« アドエスが進化 | トップページ | 厚くなる? 3G iPhone »

2008年5月29日 (木)

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

邦題はこうだけど、本当は「インディアナ・ジョーンズ」という呼び方になっているんですよね。
というわけでこの映画見てきたので、感想を書いてみることにします。 ちなみにこれ読むと殆ど映画を見てしまったようなくらいに詳しく書いてますから、期待して映画を見たい人は読まないほうが良いかもしれません。 でも、観てからちょっとがっかりしたくない人は、読むと良いかもしれません…。

クリスタル・スカルって骸骨、それもクリスタルでできたものの事です。 すでにディズニーシーのアトラクションでもあるんだけど、これは原作のストーリーのひとつで、宇宙人が登場するものなんですよね。
だから、そのクリスタルスカルの形が、見慣れた後頭部のでかい、エイリアンのそれそのものなんです。
エイリアンの頭蓋骨だから、仕方ないけど…それにしてもまんま、ではねぇ。 というか、インディにエイリアンって(爆)。

安直なんです が、映画自体の迫力はともかく、今までの3部作と比較するとストーリー的には落ちると思います。

さて、場面はアリゾナの軍用施設に行くところから始まります。 ここにエイリアンのクリスタルスカルというか、死体が保存されていて、なぜかすでにつかまっているインディにロシアの悪党がそれを探させるシーンからスタートします。
実は、このスカルを元あった場所に戻すと、とんでもないパワーが与えられるという事で、ロシア(ソビエト)の悪者連中がジョーンズ博士(インディ)達を利用して 元の場所を探させ、そしてパワーをよみがえらす…というのがあらすじです。

スカルは強力な磁場を持っているので、砂鉄を利用して場所をみつけます。 そしてなんやかんやでインディが逃げ出そうとするのですが、逃げた先がなんと原爆の実験場。 それは小さな住宅街を模したもので、でも人間ではなく、全てマネキン。 なんとなく不気味な感じです。 そんな中で気がつくと、「…爆発まで、あと10秒…9…8……」 これはしゃれにならない、ということでインディはとっさに家の中の冷蔵庫にもぐりこみます。 …どかーん。

というか、この爆発がものすごくリアルです。(見たこと無いけど) これで日本人なら、きっと広島の原爆を連想してしまう人も多いでしょう。 これでうきうきした気分が吹っ飛んでしまいます。

しかし、さすがに主人公バリア、冷蔵庫のまま吹っ飛んでもインディは生きてます(笑)。 被爆するんでは? と心配する人のために、ちゃんとフォローもあります(笑)。

話がちょっと飛んで…。

ストーリーの中盤で、あの「トランスフォーマー」の主人公、シァイア・ラブーフがインディの相棒(マット・ウィリアムズ役)として加わります。 これが60年代そのものの、リーゼントの不良、 ロカビリー小僧。 実は、これがなんとインディの息子だと、そのうちに判明します。

さらに今回のヒロイン役が、最初の作品の「レイダース」に出てきたカレン・アレンです(なつかしー)。 最初見た時、ああ、この人も歳を取ったなあ、そう感じました。 もっともそういう役なんですけどね。 でも、まだ酒は強そうな感じで(笑)。
しかもそれがうまい役回りになってます。 実はシァイアはインディとこのカレンとの間に出来た、息子なんです。 ストーリを進めるにつれ、「お前はちゃんと学校卒業しろ」だの、なんでこんな子供にしたのだとかいろいろ、大学の先生ならではのインディの小言が出てきます(笑)。 もっとも先生も「パートタイム」なんですけどね(笑)。

まだ結婚してなかった二人ですが、一番最後のエンディングシーンではちゃんと結婚式をあげます。

途中で悪党どもとジープ、水陸両用車で戦う、すごく迫力満点のシーンがあります。 ジープに飛び乗ったり、ぶつけたりのアクションで映画の宣伝の場面にも出てきます。インディの嫌いな蛇も登場しますし、シリーズ恒例となった、多量の虫(蟻)もでてきます。 
そのアクションの後、川を水陸両用車で進むと、どでかい滝に三度も落とされます。 ナイアガラみたいな三個めの滝のうしろに、スカルを戻すべき王宮があるのです。 そこはエイリアンのクリスタルの骸骨たくさんならんでます。  そのうちの一体だけ頭ないですが、これにスカルをもどすとパワーがよみがえる、と言うことらしい。
で、お約束どおりソ ビエト悪党がスカルを奪い取り、おきまりのパターンで「パワー」を独り占めにしようと…。
なんだか、「レイダース」とよく似た展開ですが、気にしてはいけません。 もちろん、例によって悪党が犠牲になります。

スカルを元に戻すと、たくさんあるクリスタル製のエイリアンの骸骨が合体していき、エイリアンが復活します。 で、パワー開放ってわけで、王宮が崩れて中からエイリアンのUFOが出てきて、そのままワープ(というか消える)。

で、崩れた瓦礫のあとにインディたちが残っている、ということでおしまい。 

え、それだけかよ?  という方は、映画を見てください。 それだけです(爆)。

あとは結婚式のエンディングです。 で、ハッピーエンドでおしまい。 ぱちぱちぱち。

なんかこうかくと、つまらんみたいですが、きっと迫力はすごいと思うので、見たほうが良いでしょう。これは娯楽映画ですから、ストーリーの深さとか、そういうのを追求してはだめです。 でも前作の方が良かったと思うのは、きっと私だけではないはずだと…。

ロシアの悪党の役、ケイト・ブランシェットはすごくロシアなまりの英語で演技をしてくれます。 なんとなくこれをみていると「ダイ・ハード」を思い出しますね。
アメリカの放映では、ロシア人同士の話は字幕も出ないので、何を言っているかわかりませんでしたが、日本だとちゃんと字幕出るんだと思います。

つまらなくはないけど、原爆のシーンとか、最後にUFOのシーンとか、インディにはちょっと似つかわしくない映画だと感じました。 興行成績はすばらしいようですが、内容的には今ひとつ?です。 ターミネーター3のようなコケ方しなきゃいいけど。

評価はひとそれぞれですが、個人的には、期待しすぎるとがっかりしてしまいそうだ、と言っておきましょう。

|

« アドエスが進化 | トップページ | 厚くなる? 3G iPhone »

コメント

Kellyさん、いつもblogを拝見しています。

今日からとあるイベント(WWDCではないです)でSanta Claraに来ています。先ほど、近くのAMC20でIndiana Jones 4を見てきました。う~ん、同感です。前3作は確か映画館で見たと記憶していますが、今ひとつ、しっくり来ませんでした。やはりIndyに宇宙人やらUFOはどうも...。娯楽ものとしては楽しめましたが、英語力のない私には細かなところがよくわからず。日本で封切りされたら再度「すっきり」するために見に行きます。

iPhoneですが、昨年9月にSanta Clara出張した際に購入しました。現在は日本ではiPod Touchとして、こちらに出張した際には現地携帯(T-Mobile To-Go)として活躍しています。

3G iPhoneですが、たぶん購入します。自分ではactivationできないとのことなので、早々に入手するならSoftbankで正規購入でしょうか。

投稿: Taka | 2008年6月11日 (水) 10時26分

ねえねえさん、わざわざどうもありがとうございます。 インディを観て、他の人はどう感じているのかな…と思いつつ、たどり着いたのがねえねえさんのブログでした。 原爆のシーンで「げ…」と感じるのは世界でも日本人だけかも知れませんが、それにしてもなんか、これはインディではないと思えてきたりします。「The Mummy」(ハムナプトラ)の方がまだ世界観もストーリもしっかりしてよいですね。 これもひと昔前の映画ですが…。
今回の作品の製作が発表された時に、あの3作目の後だからどんなストーリ展開なのか、すごく期待してましたが、やはり無理だったように思います。3作でとどめておくべきだったと。
また、シァィアの起用は悪くないですが、彼はどうしてもトランスフォーマーのイメージが強くて、観ている人の感覚を現代に引き戻しがちになってしまいますね。 それも少しマイナスに感じました。

それから、私の愚ログなんて趣味のiPhoneと彼女とのふんどしとかエロ話だけですから、それこそ期待なさらないで下さい(笑)。

投稿: KAZU | 2008年6月 1日 (日) 14時27分

KAZUさん、私のブログへのご訪問・書き込みをありがとうございました。

全く同感です。
全3作のDVDを自宅で観直しましたが、今作は完成度もストーリー展開も落ちますね。
ほんとにUFOが飛び立った時は、「お金…返して欲しい…」と思いました…。
謎解きが過去の作品とは比べ物にならないほどカンタンでがっかりでした。
原爆シーンも…一体何のつもりでしょうね?
ええと、あの冷蔵庫も十分まだまだ放射線帯びてる(それも超強力)ですから、インディ、被爆してるんじゃないかと。
水洗いすれば、まあかなり効果はあるらしいですけど、あの被爆量だと原爆症発症するじゃないか、ああこれで5作目はないってことになるわけか…と、映画館でひとりで考えてました。(バカ)

いやあ、インディ観ながら寝かかったのは初めてです!
なんか、切なくなりました。

え~っと、これからゆっくりKAZUさんのブログを読ませていただきます。
どうもありがとうございました。

投稿: ねえねえ | 2008年6月 1日 (日) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/41360999

この記事へのトラックバック一覧です: インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国:

« アドエスが進化 | トップページ | 厚くなる? 3G iPhone »