« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

1.1.2ファームによるバッテリー持続性改善

あまりメリットなさそうな1.1.2ファームですが、いろいろな情報によるとバッテリーマネジメントが改善されていて、多少電池が長持ちするようになっているらしいです。 もっとも、それ以前にいろいろなサードアプリを入れているウチに、バックグラウンド等で動いているのかわかりませんが、バッテリー消費が激しくなるケースもあるようで、そういう場合は1.1.2にアップデートする事で解消するという例もあるようです。
CPUクロックが上げてあるのはそういう事か、と妙に納得してたりします…。

但し、これは通話圏内での話ですので、圏外にある日本での使用時間が延びるかどうかは定かでないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneで使える辞書アプリ

iPhoneをJailbreakしている人は、サードアプリをインストールしている人も多いと思う。 私も色々試しているが、今のところ実用で一番重宝しているのが辞書アプリである。
AppTapp installerを入れているなら、weDictというのが(Productivityカテゴリの中に)ある事を知っているだろう。 ちょっと前まではiPhone上では英語の辞書データしか用意されてなかったが、日本語の和英・英和も使えるようになった。 ちなみにこれはStardictというフリーの辞書データで、私は公開される前からiPhoneにSSHでインストールして利用していたが、これで誰でも簡単にインストールできるようになった。 

続きを読む "iPhoneで使える辞書アプリ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

たまにはiPhone以外の話題でも

バスタオルは毎回洗うか?
このアンケートをとった結果がこういうことらしい。
なんか東京がすごいことになってます。 というか、こんなにきっちりわかれるものなの?

まあ、結果の信憑性はおいといて、寒い地方の人は、交換しなくてもおK、ということかな?
ちなみに、私は…ふんどしは毎日換えてます(笑)。 …んじゃなくて。

続きを読む "たまにはiPhone以外の話題でも"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

神の目だとか神の手だとか

最近、またはやっているらしい。 困ったものだ。
The_goatse_cloud_formation0c5
特に「神の手」は、沖縄で撮影されたという、まことしやかな話とともに、

「 太陽の光を注ぎ込んでいるような神の手には感動です。」
「鳥肌たちました!」

…などなど、多くの賛辞がよせられちゃってる。 こんな、一目でイジった画像だとわかるような写真を信じる人もまあ、仕方ないというか…。
タネ明かしの前に、「神の目」といわれているもののオリジナルはこれだ。

続きを読む "神の目だとか神の手だとか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

[追加] iPhone ファームウェア1.1.1→1.1.2アップグレード方法

昨日の日記で紹介した「iPhone ファームウェア1.1.1→1.1.2アップグレード方法」であるが、どうやら「OktoPrep」がうまく作動しない事がある(エラーを返してしまう)ようだ。 最近「OktoPrep」がバージョンを変えたようだが、それがうまく作動しないらしい。
対処法を書いておくので、うまく1.1.2でJailbreakが出来ない場合は試してみて欲しい。

続きを読む "[追加] iPhone ファームウェア1.1.1→1.1.2アップグレード方法"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

iPhone ファームウェア1.1.1→1.1.2アップグレード方法

iPhone Loversの掲示板でも、1.1.2のアップグレード報告がちらほらと出てきているので、ここらでまとめて1.1.2へのアップグレード+SIMフリー化を説明しておくことにする。 現在、まだ日本では最初から1.1.2ファームのiPhoneは入手されてない…と思うが、この方法は1.1.1または1.0.2からのアップグレード専用で、最初から1.1.2のファームが入っているiPhoneは対象外だ。 (ここのブログをよく読んでいる人は理解していると思うが、最初から1.1.2のiPhoneはブートローダが異なるのでSIMフリーは今のところ不可能)

続きを読む "iPhone ファームウェア1.1.1→1.1.2アップグレード方法"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2007年11月25日 (日)

iPhone:GmailのIMAP接続による使い勝手の向上

最近ではあるが、Googleが提供しているGmailが、IMAPに対応した。 アメリカではYahoo!が既にIMAPで対応しており、iPhoneでもYahooのアメリカのアカウント(Yahoo.com)のメールなら、そのままiPhoneのmailの設定メニューからIMAP接続による登録ができていたが、今回GMailもIMAP対応したことを受け、便利なのでそのやり方を説明することにした。 ちなみにIMAPって?

続きを読む "iPhone:GmailのIMAP接続による使い勝手の向上"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

星野奈津子がブログで不適切発言…

独り言です(笑)。
星野奈津子って子を良く知らないんだけど、どうもブログで例の香川県の家族3人が血痕残して行方不明の事件について、自分のブログで「ゼッタイ父親が怪しい」とかなんとか書いちゃったものだから、一年間の活動停止を食らった、というものらしい。  フジテレビのドラマ「1リットルの涙」なんかで出てたようだけど、一年間って結構長いよね。

続きを読む "星野奈津子がブログで不適切発言…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

Volume Up!

iPhoneの音量って小さくない? 特に電話。 iPod機能を使っている時ももっと音が大きくなればなぁ…と思っている人もいるかも知れない。
そんな人にはiPhoneの音量を全体にかさ上げしてくれるという、便利なファイルがある。

続きを読む "Volume Up!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneについて、最近思うこと

ここのブログのサイトアクセスも、最初の頃は一日20ヒットもあればすごく多い…なんて思ってたのだけど、最近は一日の訪問者の数も400人程度、ヒット数にしてみると1000はオーバーするというスゴイ事になっている。 おそらく、その多くはiPhone所有者の人たちだと思うけど、正直、iPhoneなんていうマイナー(シツレイ)な、しかも米国でないと入手できないような、しかも日本では携帯としては使えない端末の事を中心に書いたブログがここまで参照してもらえるとは思ってもなかった。(なので最近エロいネタが書けない…なんて事は思ってないけど)

続きを読む "iPhoneについて、最近思うこと"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ファームウェア1.1.2 ブートローダーについて

Phoneのファームウェア1.1.2について、先日の日記でも簡単にまとめてみたのだが、1.1.2というより最新のiPhoneの情報をバージョン別にまとめてみたい。

[ファーム1.1.1版]

ファームウェア1.1.1、 Bootloader : 3.9、 モデムベースバンド04.01.13_G
SIMフリー他、全ての作業可能

[1.1.1等の旧ファームから1.1.2にアップデート版]

ファームウェア1.1.2、 Bootloader : 3.9、 モデムベースバンド04.02.13_G
Jailbreak … 可能 (一旦1.1.1にダウンしてから作業)
日本語化… 可能(日本語キーボード及びリージョン変更共に可能)
SIMフリー可… AnySIM1.2uで可能
サードアプリ… SummerBoardは不具合有りで作動しない → 作動可能
不具合… 一度1.1.2にあげると、1.1.1に戻したときにモデムベースバンドが1.1.2のままとなり、電話機能とSMSが作動しなくなる(1.1.2で使用しないとダメ)

続きを読む "ファームウェア1.1.2 ブートローダーについて"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

ファーム1.1.2で日本語入力を! その2

plistをいじらなくてもよい、簡単な方法が出てきました。 apptapp installerを使ってサードアプリをインストールするものです。 しかも、日付などのリージョンも日本語に変えられます。1.1.1と同じ使い心地にできることでしょう。 方法は以下の通り。

続きを読む "ファーム1.1.2で日本語入力を! その2"

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年11月19日 (月)

ファームウェア1.1.2 まとめ

iPhoneのファームウェア1.1.2について現時点での情報を簡単にまとめておきたいと思います。
(11/20一部訂正)

Jailbreak … 一旦1.1.1にダウンしてから作業する必要あり
日本語化… 日本語キーボードは可能だが手作業でplistを書き換える必要あり、リージョンも日本語可能
サードアプリ… 多くのアプリは作動する(バージョンに影響されないもの)、SummerBoardは不具合有り 動作可能
メリット… クロックアップによる動作速度の向上
デメリット… 電池消費悪化、日付等は日本語化出来ない、一度1.1.2にあげると、1.1.1に戻したときに電話機能とSMSが作動しなくなる →モデムBBをダウングレードする事で対応可能

こうしてみるとやはり、1.1.2のメリットはやや少ないようです。

ちなみに、デメリットの電話が機能しなくなる件ですが、日本に住んでいる方は特に電話使えなくてもかまわない(というか気がつかない)んですが、海外で使っている人はそうもいきませんね。
解決方法としては
・あきらめて1.1.2で使用する(キーボードは一応日本語化はできる)
・一旦1.0.2まで戻し、AnySIMでSIMフリー化し、それから1.1.1までアップグレードし、アクティベーション他の作業をする→SIMフリーにすることでベースバンドのバージョンに関係なく電話が使用可能になる

くらいでしょう。 ただ、SIMフリーはリスクも大きいので、1.1.2で使い続けるのが無難だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

ファーム1.1.2で日本語入力を!

ファーム1.1.2では、インターナショナルの設定でできる内容に日本語が存在せず、事実上ハックした1.1.1ファームに比較して日本語が使えないという、ダウングレード仕様となっていた。
今回、その1.1.2でも日本語が使えるようになったので紹介しておこう。
やり方は以下の通り。(11/19一部内容追加)

1. iPhoneにWinSCPなどのSFTPソフトでログインする。
/private/var/root/Library/Preferences/ の中にある、「.GlobalPreferences.plist」を探す。

<注意!>
最初にピリオド「.」が付いているファイルは、不可視状態になっているのでSFTPソフトで不可視のファイルを見られるようにしておかないと見つからない。

WinSCPの場合、「表示-環境設定」にある「環境-パネル」から「隠しファイルを表示」をチェックする事で表示できるようになる。MacのCyberduckを使っているなら、「環境設定」の「ブラウザ」から、「"."で始まるファイルを表示」を選ぶ。

2. 「.GlobalPreferences.plist」をProperty List Editorなどで変更する。
(plistがどういう物か判らない人は各自、調べて欲しい。 今回は割愛する)

最初のオリジナルの状態はこうだ。

<key>AppleKeyboards</key>
<array>

<string>en_US</string>

</array>

日本語のキーボードを出現させるには、この様に変更する。

<key>AppleKeyboards</key>
<array>

<string>en_US</string>

<string>ja</string>

</array>

(赤い部分を追加する)

☆実際の変更手順について(11/19 内容追加)

/private/var/root/Library/Preferences」から、「.GlobalPreferences.plist」をパソコンにダウンロードする。
そのままではファイルは開く事ができない(バイナリ形式)ので、ここのサイトを利用してファイルをXML形式(テキスト形式)に変換する。
テキストエディタ等で、変換されたファイルを上の説明通りに書き換える。

もし、心配なら元のファイルの名前を変更してバックアッブとしておき、ファイルをコピーするといいだろう。
[(あ)さん、情報ありがとうございました。]

3. 「.GlobalPreferences.plist」を元の場所に戻して、iPhoneを再起動する。

R0012948

但し、気をつけないといけないのは、この変更をした後、iPhoneのSettings→General→Intenational or Settiongs→Keyboardを選んでしまうと、元に戻ってしまう事があるようだ。

いずれにしても、1.1.2はまだまだ使い心地が良くないようだ。
また、1.1.2ファームはどうやら、CPUクロックを400→413MHz程度に上げているようで、その分各動作が俊敏になっている。 但しそれと引き替えに電池寿命も短くなっているという報告もあり、まだまだ一長一短の様子である。

個人的は、1.1.2にアップグレードする事はお勧めしない。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

発展途上の子供達に、一人に一台、パソコンを

NGO団体(非政府組織)のOLPCが、かねてから発表してた「世界中の子どもたちにパソコンを届けよう!」というプログラムをスタートさせました。
詳細はニュースクリップからどうぞ。

180pxap1_39
こんな感じのパソコンです。 通常のWindowsが動くわけではなく、エクセルとかワードができるのではないですが、子供用のソフトやゲームが内蔵され、楽しくパソコンを学ぶことができます。 さらにプログラム用の言語も用意されているので、プログラムも学ぶことができます。

なかなか小さくてカワイイですよね。

さらに、Wi-Fiも内蔵していて、インターネット接続ができます。
パソコン同士を繋ぐことも簡単です。




詳細な内容は、こちらの本家のOLPCのサイトをどうぞ。

このプログラムは基本的に「寄付」の形を取り、パソコンを一台申し込むことで、同じパソコンを一台、発展途上国の子供に寄付すること になります。 価格は一台、$399。 約45000円くらいです。まだカナダとアメリカの限定で、最初は25000台ほどしか販売されません。(生産能 力の関係のため)
そのため、この寄付の期間も先週から約2週間だけと、限定的になっています。
早速私も寄付をしてきました(笑)。   サイトによるとクリスマス前には届くらしいです。 今から楽しみ。
カワイイ、しかも持ち運びの出来るデザインで、日本でも欲しい人がいるかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1.1.2→1.1.1にダウングレードする手順

まちがって1.1.2にファームを上げてしまった人の為に、1.1.1にダウングレードする手順を書いておこう。 私もやっちまいそうだし(笑)。

1.まず、最初に1.1.1のファームウェアを用意する。
過去にiTunesにて1.1.1にアップデートした人なら、パソコンの中にすでにこのファームウェアは入っている。 Windowsの検索機能を使い、検索するファイルの名前を「*.ipsw」としてパソコン内を検索して探して欲しい。「iPhone1,1_1.1.1_3A109a_Restore.ipsw」という名前のファイルだ。
無いときはこちらからダウンロードして欲しい。

2.iPhoneをDFUモード(強制リカバリーモード)にする。
iPhoneを電源を入れて、パソコンに接続した状態で、Homeボタンを押しながら、スリープボタン(上の電源ボタン)を押し続ける。10秒ほどで表示が真っ暗になるが、その時に電源ボタンのみ離してHomeボタンを押し続ける。 やがて10秒程度でiTunesが「リカバリーモードのiPhoneを見つけました」と表示したら、Homeボタンを離す。 この時、iPhoneの表示は何も無い。

余談ではあるが、この方法はiPhoneがリンゴマークのままで全く起動しないとか、明らかにBrick化してしまったような場合にも有効で、再度ファームを入れ直すことが出来る。

3.1.1.1ファームウェアのインストール
iTunesから、シフトキー(Macの場合はOptionキー)を押しながら「復帰」ボタンを押す。 そうするとファイル選択画面が表示されるので、先ほど用意した1.1.1のファームウェアを選択する。
そのままiTunesによる復帰作業を進める。
作業終了後、iTunesがエラーを出す。 (1015)  但し、これはモデムのベースバンドが書き換えられずにアンマッチとなっている為であり、エラー自体が出ても構わない。

4.DFUモードからの復帰
iBricker 0.91を使用して、起動する。 iPhoneをパソコンにつないで電源をいれると、リカバリーモードのiPhoneを発見して、例の地球儀のアクティベーション画面に戻してくれる。 うまくできないようなら、その状態で一度iTunesを起動してiPhoneを認識させるとiBrickerが作動してくれる時があるので試してみるといい。 ただし、基本的にiBrickerは1.1.1ファームには対応してないので、それ以上のアクティベーション作業等は出来ない。
Macの場合はiNdependenceを使おう。 自動的にDFUモードから復帰してくれる。

どうしてもDFUモードから抜けられない場合、iPHUC(iPHoneUtilityClient)を使用して、以下のコマンドをiPhoneに入力して脱出する。

cmd setenv auto-boot true
cmd saveenv
cmd fsboot

5.アクティベーション作業 他
以前の日記に書いた、「AppSnappによる超簡単・自動Jailbreak&アクティベーション」などを参考にして下さい。

以上です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

WindowsのWGA Notifications回避方法

全然iPhoneではない話題ですが…。

Microsoftは、2005年7月からWGA(Windows Genuine Advantage、つまり正規Windows推奨という違法コピーOS排除のアップデートソフト)を導入して、Windowsユーザーの認証を実施してきました。 そして、さらに最近では海外(欧米)で、 WGA Notificationsという新しいものが開始されています。 それはWindows XPの自動更新中に使用しているWindowsが正規品であるかどうかを確認し、違法コピー品ならメッセージを表示する、というものです。  それで最近、日本語版でもこの新しい認証システムが始まりました。

(間違ってヤフオクなどで)コピー品のWindows XPを買わされてしまい、やむなく使用している人もいると思いますが、自動更新が使えないのでオフにしている人も多いと思います。 今回はこの Windows Genuine Advantage を回避する方法を書いておきます。


まず、下のURLから「LegitCheckControl.dll-v1.7.017.0-Feb-2007.zip」を ダウンロードする。
http://z.la/91xrk  (リンクはしてません)
めんどうなので直リンクにしました(2008/2/9現在)。

開いているウィンドウを全て閉じ、起動しているソフトも停止させる。

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、中にあるファイルの「Instrar.bat」を実行。

このとき、エラー表示が出るが、起動時に.「C:\Windows\System32」の中に古いファイルがあるときに自動的に削除する操作をしている。 なので、初めて起動するときは必ずでるので気にしなくてよい。 

.「C:\Windows\System32」の中に全てのファイルを上書きコピーする。

パソコンを再起動。

これで、完了です。WGAの警告も出なくなり、また、Windows Updateも正常に出来るようになります。

すでにVistaが登場して久しいWindowsですが、企業をはじめ、XPの需要はまだまだ多いようですね。かくいう私もMacBookにXPをインストールして使用しています。 Vistaは重いだけで嬉しいことは何もなさそうですから…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

iPhoneのカメラ撮影テク

まあ、テクと言うほどでもないけど…。 下の写真を見て欲しい。

Img_0007Img_0004

これはいずれも、iPhoneで同じ時間、同じ場所にて撮影した物である。 まったく色合いが違うのがわかるだろう。

iPhoneのカメラは、お世辞にも今時のカメラとしては高性能とは言えない。たかだか200万画素、それでもアメリカの携帯では群を抜いて綺麗なわけなのだが…。 さらに、調整機能は一切無い。 夜景を撮りたいとか、白黒だとかセピアだとか、使いそうで使わない(笑)機能も含めて一切ない。 潔すぎる(笑)。 だからホワイトバランスも当たり前だが、オート固定である。
それが災いして、ホワイトバランスがうまく調整しきれない時がある。 その例がこの写真だ。

ちなみに、左がフツーに撮影した物。 右の夕焼けらしく写っているのは、実は液晶を見ながら、iPhoneの向きを調整し、オートホワイトバランスがそれらしく調整した状態を見計らってシャッターを切ったものである。 画面を見ながら、いろいろな風景を表示させると、随時ホワイトバランスが調整されていくが、全体をすみずみまでセンシングしているわけでないので、ある程度偏ったホワイトバランスのまま、ゆっくり動かせばそのままの状態でホールドできてしまうのである。 まあ、デジカメでも同様な事が出来るのだが、iPhoneでは割とやりやすい。 逆に言うとホワイトバランスの崩れた写真も撮れてしまいがち、という事だ。

撮影してみて、色が悪いと思った場合、こういうテクを利用するのもいいかも知れない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

ファーム1.1.2搭載開始

どうやら、製造週45週目のiPhoneからは1.1.2ファームが搭載されているようだ。

ちなみに、製造週の見分け方は、シリアルNoの4桁目と5桁目を見て欲しい。 つまり7T726…ならば、26週目の生産と言う事になる。 シリアルはiPhoneの背面に書かれている。

1.1.2はJailbreakはできるようになったものの、日本語が使えないという致命的な問題があるので現時点ではアップデートは不要。 iTunesでもアップデートのアナウンスが出るようになると思うが、決してアップデートしないで欲しい。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年11月11日 (日)

AppSnappによる超簡単・自動Jailbreak&アクティベーション(一番オススメ・ここからスタートだ)

AppSnappによる超簡単・自動Jailbreak&アクティベーションを試してみた。 (2008年1月28日修正済み)
これはWindows・Mac関係無し。 インターネットWi-Fi接続環境があればOK。 ひょっとすると街のフリースポットでもできる?!
ちなみに、ファーム1.1.1用対応のみである。 1.1.2のファームについてはまだ対応されてない。

使った感想だが、とにかく楽である。 イヤ簡単すぎだっ!
今まで神経使ってハラハラしてたのがウソのようだ。 初心者には超オススメなJailbreak&アクティベーション方法である。 しかもInstaller.appまで自動的にインストールしてくれるから、後は好きなサードアプリを入れ放題ってわけだ。

簡単に手順をまとめてみた。

最初に電話を掛けて、URLをセットするのはiPhone 1.1.1をJailbreak、アクティベーション完全版(Windows)と同じである。

まず、あなたのiPhoneが本当に1.1.1なのかを確認する。エマージェンシーダイアルタブをスライドして、ダイアルを出し、「*3001#12345#*」をダイアル。Field Test画面が表示される。 一番下の「Version」をクリックし、ファームウェアが04.01.13_Gである事を確認。

バージョンが問題ない場合、電源ボタンを押すなどしてエマージェンシーダイアル画面にもどり、ダイアルから「*#307#」を押して電話を掛ける。

iPhoneが鳴動する。 次にダイアル表示のすぐ右の×ボタンで、掛けた「*#307#」を全て消して、今度は「0」をダイアルする。 answerボタンが表示されるので押す。 

Holdボタンを押す。 また鳴動する。 Declineボタンを押す。

するとコンタクト画面が表示される。 ここでコンタクト先を以下のように設定する。
 ・名前は適当でOK
 ・URLには「prefs://1F」という文字を記入
 ・さらにNew URLで「http://jailbreakme.com」というURLを追加しておく
(ここが前の「アクティベーション完全版(Windows)と違うところである」)

R0013148 コンタクト先をセーブする。

セーブしたコンタクト先を表示し、最初に保存した「prefs://1F」をクリックする。 これは直接「Settings」を開くURLである。 

R0012960

ここで自分の環境のWi-Fi接続を設定する。 ちなみにここでWi-Fi設定したあと、iPhoneに振られたIPアドレスを記録しておく(後にSSH接続などで必要)



R0013149 ここで一旦HOMEボタンを押し、最初の画面に戻す。再度バーをスライドさせ、電話を掛けるが今度は「0」をダイアルするだけで良い。 電話が鳴り、answerボタンが表示されるので押す。 次にHOLDを押し、さらに電話が鳴ったらDeclineボタンを押す。
ここで、先にセーブしたコンタクト先の「http://jailbreakme.com」というURLをクリックする。(先の*#307#ダイアル作業をしてコンタクト先を表示させて行う)

←こんな表示が現れるはずだ。


一番下の「Install AppSnapp」をクリックする。
Safariが切り替わって、数秒もしないうちに、いつもの地球儀の画面に戻る。 そのまま放置。

R0013152 自動的に再起動し、iPhoneが立ち上がるとアクティベーションとInstaller.appがインストールされた状態のiPhoneとなる。

これで作業完了。 てきぱきとやれば、5分も掛からないだろう。
あとは好きなサードアプリを入れたり、OpenSSHやBSD Subsystemを入れたりしてSSH接続できるようにしたり、好きなようにすればいい。
もちろん、この状態で既にYouTubeも見えるようになっている。

補足として、多くの日本人の方が行うであろう、日本語化のやり方を書いておく。
WinSCRなどのSFTPソフトでiPhoneに接続し、以下のファイルを入れ替える。

/System/Library/CoreServices/SpringBoard.app のなかにある、「M68AP.plist」というファイルを、下のものと入れ替えるだけでよい。その後、iPhoneを再起動する。

「M68AP.plist」をダウンロード

以上で、あっという間に日本語化されたiPhoneができあがりだ。
あまりにも簡単すぎるので、何度も苦労してきた人には申し訳ないくらいのイージーさだ。
ただし、最初に断ったように、これは1.1.1のファームでのみ、現時点では有効だ。

<補足>
Jailbreakme.comによるJailbreakは、数分かかることもあります。 また、アクセスしてもうまく作動しない場合、iPhoneをPCに接続して、iTunesを起動した状態で再度Jailbreakme.comしてください。  また、iPhoneが再起動しない場合、電源ON-OFFによる再起動を試してみてください。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

iPhoneの掲示板を設置しました

独り言のつもりのブログが、いつのまにかたくさんの人に利用されるようになりました。 本当にありがとうございます。

個別の日記のレスでは見にくいのと、有用なアドバイスなどもあったりしますので、使いやすいように新たに掲示板をつくりました。 左の一番上のリンクから飛ぶ事ができます。 iPhoneに対する質問やそのほかの話題について、ご自由に利用してください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

Abercrombie & Fitch

通称「アバクロ」なんだけど、最近サイトを見てみたら、親切にも日本語で偽物に対する対処を書いてあった。

Aber

たしかにヤフオクなんかを見ていると、明らかに偽物だという感じの物が多く出品されている。 それをまた、ありがたがって買っちゃうのもカワイソウなんだけど、こうして正規のサイトから、正式な値段で買えるのなら、わざわざボッタクリの値段付けてるヤフオクとか、業者から買わなくてもいいんじゃないかと思うんだけどね…。

今年の夏に、名古屋に行った時、アバクロなどを専門に扱っている店に行ったんだけど、その値段の高さにびっくりした(笑)。 ちなみにたまたま? その時は上下アバクロだったんだけど、同じポロシャツが1.8万円、ジーンズに至っては3万近くしていたような。 

Syunsuke0708img600x6001181569967bra フツーのポロシャツ(多少ダメージ加工してあるけど)が、2万円近くするんですぜ、ダンナ(笑)。
一緒にいた彼女も(こんなに高いの着ているの?)驚いていたので、後でちゃんと上下足しても1万しないという事を説明しておいた(笑)。  ちなみにベルトもアバクロだったけど、さすがに同じモノは置いてなかった…。 でも、きっと2万円くらいの値段は付いているのだろう。

個人的には、すこしデザインが落ち着いているRUEHL No.925の方が好きというか、自分には合っていると思ってるので、最近はこちらの服が多い。 ちょっとアバクロって若向けだからね。

そうそう、アバクロは来年か、再来年の初頭に銀座あたりに出店するらしい。
きっとクリスピークリームドーナツみたいな騒ぎになるんだろうな。 もし、とにかくアバクロの服をとことん買い込んでみたい! と思っている熱烈なアバクロフリークがいたら、ぜひNYC(ニューヨーク市)の5th Avenueにある店に行って欲しい。 地上3階地下一階のこの店は、素晴らしい品揃えで圧倒されること間違いなしです。 壁のディスプレイというか、陳列棚なんて、床から天井までびっちり詰まってる。 こーいうディスプレイをする日本の店はあまり見たこと無いけどね。(だって脚立とか使わないと、上の商品とれないから)
ちなみにNYCは1.1万円くらいまでは消費税は無税!(靴と服だけ) これは行くしかない(笑)。
(となりのニュージャージー州も同じですけど)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 9日 (金)

1.1.2のJailbreak

ファーム1.1.2でもすでにJailbreakができるようになったらしい。(早いっ)

OktoPrepというサードアプリが、1.1.1の状態で、1.1.2にアップデートする前に、touchFreeでのJailbreakが1.1.2でも出来るように準備をしてくれる機能を追加したようだ。

Oktoprepsmall

これを起動して、それからおもむろに1.1.2にアップデートすれば、touchFreeを使用してJailbreakができるということだと思うが、まだ私は確認してない。
ちなみにSIMフリーにしている人は、1.1.2にアップするとSIMフリーは使えなくなる様子だ。 Brick化するかどうかはわからない。 iPhoneSimFreeでアンロックしたiPhoneはBrick化はしないようだ。さすがに有料ソフトだけあるな(笑)。

1.1.2はどうやら、Jailbreakはそんなに難しくないようだ。 あと数日もすれば、確実なやり方とか簡単な方法が出てくることだろう。

ちなみに、1.1.2になって何が変わるかということだが、例のInternational化が1番大きい変更と思われる。 ところが、コレを見て欲しい。

Keyboards

ファーム1.1.2のInternationalのKeyboard操作パネルだ。 そう、見ての通り、日本語はない(爆)。
つまり、今回の欧州発売に伴い、必要な言語圏のみキーボードが使えるようになったのだ。 アジア圏は当たり前だが、関係ないという事か。

…ということは、1.1.2にアップする意味が殆どないという事になるんじゃないか?

だが、報告によるとSafariの体感速度がやや向上している?という話もある。 いずれそのうち、確認してみたい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

中国語

iPhoneで中国語メールなどを使いたい(打ちたい)という要望は多いようだ。 問い合わせとかきちゃったりする。 もちろん日本人からなんだけど、それだけ多くの日本人が中国圏で仕事をしているということなんだろう。 私のよく見に行くサイト「亜洲モバイル人柱隊」さんのところでも、香港が活動拠点だってことだし…。

そのうち、まとめて記録でもしておこうと考えてたりする。ちなみに中国語は「NativeCn」というサードアプリがあるようです。

それはともかく、今週から一週間出張なのだが、iPhoneを自宅に忘れてきた(爆)。 無いととても不便というか、つまらないのである。 うーん、出先で簡単に接続できないのがこんなにつまらんとは。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年11月 6日 (火)

サードアプリの紹介サイト

iPhoneに入れているサードアプリも、いろいろな種類がある。 だけど、いったいどういうアプリがあるのか、さっぱり見当も付かないことが多い。 というわけで、そのサードアプリを紹介しているサイトをご紹介(笑)。

The exploit.org PXL repository

またはミラーサイトはコレ

ちなみにミラーサイトと本家で微妙に内容が異なる(爆)。 両方参照してみるといい。

Photo
残念ながら、説明は英語だ。 だけど、 英語翻訳サイトを使っても良いだろうし、がんばって訳してみるのもいいと思う。  全てのサードアプリを網羅しているわけではないけど、それでも役に立つと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

iPhoneがもう入手困難になる?!

Appleが、iPhoneの販売制限に乗り出したようだ。

これは、すでに120万個以上のiPhoneを販売しているにもかかわらず、AT&Tの契約数がそれに伴って伸びないという事実から、転売が相次いでいる事への対策と思われる。 内容はこうだ。

・新規購入者はiPhoneを2個しか買えない
・購入はクレジットカードのみ、現金はダメ
・クレジットカードの販売履歴から、過去に2個以上購入した人は販売を拒否される

というものだ。 これは私が実際にAppleストアで確認したことだから、間違いない。 一週間ほど前にそういうニュースが報道されたが、具体的にAppleがするという事には触れてなかった。 ところが、店で確認したところ、これはAppleのポリシーで、できるだけ多くの人にiPhoneが行き渡るようにするためのものです、ということで販売制限に至った、という事だった。

ということは、今、ヤフオクなどで販売されているiPhoneも、入手しにくくなると言うことだ。
ちなみに、iPhoneが売られているのは別に日本だけじゃない。中国、さらに東南アジアなどはGSM圏内なので、すごく転売されている。 韓国でさえも売られているようだ。 もちろんブラジルやヨーロッパ、まだ正式に販売アナウンスされてない国々では引っ張りだこなのだ。
それが、かなり今後は入手しづらくなる。 ということは、きっと価格も跳ね上がることだろう。

Images1 もし、コレを見て、iPhoneをいつか手に入れたいと思っている人は、できるだけ早めに購入した方が良いかもしれない。 一つ20万以上もするiPhoneになってしまうと、ますます入手しづらいだろうから。

逆に言えば、持っている人はラッキーだったのかも知れない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

iPhoneイギリス版はファーム1.1.2で登場か

GIZMODEを見てたら、イギリス版のiPhoneのファームウェアが1.1.2になって発売されそうだ、という記事を見つけました。

UK iPhone Launching with 1.1.2 Firmware, Jailbreak Broken
Iphone112thumb320x236





内容的には(想像ですが)

・Jailbreakの阻止
・Tiff exploitによるハッキング防止
・International化(正規対応)
・SIMフリー化 防止

位は必須でしょう。 とくにSIMフリーは血眼になって押さえてくると思います。
発売開始は11/9らしい。 ということはそのタイミングでファームも1.1.2にアップされると見て良いでしょう。
予想している変更なら、あまり日本で使っている分には関係ないと思われます…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏時間終了

北米では先週末で、夏時間(サマータイム)が終了した。
いつもこの時期になると思うのが、なぜ日本は夏時間を導入しないのか、という事である。

先進国で夏時間を導入してないのは日本と韓国くらいです。

夏時間を導入すれば、夏の日没が遅くなるので犯罪発生の抑止とか、照明などの電気消費低減、クルマのライト点灯が遅くなるので燃費効率の向上、また朝早い時期から活動が始まるので、冷房費用の低減などのメリットが考えられます。 ようはCO2の発生抑制に効果があるのではないか、という事。

国際的には一応、夏時間導入はエネルギー消費の低減にも効果があるということが言われていて、地球温暖化防止と叫んでいる割には、夏時間すら導入してない日本って、ほんと他人のことは言えないという気もします。

もっとも夏時間には反対論(エネルギー消費の低減効果が疑問)という意見も多いですが、他の国がやってて意味がないならとうに廃止してると思いますし…。

しかも今年からはブッシュ政権の下で、米国は夏時間の適用範囲を年間で一ヶ月延ばしました。 これによるCO2排出低減を狙っているという事です。
もしそうなら、なおのこと日本も導入に積極的にすべきかと…。 米国にならえ、という方針を貫いてる割には、こういう事には動きが遅いですね。 民間ではCO2抑止とか、エネルギー節約の努力をしてますが、国の動きがどうも鈍く感じます。
個人的は、夏時間導入したらいいんではないかと思う。
単純に日が長くなるというのは、トクした気分になります(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

Windowsのノートパソコン買うなら…。

最速のWindowsノートが欲しい? そういう時にはこの記事を。

最速の『Vista』搭載ノートパソコンは『MacBook Pro』

笑っちゃうような記事ですが、なんとなくわかるような。
しかも、Mac OSが走るWindowsノートというメリットもあります(笑)。

というわけで、私もMac Bookを買おうと画策中です。 今月から中身が一新されて、4Gメモリも搭載できるようになりました。 OSも1.05が出たし、そろそろiBookも引退時期かと。 まあ、なんたってWindowsが使えるってのはとっさの時に便利かと。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年11月 1日 (木)

Installer.appからAnySIMをインストールする方法

あまり関係ない人も多いと思いますが…。

Installer.appをインストールしているiPhoneで、AnySIMをアプリとしてインストールしたい場合、SSHを使ってPC等からダウンロードしたAnySIMをインストールする方法もありますが、もっと簡単にInstaller.appからインストールする方法を書いておきます。
注:実はInstall.appには最初の状態ではAnySIMはリストとして表示されません。 そのため、別途Sourceを追加する必要があります。

Img_9005 Installer.appをクリックして起動
一番下の右にある「Sources」をクリック(左の画像参照)

上の右にある「Edit」をクリック
左の「Add」をクリック
URL欄に以下のサイトを入力
http://iphone.blurgle.ca/repo
戻って上の「Done」をクリック
左の「Refrech」をクリック

Img_9006

一番下の「Install」を押してアプリの一覧を出し、一番上の「All Packages」を選択してAnySIMを選んでインストール

iPhone再起動

これでAnySIMがスプリングボードの画面に表示されます。

 

尚、AnySIMを使ってSIMフリーにしたあとは、AnySIMをアンインストールしておくこと。
Installer.appから簡単にアンインストールできます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »