« たまにはiPhone以外の話題でも | トップページ | 1.1.2ファームによるバッテリー持続性改善 »

2007年11月30日 (金)

iPhoneで使える辞書アプリ

iPhoneをJailbreakしている人は、サードアプリをインストールしている人も多いと思う。 私も色々試しているが、今のところ実用で一番重宝しているのが辞書アプリである。
AppTapp installerを入れているなら、weDictというのが(Productivityカテゴリの中に)ある事を知っているだろう。 ちょっと前まではiPhone上では英語の辞書データしか用意されてなかったが、日本語の和英・英和も使えるようになった。 ちなみにこれはStardictというフリーの辞書データで、私は公開される前からiPhoneにSSHでインストールして利用していたが、これで誰でも簡単にインストールできるようになった。 

Img_9003

ちなみに私のiPhoneのSummerBoardである。(TimeMachineのテーマ使用)
下の列の左から2番目がweDictである。









Img_9016

使い方はこんな感じ(笑)。

なんかスゴイ訳だけど…。
別にオレは力士じゃないけど、フツーに下着としてふんどし締めてるぞ。







Img_9017
辞書データは複数入れて、同時に検索できる。私はlongmanの英英辞典も入れているので、このように和文と英文検索が同時に表示される。 これは結構便利である。 実際、私はは英英辞典の方がよく使うのであった…。










ところで、もう一つの辞書アプリを紹介しよう。 iDicというやつである。 一番上の写真の、上の段の左から2つめのアイコンがそれだ。

Img_9013_4
このように、入力して「Bigin」を押すと、その文字から始まる単語をリストアップしてくれる。 「End」だと、その文字で終わる単語だ。 「Exact」はその文字のみの単語をリストアップする。










Img_9014Img_9015

このように、なかなか使いやすい。 また、この辞書データはEPWING形式というやつで、普通にCD-ROM等で有名どころの辞書が発売されている。
無料のStardictではイマイチだと思っている人も、これを使えばマジモン(笑)の辞書が使えるというものだ。

ただし、このiDicはAppTapp Installerに登録されているわけではないので、自力でWinSCP等でインストールする必要がある。 iPhoneの/Applicationsというディレクトリの中にiDic.appというディレクトリで保存すれば良い。 (パーミッションは0755にしておくこと)

[インストール方法]

iDicのサイトからiDic本体をダウンロードする。

解凍してできた「iDic」「icon.png」「Info.plist」「Default.png」のファイルを、WinSCP等のFTPソフトを使ってiPhoneの中の/Applications/ のディレクトリに「iDic.app」というディレクトリを作ってコピーする。  また、このディレクトリのパーミッションを0755に設定しておく。

iDicで使用する辞書(EPWING形式)を、iPhoneの/private/var/root/Mediaのディレクトリの中に「Dic」というディレクトリを作り、コピーする。
(注意: /Applications/の中にDicを作ってコピーしないように。/Applications/は容量が少ないので辞書は入りきらない為、Mediaディレクトリにコピーする)

iPhoneを再起動すると、SpringBoardにiDicのアイコンが追加されている。

また、あのWikiペディアもEPWING形式に変えてiPhoneにインストールすることで、オフラインでもWikiが使えるという便利な状態になる。 但し結構変換作業に時間と労力を費やすので、私は今のところする予定はない。
参考までに、EPWING辞書のデータはこことかココを見てください。

電子辞書って、結構奥が深い世界ですね~。

 

ソーシャルブックマークに追加:はてなにブックマークはてな  YahooにブックマークYahoo users LivedoorにブックマークLivedoor  del.icio.usにブックマークdel.icio.us  FC2にブックマークFC2  ニフティにブックマークニフティ   その価格OK?-楽天・アマゾン・ヤフオク・価格.COM、比較検索

|

« たまにはiPhone以外の話題でも | トップページ | 1.1.2ファームによるバッテリー持続性改善 »

コメント

iDicはまだファーム2.0以降には対応してませんので、もし3G iPhoneにインストールしようとしておられるなら、それは現段階では無理です。

投稿: Kelly | 2008年9月 6日 (土) 01時43分

 貴HPを見てiDicをiphoneにインストールして見たのですが、iphoneにアイコンはあらわれるのですが、クリックすると白い画面が出てすぐ終了になってしまいます。
 バージョンを変えてインストールし直しても、辞書も何回もインストールしたり外したりといろいろアタックしているのですが、すべて同じ症状です。忙しいところ申し訳ありませんが何か示唆があったら教えてください。

投稿: mizuno_akira | 2008年9月 4日 (木) 01時35分

erieriさん
Wikiのデータは変換がうまくいかないとダメなようですが、私もトライしたわけでないので詳細はわからないです。 再インストールしても動かないというと、なんでしょうね? iDicのディレクトリのパーミッションは755になってますか?

Turboさん
gpSPhoneはシャレで入れているだけです。まだまだ実用ではないですね。 もともとマリオ系を入れてましたが、今はNESでグラディウスとかのシューティングばかりやってます。NESの方がちゃんと動くので楽しいです。

投稿: KAZU | 2007年12月 1日 (土) 00時06分

weDictで和英、英和が付いたのはほんとよかった。
海外で働いているのでなにかあったときにと
電子辞書持ち歩いてたんですがこれで一個ものが
減りましたw
でもKAZUさんのアイコン画像を見てすぐ目がいったの
はやっぱりgpSPhoneですねw
何プレーさせてるんでしょうか? 私は暇潰し用に
もじぴったんとか逆転裁判とか入れてますけど
アップデートしたら動作は重くなるわ音出すと
落ちるわで使いづらくなりました・・・。

投稿: Turbo | 2007年11月30日 (金) 11時18分

iDicわたしも入れたんですけど、Wikipediaのデータを入れたところ動作がおかしくなって、一度削除(本体もデータも)したのですが、再度インストールしても起動できなくなってしまいました…(T-T)

投稿: erieri | 2007年11月30日 (金) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/17231586

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneで使える辞書アプリ:

« たまにはiPhone以外の話題でも | トップページ | 1.1.2ファームによるバッテリー持続性改善 »