« iPhone アップデートで玉砕!(→1.0.2) | トップページ | ついにiPhoneのSIMロックが解除! »

2007年8月24日 (金)

iPhone ~だんだんわかってきたアクティベーションに対する心配~

…ということで、最近iPhoneの話題ばかり書いてきたけど、ちょっとここらでアクティベーションに関して整理してみたいと思う。
おそらく、日本でiPhoneを手に入れた人の一番の心配は、
「アクティベーションが元に戻って使えなくなってしまうのではないか」
という事だと思う。

そういう意味でいろいろとテストをしてきたのであるが…。整理するとこんな感じだと思う。

裏アクティベーション 1
DVD Jon方式(iTunesをクラックし、Phone Activation Serveを起動させてアクティベーションさせる)
→この方法だとiTunesの7.3.0.54が必要。さらに一度クラックしたiTunesは動作が不安定で、iPhoneのアップデート作業が途中でストップしてしまうこともある。 YouTubeは見られない。

裏アクティベーション 2
iPhone tool kit方式
→これは実は、上のDVD Jon方式を自動でやってくれるに過ぎない。だからiTunesも7.3.0.54が必要。さらにこれらの弊害として、iTunesでiTunes Storeから楽曲が買えなくなったとか、アップデート作業でiPhoneがリカバリ状態(!マークの表示がでたまま)から復帰しなくなるなどの不具合が出る。 もちろんYouTubeも見られない。

裏アクティベーション3
契約済みSIMを使う方法(JailbreakとiPhoneInterfaceを使う方法)
iTunesはいじらないので、iTunes自体の問題は起きないが、これの不具合はiTunesからiPhoneのアップデートを掛けると、iPhone内部データがいじってあるので途中でエラーを出してリカバリ状態になってしまう。 またYouTubeも見られないので先の日記に書いたようなYouTube閲覧可能にする作業が必要。

正規アクティベーション後 解約
今のところこれが一番良い様子。 アップデートも問題なく通り、通常に使える。もちろんYouTubeも閲覧可能。 正規アクティベーションというのは電話契約だが、通常契約とプリベイド契約の二種類がある。 日本で未開封のiPhoneを購入して、正規契約をするにはSSNとアメリカ発行のクレジットカードが必要だが、プリペイドはSSNも要らず、クレジットも日本のもので良いらしい。 プリペイド契約はiTunesでのアクティベーション作業の際に、SSNのナンバーを999-99-9999にすれば自動的にプリペイドになるようだが、私はやったこと無いので詳細わからず。

もしヤフオクなどでiPhoneを買おう!という人は、このアクティベーションがどのような方法でされているかを確認した方が良いだろう。 裏アクティベーションの場合、アップデートされる度に使えなくなってしまう。(もしくはいっさいアップデートをしないか、だが)
今のところ、メジャーアップデートはされてないので、特に機能的には差異はなさそう…といいつつ、最初のアップデートはちょっとレスポンスが早くなったような気がする。 但し今後、例えばカットペーストが可能になったりしたら、アップデートはしたくなるだろう。その時にiPhoneが使えなくなってしまうのはちょっと困りものなので、購入時にはよく考えた方がいいと思う。

|

« iPhone アップデートで玉砕!(→1.0.2) | トップページ | ついにiPhoneのSIMロックが解除! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/16221970

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone ~だんだんわかってきたアクティベーションに対する心配~:

« iPhone アップデートで玉砕!(→1.0.2) | トップページ | ついにiPhoneのSIMロックが解除! »