« iPhoneのカメラ撮影テク | トップページ | 1.1.2→1.1.1にダウングレードする手順 »

2007年11月16日 (金)

WindowsのWGA Notifications回避方法

全然iPhoneではない話題ですが…。

Microsoftは、2005年7月からWGA(Windows Genuine Advantage、つまり正規Windows推奨という違法コピーOS排除のアップデートソフト)を導入して、Windowsユーザーの認証を実施してきました。 そして、さらに最近では海外(欧米)で、 WGA Notificationsという新しいものが開始されています。 それはWindows XPの自動更新中に使用しているWindowsが正規品であるかどうかを確認し、違法コピー品ならメッセージを表示する、というものです。  それで最近、日本語版でもこの新しい認証システムが始まりました。

(間違ってヤフオクなどで)コピー品のWindows XPを買わされてしまい、やむなく使用している人もいると思いますが、自動更新が使えないのでオフにしている人も多いと思います。 今回はこの Windows Genuine Advantage を回避する方法を書いておきます。


まず、下のURLから「LegitCheckControl.dll-v1.7.017.0-Feb-2007.zip」を ダウンロードする。
http://z.la/91xrk  (リンクはしてません)
めんどうなので直リンクにしました(2008/2/9現在)。

開いているウィンドウを全て閉じ、起動しているソフトも停止させる。

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、中にあるファイルの「Instrar.bat」を実行。

このとき、エラー表示が出るが、起動時に.「C:\Windows\System32」の中に古いファイルがあるときに自動的に削除する操作をしている。 なので、初めて起動するときは必ずでるので気にしなくてよい。 

.「C:\Windows\System32」の中に全てのファイルを上書きコピーする。

パソコンを再起動。

これで、完了です。WGAの警告も出なくなり、また、Windows Updateも正常に出来るようになります。

すでにVistaが登場して久しいWindowsですが、企業をはじめ、XPの需要はまだまだ多いようですね。かくいう私もMacBookにXPをインストールして使用しています。 Vistaは重いだけで嬉しいことは何もなさそうですから…。

|

« iPhoneのカメラ撮影テク | トップページ | 1.1.2→1.1.1にダウングレードする手順 »

コメント

ない

投稿: b b | 2010年2月18日 (木) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/17097376

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsのWGA Notifications回避方法:

« iPhoneのカメラ撮影テク | トップページ | 1.1.2→1.1.1にダウングレードする手順 »