« Pwnage Tool 2.2.1アップデート(Macintoshi用) | トップページ | ファーム2.2 Pwn完了 »

2008年11月24日 (月)

ファーム2.2の不具合…などをすこしまとめてみる

しかし、ここ最近のアップデートはどうして金曜なんだろう? 前回の2.1の時もたしか9月の金曜だったような気がするが、おかげで土日つぶしてiPhoneと格闘している人が多いんじゃないか…と思ったりする。 まあ、それはそれで平日だと翌日の仕事に差し支えたりもするから、悪くないんだけど。 というわけではないが、絵文字やその他、2.2アップデート関係をを少しまとめてみる。

話題になっているので一番大きいのはやはり絵文字だろう。 これはキーボードの設定から「日本語」を選んで、さらに「絵文字」を設定することで使用することが出来る。 実際に使うときには例の地球儀マークをタップして切り替えるのだが、英語→絵文字→日本語と言うループになっているので、ちょっと切り替えがうざいかも知れない。

ところで、2.0時代にあった、「アドレスブックによみがなと漢字を登録しておくと、その読み方で漢字を呼び出すことが出来る」というウラワザが、今回の2.2で復活した。 これは読み方がわかりづらい(的確に漢字に変換してくれない)ような名前を登録しておくと、メールでその名前などを入力するときに候補に反映されてくるので非常に便利、というものだ。
この技のさらにウラワザで、読み方に絵文字を登録するという事もできるらしい。「はあと」と打つと「heart」が候補として上がってくる、というような使い方ができると思われる。
(しかし絵文字を使うと急に文章がおちゃらけたイメージになる…よね)

ちなみに、この絵文字はsoftbankのSIMが入っていて、なおかつi.softbank.jpのドメインからメールを打つ場合か、SMSでないと使用できない。 また、現時点ではdocomoやauとの互換性が確保されてないので、キャリアを越えた絵文字通信はできない。 これを「クソ仕様だ」とか言っている輩もいるようだが、もともと絵文字はキャリア独自に始めたものであり、互換性はなかったのを、各キャリアのサーバー内で絵文字コードをそれぞれ変換するようにしたのでようやくここ数年、キャリアを越えても絵文字が伝わるようになっただけの話だ。 わずか数年前は他キャリアに絵文字は打てない(J-Phoneの絵文字をdocomoに打ってもトーフになる)というのが常識だったのに、日本人はゼイタクになったモンだと痛感する。

話がそれたが、そういう訳で海外で他キャリアのSIMが入ったiPhoneを使っている人は、この絵文字の恩恵には預かれない。 まあそのぶん、AT&Tで使っている人は日本と違ってきちんと時計自動修正機能が働くから、と自分を慰めて欲しい。

他には、「ホームボタンを押すとアプリの表示面にかかわらず、最初の画面に戻る」という機能がある。 仮面を9面全て使い切っている人もいると思うが、ホームをワンプッシュするだけで最初の画面にジャンプしてくれるのはとても使いやすいと思う。
ちなみに下部に表示されている、ページ数を示すドットをタップしても一枚ずつ移動する。これは従来からあった機能だが、希望するページに一発でジャンプするような機能もあるといいと思う。

次に、不具合関係なんだが、「どうも電池の持ちが悪い」らしい。 これはメールのフェッチ関係を修正した、というアナウンスと密接に関係していると思われるが、今まではきちんとフェッチしてなかったというか、iPhoneがスリープしている時には作動が不安定だったのをスリープ中でもしっかりフェッチするようにしたためではないかと思われる。 そのため、フェッチ間隔を広くする(それでは意味ないが)とか、フェッチを切る(さらに無意味)ような対処をしないと今までのような電池の寿命は得られないという事になる。 ただ、まだこれは自分で検証したわけではないので、他のアプリが悪さをしている可能性もある。

他の不具合としては、Safariから保存した画像をフォトアルバムから見るときに、解像度が悪くなって写真がぼけてしまうという現象がある。 ToyCameraとかを使って、撮影したような画像は100%アウトだ。 これはiPhone内部の画像表示にバグがあり、元の画像の解像度が落ちているわけではない。 それにしてもiPhoneできちんと見られないのなら意味がないので、早急なバグフィックスが期待される。こりゃ、2.2.1が出てくるのも早そうな気がする。

それから他の話題だが、トラックバック元(iPhone Fan殿)に書かれていた情報なのだが、SIMを利用しておサイフケータイ(Felica機能)を実現させようとしている動きがあるらしい。 想像するに、iPhone専用のSIMの中にFelica受信機能を内蔵させ、専用アプリで情報のやりとりを行うというものではないだろうか。

ガラパゴス携帯と言われて孤立化を進めている日本の超先端携帯なのだが、それらにiPhoneで立ち向かうには「おサイフケータイ機能がない」、「ワンセグが見られない」、「絵文字や携帯サイトに繋がらない」…などの不満がユーザーからあったようだ。(私は不満とは感じてないけど) それの一つ一つが着実に解決されていく様は、さすがカイゼン王国ニッポンの面目躍如、という感じがする。 おそらく世界でもこれだけiPhoneに対してアグレッシブに改良を続けているのは日本だけじゃないかと思う。 それに呼応してくれているAppleも大したものだ、というか、SoftbankのiPhoneに対する情熱の入れ方はハンパではないと感じる。

どんどん進化を続けるiPhone。 ユーザーとなった人はそれを実感している人も多いだろう。 こんな携帯は今まで無かった、と。 しかも、iPhoneはみな同じではない。 持っている人のセンスがそれぞれ反映されたアプリ、用途がある。 いずれそのうち、あっと驚くようなサービス、アプリが出てくるような気がしてならない。 それを待っているというだけでも、嬉しくなる携帯だと思う。

☆ 1日1回、応援のクリックをお願いします!
                  
  ↓ ↓ ↓
  
→  人気ブログランキング ブログパーツ

ソーシャルブックマークに追加:はてなにブックマークはてな  YahooにブックマークYahoo users LivedoorにブックマークLivedoor  del.icio.usにブックマークdel.icio.us  FC2にブックマークFC2  ニフティにブックマークニフティ   その価格OK?-楽天・アマゾン・ヤフオク・価格.COM、比較検索

|

« Pwnage Tool 2.2.1アップデート(Macintoshi用) | トップページ | ファーム2.2 Pwn完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/43206383

この記事へのトラックバック一覧です: ファーム2.2の不具合…などをすこしまとめてみる:

« Pwnage Tool 2.2.1アップデート(Macintoshi用) | トップページ | ファーム2.2 Pwn完了 »