« iPhoneイギリス版はファーム1.1.2で登場か | トップページ | サードアプリの紹介サイト »

2007年11月 5日 (月)

iPhoneがもう入手困難になる?!

Appleが、iPhoneの販売制限に乗り出したようだ。

これは、すでに120万個以上のiPhoneを販売しているにもかかわらず、AT&Tの契約数がそれに伴って伸びないという事実から、転売が相次いでいる事への対策と思われる。 内容はこうだ。

・新規購入者はiPhoneを2個しか買えない
・購入はクレジットカードのみ、現金はダメ
・クレジットカードの販売履歴から、過去に2個以上購入した人は販売を拒否される

というものだ。 これは私が実際にAppleストアで確認したことだから、間違いない。 一週間ほど前にそういうニュースが報道されたが、具体的にAppleがするという事には触れてなかった。 ところが、店で確認したところ、これはAppleのポリシーで、できるだけ多くの人にiPhoneが行き渡るようにするためのものです、ということで販売制限に至った、という事だった。

ということは、今、ヤフオクなどで販売されているiPhoneも、入手しにくくなると言うことだ。
ちなみに、iPhoneが売られているのは別に日本だけじゃない。中国、さらに東南アジアなどはGSM圏内なので、すごく転売されている。 韓国でさえも売られているようだ。 もちろんブラジルやヨーロッパ、まだ正式に販売アナウンスされてない国々では引っ張りだこなのだ。
それが、かなり今後は入手しづらくなる。 ということは、きっと価格も跳ね上がることだろう。

Images1 もし、コレを見て、iPhoneをいつか手に入れたいと思っている人は、できるだけ早めに購入した方が良いかもしれない。 一つ20万以上もするiPhoneになってしまうと、ますます入手しづらいだろうから。

逆に言えば、持っている人はラッキーだったのかも知れない。

|

« iPhoneイギリス版はファーム1.1.2で登場か | トップページ | サードアプリの紹介サイト »

コメント

そうですか。
それじゃ、今のうちにもう1台eBayで買っておいた方がいいですね。
最近は$200前後で売られているようですし、今が買い得かも。

投稿: うっちゃんん | 2007年11月 6日 (火) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/16983537

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneがもう入手困難になる?!:

« iPhoneイギリス版はファーム1.1.2で登場か | トップページ | サードアプリの紹介サイト »