« 猫を燃やしちゃいけない | トップページ | iPhoneで動画を記録するアプリが現れた »

2007年12月12日 (水)

ハイブリット車の比較記事だが、かなり恥ずかしい。

ハイブリッド車は本当に省燃費なのか?

これ、かの名だたる日経ビジネスの記事なんだけど…、中身はあまり真剣に読んでないが(読むには日経ビジネスか知らないけど会員登録が必要…オレはしてるけど)、コメントを読んでいるだけでも面白い(笑)。

というか、中身をさらっと読んだが、ちょっと恥ずかしい部分がある。

「エスティマハイブリッドの車両重量はほぼ2トン、車両総重量では2.4トン、乗員と荷物を加えれば2.7トンにもなる。これでリッター12キロを超えたのは驚きだ。」


…バカか。
車両総重量(GVW)ってのは、車両重量(いわゆる空車)に定員乗員とガソリン、荷物等の重さを加えたものだ。 だから、総重量が2.4tなのにさらに人間積んだら2.7tにもなるなんてあり得ない。 よく勉強してらいたい。 初歩の初歩だ。 こんなのを堂々と書いてもらっては読んでいる方が恥ずかしくなる。

しかも、素人かと思ったら、そんな人間が、

「かつて私が自動車雑誌の編集長をしていた時期に、初代プリウスを編集部の足として使ったことがある。」

だそうだ。 どんな雑誌なのか、想像に難くない(笑)。
それから、他の人からのコメントにも書いてあるけど、レクサスのGS450hの10・15モード燃費とアメ車の100km/hクルーズ燃費を比較して、あまりGSはよろしくないとかのたまっているのも比較のベースが異なるのだから無理があるというものだ。 

ちと話題とは外れるが、レクサスなんて乗って、燃費を気にするのかどうとか書いている人もいるけど、オレはレクサスのLS460に乗っているから知ってるが、このクルマは実はすごく燃費が良い。
4600cc、しかも.300psオーバー、それにあのデカイ図体をしたクルマが高速(120km/h定速)では12km/l程度は走る。 もちろん速度を落とせばもっと燃費もよい。 街乗り含めても10km/l程度だ。 同じ条件で使っている日産の3.5リッター車だと、高速でも10k.m/lが関の山だし、街乗りだと8km/l台も難しい。
ただ気に入らないは、アクセル開度70%程度の所でかなりでかいクリック感があって、フルスロットルにしようとするとかなりゴリゴリと気持ちが良くない。 理由はわかってるから仕方ないが、それにしてもせっかくのドライブ・バイ・ワイヤーがもったいない気もする。 レクサスなんだけどなぁ。
もっとも普段の運転では、そこまでスロットルを開くことはまず、ない。

話がそれた(笑)。

ところで、私も雑誌記者に混じってカーメーカーの記者試乗会に参加させていただいた事もあるが、クルマ関係の記者って、どうしようもなく知識のないヤツもいる。 もっとも、評論家もそういうヤツがいたりするから、まあ当然と言えば当然だが、クルマを設計している人間からみたら、本当にこんな知識でよくメシ食っていけるもんだと妙に感心したりする事もあるようだ。 極端な例では、そのクルマがFFなのかFRなのかすらよく知らずに試乗して、トンチンカンなコメントを残したりしてくれたりする。 峠道を飛ばしてステア特性がどうこうとか言う前に、自分の知識の甘さを認識してもらいたいものだ。

|

« 猫を燃やしちゃいけない | トップページ | iPhoneで動画を記録するアプリが現れた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/17349002

この記事へのトラックバック一覧です: ハイブリット車の比較記事だが、かなり恥ずかしい。:

» 半永久的に燃費アップ! [マグチューン エボリューション]
マグチューン エボリューションの効果は燃費アップ・パワーアップ・排気ガスクリーン化・トルクアップ・レスポンスアップ・静粛性アップ・エンジン始動性アップ。 [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 18時44分

« 猫を燃やしちゃいけない | トップページ | iPhoneで動画を記録するアプリが現れた »