« ファームウェア 2.2.1アップデータ | トップページ | YellowSn0w 0.9.8 »

2009年1月31日 (土)

2.2.1ファームの注意事項

忙しくてなかなかブログが更新できてないが、すでに2.2.1もJailbreakできるようだ。 PwnageTool2.2.5を使って作業すればよい。 とりあえず注意事項だけリストアップしておく。

2.2.1はモデムベースバンドを書き換える。 これがどういう意味かはもう言うまでもないが、そのままiTunesからアップデートしてしまうと、YellowSn0wをつかってSIMフリーにはできなくなるという事だ。

だから、SIMフリーのままにしておきたい人は、iTunesやQuickPwnで2.2.1にアップデートしてしまわないこと。(QuickPwnもそのまま2.2.1のベースバンドに変更してしまうので、使ってはいけない)

SIMフリーのままで2.2.1を使いたい場合手順としては、

1. PwnageToolでファーム2.2.1を使ってカスタムファームを作成する。 そのときにモデムベースバンドは変更しない事

2. iPhoneをDFUモードにしたのち、作成したカスタムファームを使用して、iTunesでリストア

3. CydiaからYellowSn0w 0.9.7をインストールし、SIMフリー化を行う。
 (YellowSn0w 0.9.7はファーム2.2.1のiPhoneで、モデムベースバンドが旧(02.28.00)用なので注意する事)

それから、MacのOS X10.5.6では、DFUモードをうまく認識してくれず、エラーが発生してしまう。
前にも回避方法を書いたが、Devチームによるもっと判りやすい方法があるので、そちらも紹介しておく。

簡単に書くと、USBのIO機能だけを10.5.5相当にしてしまうというものだ。
まず、ADC(Apple Developer Connection)のサイトからディスクイメージをダウンロードする。
これにはADCのアカウントが必要になる。 が、簡単に取得できる。 以下のサイトから登録する。
http://developer.apple.com/mac/

"IOUSBFamily-315.4-log.dmg” for Mac OS X 10.5.5 Build 9F33”ディスクイメージをダウンロードする。

USB接続機器をMacから外しておく。 基本的にキーボードとマウスだけにしておく。

IOUSBFamily-315.4.1.pkg をディスクイメージからインストール。

システムを再起動

ここで、PwnageToolでの作業を行う(DFUモードでも認識してくれるはず)

“IOUSBFamily-327.4.0-log.dmg” for Mac OS X 10.5.6 Build 9G55”ディスクイメージをダウンロード

ディスクイメージからIOUSBFamily-327.4.0.pkgをインストール
(これで元の10.5.6のシステムに戻る)

システムを再起動


[以下はダウンロードのリンク先]

最新のMac用PwnageTool2.2.5のダウンロードは、以下の非公式リンクから行える。
http://iphone-dev.fgv6.net/PwnageTool_2.2.5.dmg
http://iphone.schwarzmetall.cn/PwnageTool_2.2.5.dmg
http://rabstalk.bplaced.net/mirrors/PwnageTool_2.2.5.dmg
http://jmcoon.net/PwnageTool_2.2.5.dmg
http://downloads2.ipod.backshot.eu/PwnageTool_2.2.5.dmg
http://www.iphone-storage.de/PwnageTool_2.2.5.dmg
http://miphone.ca/iphone-dev/PwnageTool_2.2.5.dmg

または、Devチームの公式Bittorrentを利用してダウンロードすると安心だ。


参考までに、Mac用のQuickPwnのリンクは以下。
http://iphone-dev.fgv6.net/QuickPwn_2.2.5.dmg
http://iphone.schwarzmetall.cn/QuickPwn_2.2.5.dmg
http://rabstalk.bplaced.net/mirrors/QuickPwn_2.2.5.dmg
http://jmcoon.net/QuickPwn_2.2.5.dmg
http://www.iphone-storage.de/QuickPwn_2.2.5.dmg
http://downloads2.ipod.backshot.eu/QuickPwn_2.2.5.dmg
http://miphone.ca/iphone-dev/QuickPwn_2.2.5.dmg

|

« ファームウェア 2.2.1アップデータ | トップページ | YellowSn0w 0.9.8 »

コメント

どうも報告ありがとうございます。 モデムベースバンドが変わらないということは、SIMフリーがそのまま継続されることになりますから、楽でいいですね。 私も2Gの方は、一台が1.1.4、もうひとつは2.0でとまってますので、そろそろアップデートしてみようかと思ってます。 

投稿: Kelly | 2009年2月26日 (木) 13時21分

Kellyさん、お久しぶりです。

私も2GiPhoneユーザーですが、2.0にUpgaradeして依頼、しばらくは放置状態でした。久しぶりにUpgrade(2.2.1)してみようと思い、そのままiTuneで2.2.1で復元を行い、その後にQwickPwnであっさり利用可となりました。
SIMのUnlock状態もそのままで何も問題なしです。
Modem Fiemwareも 04.05.04_G のままですよ。

感想としては、2.0よりも格段に安定しているし動作速度も速くなった感じがします。特に日本語入力が良くなりましたね。。

投稿: Ryu | 2009年2月22日 (日) 23時50分

2Gでは2.2.1にアップしてもモデムベースバンドは変わらない、という話を聞きますが、検証してないのでわかりません。 ただ、2Gの場合はブートローダを自在に変更できますので、たとえモデムベースバンドが変わってもUnlockはできます。 2.2.1のレストア後にQwickPwnかPwnageToolの最新版使ってUnlockする、という作業になります。

投稿: Kelly | 2009年2月 9日 (月) 14時25分

2GiPhoneユーザーです。2.2.1にアップすると2Gでもモデム部分upされるのでしょうか?モデムupされなければ普通に更新して、QuickPwnで電話使えますか?最近3G話題ばかりで少し寂しいですね、2Gユーザーには。笑

投稿: tak | 2009年2月 6日 (金) 23時42分

iTunesから、更新時に「ソフトウエアのダウンロードだけをする」という選択でいけると思います。
ダウンロード先はMacとWindowsで異なりますが、Pwnagetoolが勝手に見つけてくれると思います。
(今手元にMacがないので場所はわかりませんが)

投稿: Kelly | 2009年2月 3日 (火) 07時57分

純正のipswはどの様にダウンロードするのでしょうか?Mac&Winで・・・
ダウンロードされる先も教えてください。

投稿: yk | 2009年2月 2日 (月) 18時14分

やはりそうですか。有難うございました。

投稿: ryo | 2009年2月 2日 (月) 16時51分

ryoさん
結論から言うと残念ですが、一度アップしてしまったモデムベースバンドを元に戻す事はできません。 SIMフリーをしておきたい人は、安易なアップデートは厳禁です。

投稿: Kelly | 2009年2月 2日 (月) 00時26分

いつも拝見させてもらってます。
2.2.1にバージョンアップしてしまい、モデムベースバンド02.30.03に変わってしまいました。モデムベースバンドを02.28.00に戻す方法はありますか?

投稿: ryo | 2009年2月 1日 (日) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/43912319

この記事へのトラックバック一覧です: 2.2.1ファームの注意事項:

« ファームウェア 2.2.1アップデータ | トップページ | YellowSn0w 0.9.8 »