« ファームウェア2.0.1用のPwnage Tool | トップページ | iPhone 3Gの電池を長持ちさせるTip »

2008年8月10日 (日)

ファームウェア2.0.1用のWinPwn(Windows用)

Windows用のWinPwn 2.0.0.4 が登場した。 ファームウェア2.0.1のJailbreak、CydiaとInstallerのインストールに対応している。 ダウンロードはコチラから。
ちなみに、前の日記で紹介したPwnageToolは、どうやら改変されたものである可能性が高い。 iPhone Dev Teamも警告しているようなので、私もこれでJailbreakしてしまっているが、心配な向きは正規のもので再度Pwnした方が良いだろう。(前の日記のリンクは修正済み)

ところで、ダウンロード先のRapidShareの使い方をよく知らない人の為に、簡単に説明すると、 画面にメーターが2つ表示される。 左側の「Free」というボタンをおして、画面が切り替わった後にしばらく待つとダウンロードが可能になる。 まあ、お金を払ってRapidShareに登録しているユーザーは、より素早く高速にダウンロードできるというだけの話なので、そんなに気にすることは無いと思う。

私はMacのPwnageToolでいちはやくJailbreakしてしまったので、今回のWinPwnの使い心地は確認できないが、おそらく従来のバージョンと殆ど同じと思う。
これで Windowsユーザーの人もファーム2.0.1のiPhoneで自由になれる。

例によって、Softbankで正規登録している人(日本で3G iPhoneを購入して使っている人の事)はアクティベーションはチェックしてはいけない。 このチェックボタンは正規登録していないiPhoneをアクティベーションする為のものであり、正規登録してあればiTunesが自動的にiPhoneをアクティベーションしてくれるので、チェックする必要はない。 もし間違えてチェックしてしまうと、電話として使用できなくなるので注意して欲しい。

☆ 1日1回、応援のクリックをお願いします!
                  
  ↓ ↓ ↓
  
→  人気ブログランキング ブログパーツ

ソーシャルブックマークに追加:はてなにブックマークはてな  YahooにブックマークYahoo users LivedoorにブックマークLivedoor  del.icio.usにブックマークdel.icio.us  FC2にブックマークFC2  ニフティにブックマークニフティ   その価格OK?-楽天・アマゾン・ヤフオク・価格.COM、比較検索

|

« ファームウェア2.0.1用のPwnage Tool | トップページ | iPhone 3Gの電池を長持ちさせるTip »

コメント

WinPwn 2.0.0.3を使って、うっかりVer-Upし固まったi-Phone2Gを復帰させましたが、どうもパケット通信ができなくなってるようです。モデムの入れ替えの話がありましたがそのせいでしょうか?お教えいただければ幸いです。

投稿: Yamazaki | 2008年9月29日 (月) 20時22分

じゃすまんさん
残念ながらファーム2.0(つまり3G iPhone)ではiDicは動きません。 作者が現在、最新ファームに対応したiDicを作成中とのことです。 完成したらAppStoreで配布する事も考えているようですので、また情報がありましたら私の日記でも紹介していく予定です。

投稿: Kelly | 2008年8月16日 (土) 21時46分

こんにちは。いつも拝見させていただいています。更新が楽しみです。
ところで、先日、3G iPhoneを購入し、ファームウェア2.0.1用のWinPwnnにてJailbreakに成功しましたが、「iPhoneで使える辞書アプリ」が起動できません。iDicのアイコンは表示されているのですが、起動すると、1,2秒でiPhoneの「ホーム」画面に戻ってしまいます。
ファームウェア2.0.1には対応していないのでしょうか?
「iDicで使用する辞書(EPWING形式)を、iPhoneの/private/var/root/Mediaのディレクトリの中に「Dic」というディレクトリを作り、コピーする。」とありましたので、
dicディレクトリ内にEpwing形式PDD百科辞書CATALOGSとPDHフォルダをおいています。
ファイルの置き方が間違っていますでしょうか?


投稿: じゃすまん | 2008年8月16日 (土) 11時03分

成功しました。
ありがとうございます。

投稿: takeshi | 2008年8月16日 (土) 02時59分

こんにちは。いつも拝見させていただいています。更新が楽しみです。
ところで、先日、3G iPhoneを購入し、ファームウェア2.0.1用のWinPwnnにてJailbreakに成功しましたが、「iPhoneで使える辞書アプリ」が起動できません。iDicのアイコンは表示されているのですが、起動すると、1,2秒でiPhoneの「ホーム」画面に戻ってしまいます。
ファームウェア2.0.1には対応していないのでしょうか?
「iDicで使用する辞書(EPWING形式)を、iPhoneの/private/var/root/Mediaのディレクトリの中に「Dic」というディレクトリを作り、コピーする。」とありましたので、
dicディレクトリ内にEpwing形式PDD百科辞書CATALOGSとPDHフォルダをおいています。
ファイルの置き方が間違っていますでしょうか?

投稿: | 2008年8月15日 (金) 23時07分

バージョンアップでレンガ化してしまった2GのPwnをなんとか完了し、契約なしなのでiPod2Gが復元。
2GへのPwnはBLのダウンロードとか2G専用ファームの入手とかそれに沿った設定とか3Gよりも面倒でしたがなんとか完了です。

Error 1600: On OSX, try mkdir ~/Library/iTunes/”Device Support”. If that directory is already there, try removing any files in it. という説明がBigBoss's Guideに書かれていましたが、私はMacを使っていないのでよくわかりません。

投稿: ぐーす | 2008年8月15日 (金) 14時26分

こんにちは。いつもは拝見させていただいています。
前回、本ブログのWinPwn 2.0.0.3を使ってくJailbreakして、フォーム2.0。そして、フォーム2.0.1のほうが使い勝手がよいとのことで、Itunesからフォーム2.0.1をダウンロードして、早速WinPwn 2.0.0.4(Windows用)をインストールしました。
でも、そこからどのように進めていけばいいのか分かりません。。すいません、きっと変な質問だと思うんですけど、、お願いします。。

投稿: takeshi | 2008年8月15日 (金) 04時19分

こんにちは。ココとは別のリンクでDLしたWinPwn 2.0.0.4でSB iphone3Gでうまくいきました。2.0.0.3では362kbのカスタムipswしか作れなくて(以前同じ症状の方がいらっしゃいましたが)苦い思いをしましたが今回はすんなり行ってしまいました。ver2.5の予告が出ていますがこちらも楽しみです。GSMの方はまだ1.1.4で置き去りですがいつか試したいと思います。

投稿: vellum | 2008年8月11日 (月) 07時48分

もし回答できるのでしたらお願いします。
将来、3Gを通常の銀色SIMで利用しようと考えてる場合は
「アクティベーションはチェックしてPwnする」で電話機能保持の状態でしょうか
不可逆性はあるのでしょうか

投稿: von | 2008年8月11日 (月) 06時14分

おはようございます
脱獄を試みたのですが、
不明なエラー1600と出て脱獄できません
なにか打開作があればご教授お願いいたします。
手順はあってるとおもいます。


投稿: 3g | 2008年8月10日 (日) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/42132753

この記事へのトラックバック一覧です: ファームウェア2.0.1用のWinPwn(Windows用):

« ファームウェア2.0.1用のPwnage Tool | トップページ | iPhone 3Gの電池を長持ちさせるTip »