« ファーム1.1.4のiPhone Jailbreak~日本語化 まとめ | トップページ | バルサミコ酢、やっぱいらへんで »

2008年3月14日 (金)

こりはヒドイ>Appleではなくiorgane? 

さて、今日はホワイトデーですね。 義理チョコばかりもらっちゃった諸兄にはお返しに困っている日かも知れません。 本命からゲットした方は、またまた高価な指輪とかネックレスとかブレスレットとか、なけなしの給料はたいてこれまたキビシー日かも知れません。 …そんなことにまったく縁がない人は、私と一緒にこのブログで暇つぶしてクダサイ(涙)。
名誉のためにいっておきますが、私もお返しを送る相手くらいはいます。でも今年はもらえてないので( てか半年以上放置プレイ)、はたして…。
昔はむちゃくちゃエッチなパンティとか贈って、穿かせていたのが懐かしい…。

さて、タイトルの話ですが。
ここまでくるとあきれるのを通り越して、笑っちゃいます。 さすが中国。
知人に教えてもらったけど、こんな凄いのがまかりとおってるのか?
F1
←コレ

このスゴイ製品は、「iorgane F1」(ところで何と読むのだ?)と言う製品らしい。

Photo

しかし、それにしてもパクリすぎである。
ここまでいろいろそっくりにしてもよいものだろうか?

サイトを見ていると、なんだか本物のiPhoneに見えてしまうほどだ。

←起動画面
まったく同じ地球の写真ですが何か?










2
このiPhoneモドキは指で文字を書いたり、またiPhoneでは不可能な電池交換も簡単にできたり、しかもデュアルSIM(つまり電話番号を2つ持てる)ような中国らしい製品で、本物より機能的には上を行っている部分があるようです。

この写真で気になるのは、下の真ん中の「IP」と言う文字が…。
IP電話に掛けられるという事なんだろうか。

しかし、それにしても…ここまでマネしなくてもねぇ(笑)。








3
だれか中国の方、本物を発見したらレポート下さい。



 


☆ 1日1回、応援のクリックをお願いします!
                  
  ↓ ↓ ↓
  
→  人気ブログランキング ブログパーツ

ソーシャルブックマークに追加:はてなにブックマークはてな YahooにブックマークYahoo users LivedoorにブックマークLivedoor del.icio.usにブックマークdel.icio.us FC2にブックマークFC2  ニフティにブックマークニフティ   その価格OK?-楽天・アマゾン・ヤフオク・価格.COM、比較検索

|

« ファーム1.1.4のiPhone Jailbreak~日本語化 まとめ | トップページ | バルサミコ酢、やっぱいらへんで »

コメント

説明が苦手なので・・・

iorgane 詳細!購入可能↓

http://auction1.taobao.com/auction/item_detail-0db2-d9efb3f696efb78b9daf0059613d5750.jhtml

My Phone 詳細!購入可能↓

http://auction1.taobao.com/auction/item_detail-0db1-56115a0b3af081a6ccfc996e4145f5f5.jhtml

投稿: 通りすがり!! | 2008年3月18日 (火) 03時40分

ちなみにiorganeは日本円で約25.000~30.000-と店舗によって少額の違いもありますが、
My Phoneも同額ですが店舗によっての差額が1.000-前後の様です。
機能もほとんど変わり無いのですが、Myphoneはオプションで太陽電池も使用可能なディアルSIM同様、iphoneにも欲しいオプションが用意されています。
財布が少しでも厚くなれば・・・どちらかの購入を検討しています。
ちなみに上海からの書き込みでした!!

投稿: 通りすがり!! | 2008年3月18日 (火) 03時32分

先日、北京出張の時に、テレビ・コマーシャルを見ていたら「My Phone」というのもやってました。
思わず笑ってしまいましたが。

投稿: うっちゃん | 2008年3月15日 (土) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/40495584

この記事へのトラックバック一覧です: こりはヒドイ>Appleではなくiorgane? :

« ファーム1.1.4のiPhone Jailbreak~日本語化 まとめ | トップページ | バルサミコ酢、やっぱいらへんで »