« Phone 3Gユーザー向けに「公衆無線LANし放題」を無償提供 | トップページ | 3G iPhoneで使える辞書アプリ「iDic」がファーム2.1に対応 »

2008年11月 7日 (金)

不安定になりがちなiPhoneをうまくつかう方法

iPhoneでSafariを使っていたり、メールを使っていたりすると突然、アプリが強制終了されてしまい、また最初から(涙)…なんて事を何度も経験している人は多いと思う。 個人的にはよくリブート(再起動)しながら使用しているのだが、この記事ではその有効性を実証してくれているようだ。
「不安定なiPhoneをなんとかする」

この記事を読むと、SafariとMailを使うだけでメモリの残りは6%しかない、という事らしい。 その状態で、フリック入力して漢字変換を続けていれば、そりゃあどこかでアプリが落ちてしまうというのもうなづける。 そもそも日本語入力を必須とするメールはiPhoneの負荷が高いと思うし…。 さらにiPod機能で音楽聞きながら…なんてことをすれば反応が遅くなるののは火を見るより明らかであろう。 でも実際、そういう使い方をしている人は多いだけに不満がつのる原因となっている。

一度アプリが使用したメモリは、ホームボタンを押してアプリを終了させた後も解放されないらしい。 こんな状態で次のアプリを起動し、さらにまた次の…なんて事を繰り返せば、いつかはiPhone全体がフリーズしてしまうというのも予想される。 やはりこういう事を防ぐ為に、一日の終わりにはiPhoneの電源を落としてやる、というのは有効だと思う。 携帯電話なんてスイッチ入れっ放しで切った事無い、という人もいるだろうけど、個人的に深夜に時差を考えない国際電話で叩き起こされたくない自分としては、かならず寝る時は電源を切る習慣なので、自然とiPhoneにはベターな使い方というわけだったのだろう。(iPhoneを目覚まし代わりにしてる人は使えないが)

余談だが、Macintoshでもたまにこういう、ソフトが動かないとか漢字変換がおかしいなどの質問があったりするが、実は電源をきらずにずっとスリープだけで使い続けていて、再起動したらあっけなく治った、という例をよく見かける。 まだまだこういうメモリ管理は完全とは言えないようなので、使わない時はパソコンはスリープでなくて電源オフにしよう。 その方が安定して使う事が出来る。 再起動をめんどくさがったおかけで、長時間掛けて書いたメールがフリーズして消えてしまった…なんて事にならないようにしたいものだ。

記事の話に戻ると、「アプリを立ち上げた状態で、中央ボタン(ホームボタン)を6秒長押しすると、完全終了させることができる」というちょっとした裏技が紹介されている。 これは私も知っていて、フリーズしたアプリを強制終了させるときになどよく使う手だ。 が、メモリまで解放してくれるというのは知らなかった。 確かにホームボタンを長押ししてアプリをシャットダウンすると、その後の動きが安定しているようにも感じる。 メールで長文を書くようなときなど、アプリの終了にこのワザを使えば少しは安心してメールを書く事が出来るかもしれない。

☆ 1日1回、応援のクリックをお願いします!
                  
  ↓ ↓ ↓
  
→  人気ブログランキング ブログパーツ

ソーシャルブックマークに追加:はてなにブックマークはてな  YahooにブックマークYahoo users LivedoorにブックマークLivedoor  del.icio.usにブックマークdel.icio.us  FC2にブックマークFC2  ニフティにブックマークニフティ   その価格OK?-楽天・アマゾン・ヤフオク・価格.COM、比較検索

|

« Phone 3Gユーザー向けに「公衆無線LANし放題」を無償提供 | トップページ | 3G iPhoneで使える辞書アプリ「iDic」がファーム2.1に対応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/43037541

この記事へのトラックバック一覧です: 不安定になりがちなiPhoneをうまくつかう方法:

« Phone 3Gユーザー向けに「公衆無線LANし放題」を無償提供 | トップページ | 3G iPhoneで使える辞書アプリ「iDic」がファーム2.1に対応 »