« 墓に埋葬した携帯で死者が通話…? | トップページ | 「iPhone・iPod touch ラボ」 さんでiPhoneをプレゼント中です! »

2008年1月24日 (木)

iPhone 1.1.3ファームのJailbreak方法がついに公開

ついに1.1.3ファームのJailbreak方法が公開され、明らかになった。

(* この方法は着信音が鳴らない、iTunes Music Storeで購入した曲が聴けないなどの不具合がありますので、オススメできません。 但し最近はパッチがInstaller上で配布されているので、それを利用して修復するという手はあります。 : 2008/1/29 修正)

ただし、これは前に書いた005iphone113googlemapsoptions_mediu iPhone Devチームからの公開ではない。 AppleのSDK公開後にそれを明らかにすることで、Apple側の対策を遅らせるのが目的だったが、ここにきてそれと違う方法?が公開されてしまった。 これで正式なSDKの発表前にどうAppleが対策してくるか(或いはすでに始めているかも知れないが)が非常に気になるところだ。
ところで、もともと日本で使っているからJailbreakだけしてくれればいい、という人のためにその方法を書いておこう。 手順としては非常に簡単だ。

但しもちろん、作動の保証はない。 私もまだ検証前である。 ちなみにWindows用である。
ちなみに日本語化は今のところ出来ない様子である。

<準備>
Jailbreak済みのファームウェア1.1.1ないし、1.1.2のiPhoneで、Installer.appがすでにインストールされていること。
また、電池も充電しておいた方がよい。

<手順>
iPhoneをUSBでパソコンに接続する。

次のリンクから、iBrickr Special 1.1.3 jailbreak edition をダウンロードする。
(zipファイルを解凍すると、ibrickr.exeというファイルが解凍後に現れる)

iBrickrを起動する。 「Check my iPhone」をクリックすると、iBrickrは自動的にiPhoneのファームウェアバージョンを確認する。
条件がOKである場合、アップデートしてよいかを確認してくる。 「Do it!」を押す。

iBrickrが自動的にサイトに接続し、アップデート用のファイルをダウンロードする。 ダウンロードが完了すると、「Find 1.1.3 on Disk」と「Download it from Apple」と2つのボタンが現れる。
すでに1.1.3のファームウェアをダウンロードしてなければ、下の「Download it from Apple」のボタンを押してファームウェアのダウンロードを行う。
(ここでダウンロードしたファーム1.1.3は、ibrickr.exeのあるフォルダに保存される)

1.1.3ファームをダウンロードした後、「Do you have to ask?」のボタンが出る。
そのボタンを押して1.1.3ファームにパッチを当てる作業をする。
(ちなみに作業スペースとして1Gバイト以上のHDD空きエリアと、300Mバイト以上のiPhoneの空きエリアを必要とするらしい)

次に「Ready to go !」のボタンを押して、iPhoneに1.1.3をインストールする。 

およそ10分ほど経過すると、iBrickrが作業を終了する。 その後、Installerを使って「1.1.3 soft update」というパッケージ(アプリ)をインストールせよ、と指示が表示される。

指示に従って「1.1.3 soft update」をインストール。 およそ10分から15分程度かかる。

Installerが終了(さらに10~15分程度かかる)するとiPhoneが自動的にリスタートする。
これで1.1.3のJailbreak状態となっている。 完了。

くれぐれも自己責任で。

P.S.
作業自体はクリックするだけの簡単作業なのだが、「ちゃんと動作した」との報告有り。

トップに書いたようにまだ日本語インストールは出来ない。 また、1.1.3はSIMロック解除した状態のiPhoneをアップグレードしても、そのままSIMロックには影響ないらしい。
1.1.3の新機能のGoogleMapによる現在位置のポインティングは、残念ながらこのJailbreakではモデムBBが書き換わらないため、使用不可。
ちなみに、現在ではOTB1.1.2(購入時から1.1.2ファーム)のiPhoneでも、ハードウェアBL書き換えにより、BLをダウングレードしてSIMロック解除が可能である。
(OTB1.1.2をSIMフリーにして、1.1.3にファームアップした成功例有り)

☆ 1日1回、応援のクリックをお願いします!

  →  人気ブログランキング ブログパーツ

ソーシャルブックマークに追加:はてなにブックマークはてな  YahooにブックマークYahoo users LivedoorにブックマークLivedoor  del.icio.usにブックマークdel.icio.us  FC2にブックマークFC2  ニフティにブックマークニフティ   その価格OK?-楽天・アマゾン・ヤフオク・価格.COM、比較検索

|

« 墓に埋葬した携帯で死者が通話…? | トップページ | 「iPhone・iPod touch ラボ」 さんでiPhoneをプレゼント中です! »

コメント

vioraさんと同じ症状が出ていますね。
2チャンネルでも同じようなことが書かれてましたが。
iPodでの再生がおかしいです。
音が出ない。出る曲もあるけど、だいたい駄目。
こりゃどういうことでしょうね・・・?

投稿: うっちゃん | 2008年1月27日 (日) 10時12分

なぜか、1.1.3 soft upgrade(2.0)がインストールできない。
firmware1.1か1.2が必要と出ます。
そんなこと言われてもすでに1.1.3になってるから・・。

投稿: うっちゃん | 2008年1月27日 (日) 10時00分

Mac用のJailbreak1.1.3をやりました。
1.1.3 package makerってやつです。
簡単にできましたが、日本語入力は駄目みたい。
Asian fontsはJapaneseとChineseが出てるんですけどね・・。
その他は今のところ問題ないような感じです。
iTunesとの同期はこれから試します。

投稿: うっちゃん | 2008年1月27日 (日) 09時50分

上の方法を試してアップグレードできたんですが、
なぜか、iPod機能でiTSで購入した音楽だけが再生できない
症状が出ました。自分でリップしたのはOK。
iTunes wifi storeの試聴もできなかった。
それで、いろいろやってたら、1.1.3で未アクチ状態に・・・

投稿: viora | 2008年1月26日 (土) 07時34分

linlinさん
1.1.2OTBをSIMフリーにする為には、iPhoneを分解する必要があります。 内部の回路に手を加えて、BL部分を書き込み可能モードに切り替えて作業をするものです。手先が器用で、電子部品の分解には自信があれば、そんなに難しくないと思いますが…。
ただ、すでに1.1.3が新BLで出てきている為、SIMロック解除もソフトウェアでまもなく可能になると聞いています。

投稿: KAZU | 2008年1月26日 (土) 02時23分

こんにちは。毎日こちらをチェックしています。

>現在ではOTB1.1.2(購入時から1.1.2ファーム)のiPhoneでも、ハードウェアBL書き換えにより、BLをダウングレードしてSIMロック解除が可能である。

これってめちゃめちゃ凄いニュースじゃないですか!
製造週45週以降のiPhoneでもSIMロックフリーに出来るってことですよね?
是非そのやり方も紹介してください。
まってます!

投稿: linlin | 2008年1月25日 (金) 04時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/17828769

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone 1.1.3ファームのJailbreak方法がついに公開:

« 墓に埋葬した携帯で死者が通話…? | トップページ | 「iPhone・iPod touch ラボ」 さんでiPhoneをプレゼント中です! »