有利に思える。 もし、ソフトバンクが扱うことになれば、もっとインフラの充実を叫ばれるのは必至だが。
iPadのUSでも3G通信は月々$15程度(250MB/月で14.99ドル、無制限で29.99ドル)らしいので、同様な金額で提供出来るのかわからないが、個人的には外に持ち出してまで使うかというと微妙な気がする。 とはいえ、Wi-Fiの充実していない日本だからこそ、逆に必要なのかも知れない。

いずれにしても、使い出したら意外にすごい、というか面白い、ラクチン端末になりそうな予感がする。 早く実物を触ってみたいものだ。 衝動買いしそうな自分が怖いが、とりあえず今から節約生活に入ろうと思う。 Nexus Oneより安いんだから。

|

« いよいよiPhone OS 4.0の発表か? JailbreakerはSHSHをファイルしておこう | トップページ | 普通にマクドと呼ぶんだが »

コメント

アンチ“単なる動くだけFlash”派としては、しょーもないFlashは見えなくて、ヨシ。ゲームなら、まぁ、Facebookアプリが動くと、ちょっとだけ使えるかな、ぐらいで…。

iPhoto的な画像アルバムの操作が、とても楽しそうな会場レビューを見て、10万近くでもいいかな、と少し思いました。

まぁ、ただ、初代MacBook Airユーザとしては、次期Airが出るのを待って、買い替えるか? という検討もあり、考えるところです。

少なくとも、iPhoneGSMを入手して以来、メールを読むのはiPhoneオンリーとなっているので、メール専用にするには、最適なのはiPadだと、確信しています。
あとは、iWorkの、Mac版との連携とか、編集の具合あたりを、具体的に見られれば、32GB版あたりで、容量を妥協して使うような気がしていますw

投稿: あやつき | 2010年1月28日 (木) 17時49分

僕もお邪魔して感想を少しばかり。

iPadは必要なウェブやコンテンツだけ場所を選ばずに取り出せる点では最高のデバイスだと感じました。

ただ、デモを見た限りまだFlashに対応していないようだったので今後のアップデートでiPhoneと一緒に対応してもらいたいと思いました。

動作はビデオを見た感じではサクサクというより、いろんなメディアが紹介していたように本当にヌルヌル(細かいアニメーションがすごい)動いてるように見せるところはさすがという印象で、これがあるからApple製品が他の製品と差別化を図る事が出来き、かつ魅力的である理由だと思いました。

よって、僕もKellyさんと同意で、この時勢インターネットやウェブコンテンツでパソコンの用事を済ます人や家庭では一家に一台あれば便利な代物である事には間違いないと思います。

瞬時に起動できること、ウェブ閲覧やメール送受信、写真、映画、音楽そして読書。これらに特化したiPadはデジタルエンターテインメントの方向性を変えていくと思います。

ただ僕自身としては今回は購入は見送ると思います。
それはiPhoneとの棲み分けが難しい点(iPhoneは実際画面は小さいけれどiPadで出来る事がほとんど出来ますし)でiPadにあまり必要性を感じないからです。

よって今回はiPhone発表時のような真新しさは感じられず(ほとんどがiPhoneの技術)ちょっとがっかりしています。

あとスペック的にもずば抜けているようではないですし、まだ実際に触ってみないと分かりませんが、現時点では特に魅力的な点を感じません。

プレゼンでもジョブスの言ったようにMacとiPhoneの中間の存在であると言っていましたが、今後これらとどのように明確な差別化を図っていくのかによっては購入を考えたいと思いました。

投稿: kuri | 2010年1月28日 (木) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/47410815

この記事へのトラックバック一覧です: iPad、デビュー!:

« いよいよiPhone OS 4.0の発表か? JailbreakerはSHSHをファイルしておこう | トップページ | 普通にマクドと呼ぶんだが »