2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • Android
  • iOS
  • iPad
  • iPhone
  • iPhone Jailbreak関連
  • unlock
  • アメリカでの暮らしについて
  • クルマ・ドライブ・チューニング
  • パソコン・インターネット
  • 携帯・デジカメ
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 自動車ニュース&コラム
  • 随時更新…気ままな一言

アクセスランキング
無料ブログはココログ

« サードアプリの紹介 | トップページ | Touch freeアップデート »

2007年10月19日 (金)

Touch freeによるiPhone1.1.1のJailbreak(Windows)

ということでiPod touchのJailbreak用のTouch free (説明URLはコチラ)による、iPhoneのJailbreakです。 (Windows用)
誤って1.1.1にアップデートして、iPhoneが未アクティベーション状態になってしまい、しかもMacを買うわけに行かず、どうにもならなくなっているWinユーザーの役に立つかも? …知れません。

まず、未アクティベーション状態のiPhoneの解除から。
条件はファームは1.1.1であること。
SIMが入っていること。 (つまり、箱から出した新品状態のようなもの。 ファームを上げた直後でもいい)
無線LANが繋がっていること。(Windows機も同じく無線LANで接続されていること)

電源を入れ、おもむろにスライドしてエマージェンシー用の電話キーを表示します。
「*#307#」をダイヤル。
iPhoneに電話が掛かってくる(!)ので、answerを押して電話に出る。(てか呼び出しが鳴るだけですから話すことは出来ません)

…ここで電話が掛かってこなければ、その先は進めませんのでこの方法ではダメです。(ごめんなさい)

「HOLD」を押す。 画面に表示されている一時停止のマークです。 そうするとまた電話が鳴ります。

「Dismiss」を押す。 すると、今度はcontacts/dialの画面に変わる。

一番下に表示されている「contacts」(人のアイコン)を押して、相手先登録をする。 名前は適当な名前でよい。
但しAdd new URLで、ホームページとしては「prefs://1F 」を登録する。 他は登録しなくて良い。

登録した人をsaveボタンでセーブする。

その登録した人を選択して、ホームページのボタンを押す。

setting menuが直接開く。

wi-fiを選び、自分の無線LANに繋がるようにセッティングする。

generalから、Auto-lockを選んで、ロック時間をnever(つまりiPhoneがスリープしないよう)にする。

ここまできたら、後はTouch freeでJailbreak。 Touch freeを起動し、指示に従ってiPhoneの再起動を行う。 処理が終われば、JailbreakとSHHのインストールが終了している。

さて、問題はアクティベーションなんだが、この状態でiPhoneを最後にリスタートすると、もういつものスプリングボードが起動してるのではないかと思うのだが…。

もし、ダメならば「iasign.zip」 を使ってアクティベーションすることになるかと。 残念ながら私の場合、手元に1.1.1で未アクティベーションのiPhoneがないので、確認することが出来ません。

とりあえず途方に暮れている人の参考になれば…。

« サードアプリの紹介 | トップページ | Touch freeアップデート »

コメント

KAZUさんご返答ありがとうございます!

そのあと、日本語化などいろいろできましたが、肝心のiTune上では未アクチになっていて、曲や写真、ビデオの自動同期はできません。曲だけ手動でD&Dできましたけど。あと、youtubeもアクセスできませんでした。 ファームを一旦ダウンさせるとクリアできる事ですか?

すいません、電話でSettingsまで入り込む方法ですが、一旦電話が掛かってきたらANSWERがすぐ押せない場合や、HOLDがでないケースもあったりしていろいろです。 ご苦労様でした…。

新品1.1.1で、裏あくちできました!
振り返ってみると、最初の*#307#をかける部分が難しかったです。電話がかかってから、answerが出るのがほんの一瞬で、タイミングが遅れたら、電源OFFしてやり直し。何回かリトライしてようやくコンタクトリストに入り込めました。

あと、Touch freeにつなぐ前に、autosleepを解除したあとにコンタクトリストにSafariを落すサイトを登録すると便利でした。

重ね重ね貴重な情報ありがとうございました。

KAZUさんご返答ありがとうございます!

正規で解約しただけならOKなんですね。もう一度アクティベーション聞かれると見た覚えがあったのですが・・・。

このまま待ってれば1.1.2あたりで正規の日本語対応が当たるかもしれないので、1.1.1にあげるだけやってみます。
本当にありがとうございます。

wakaさん
どうもありがとうございます。 正規の契約品なら、通常に1.1.1にアップグレードできると思います。その後はtouch freeでJailbreakとAppTapp Installerのインストールを行います。(ついでにSummerBoardもインストールされますが)
SSHは実はtouch freeではインストールされないので、AppTappからBSDのキットとSSHをインストールして、iPhoneにSSHで接続できるようにしないといけません。
ただ、問題はM68AP.plistをいじるのにMacが必要ってことですが…。

はじめまして。
情報が多く、すごく参考にさせていただいています。
このtouch freeを使ってjailbreakするとそこからSSHを使っての日本語化ができるということでしょうか?
当方はVer1.0.2で正規アクチ→解約で止まっている状態です。

お役に立てて幸いです。

はじめまして!できました!!1.1.1verでインストーラーのインスコ!!ありがとうございました!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/16807429

この記事へのトラックバック一覧です: Touch freeによるiPhone1.1.1のJailbreak(Windows):

« サードアプリの紹介 | トップページ | Touch freeアップデート »