« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月20日 (水)

私はHP派

言うまでもなく、プリンタのHP(ヒューレット・パッカード)である。
昔からCANONを使っていたけど、ここ5年くらいはずっとHPのプリンタばかり使っている。 その理由は「安い」というのと、「静か」という事である。 だが、性能だけで語れない、私が思うHPの良さは別にあるのだ。

今は複数のHPプリンタを使っているが、そのうちの一台(PSC1510:複合機)がインク切れになったので、新品のインクを買ってきた。 最近 はリサイクルが流行っているので、きっと家電用品店に行けば、使用済みインクカートリッジのリサイクル用ボックスなどがあり、自主回収していると思うが、 HPはそのやり方がひと味違うのだ。

R0012243
写真で写っている、小さな封筒は、「リサイクル返却用封筒」なのである。 この封筒に使用済みのインクカートリッジを入れて、ポストに入れれば、そのままHPに回収されるのである。もちろん、切手なんて不要である。
ここまでリサイクルに徹底した企業があるだろうか。

消費者が店までリサイクルに持ってくる、良心だけに頼っていては、リサイクルが進まないと言うことを良く知っている、HPならではの企業姿勢だと思う。

ちなみにこの92番というインキは日本国内では売られていない。PSC1510自体は日本でも販売しているが、インキは日本専用のものが販売されている。 そのため、日本ではおそらくこのような郵便によるリサイクルはしていないと思われるが、それにしてもスゴイ企業だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

「MIXIの歌」天誅版

こりゃ最高だな。

mixiやっていると確かに笑える…。
ひょっとしたら、あの「ブレイク工業」の社歌みたく、ヒットするか?!

「MIXIの歌」天誅版

「mixi_tenchu.mp3」をダウンロード





MIXIの歌(歌詞:天誅・押切)

知らないとこからメール届いた MIXIからの招待状
ソーシャルネットワーキング マイミクシィは三人だ
寂しい寂しい孤独だぜ 一刻も早く馴れ合いだ
足跡たどって友達さ! 三つの写真でアピールするぜ
友人からの紹介文 あることないこと書かれちゃう
マイミクシィが80人 現実友達10人さ

まだまだ増やすぜマイミクシィ
素敵な素敵なマイミクシィ
マイミクシィが500人 現実友達3人さ
馴れ合い馴れ合い楽しいな
素敵な素敵なマイミクシィ
コメント書かなきゃ焦っちゃう お返ししなきゃと焦っちゃう
モニターの前で悩んじゃう
素敵な素敵なマイミクシィ
仕事中でも気になっちゃう 食事中でも気になっちゃう
睡眠中でも気になっちゃう すっかりMIXI中毒さ!

ミクシィ ミクシィ マイミクシィ(×4)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年12月10日 (日)

mixi全体の45%は業者だそうだ。業者とは

なんか知らないけど、最近2ちゃんねるで先月の末から、業者疑惑のスレが出てたりする。
そう思っていたら、今度はmixiの内部でもいろいろと同様な書き込みが散見されるようになったようだ。

「2ちゃんねるの書き込みは、ふつうの人が本音を書いているのではなく、専門の業者が一般人になりすまして仕事で書き込んでいるものがほとんどです!仕事の目的はわたしたち一般大衆の印象操作! …」

だからといって、mixiも45%が業者の書き込みだと言い切るのは…どうかと思うのだが。
たしかに世論を左右しかねない部分にはこういう、いわゆる業者が暗躍するが、それにしても45%は多すぎだと思う。 もっと実際は少ないのでは?
それと、友人関係のみで構成している人の場合、そういう書き込みに遭遇する可能性はほとんど無い。 また、自分の直接関係のない、他人の日記を見て回る人もそんなに多くないと思う。

強いて言えば、ニュースに関するレス(書き込み)に繋がって、いろいろな人の日記を見ることはあると思う。 そういう所にこういった業者が暗躍することあるかも知れないが。

でも、実際はそうまでしてやっても意味無いというか、金の無駄遣いかと。 目的が見えないような業務に報酬はされない…と思うのだが。

いずれにしても、判断するのは自分自身なのだから、これはうそだ、これは本当のようだ、と常に考えつつ、活字を鵜呑みにするようなことはしないように気をつけたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーナスシーズン

冬のボーナスの時期です。 もらえる人も、無い人もいろいろだと思いますが、記事をまとめてみました。

中小企業ボーナス、支給企業数・支給額ともわずかな伸び
1人当たり平均支給額は28万4824円で、前年比3352円(1.19%)増加した。一方、従業員規模による格差が広がっており、50人以上の企業は同1.64%増の34万円台だったが、20人未満では同1.02%増27万円台となった。

中小企業ってどの程度の規模かにもよりますが、まあこんな感じなのでしょう。

県職員は平均94万1600円 公務員に冬のボーナス支給
県は8日、知事、副知事ら常勤特別職を含む全職員3万615人に期末勤勉手当(ボーナス)を支給した。1人当たりの平均支給額は94万1600円余(平均年齢43・0歳)で、昨冬より1万6000円余減った。

ちなみにこれは長野県の例です。 先の中小企業よりも3倍近いボーナス…。もっとも、対象年齢が違うので、直接比較は出来ないかも知れませんが、でも…。
このボーナスの出所が国の予算だとすると、あんなに赤字国債を発行しまくっている超不良債権者のはずなのに、よくこんな高額なボーナスを出すとあきれま す。 民間企業なら確実に0円ですね。 第一、利益追求型でもない公務員がなんで「ボーナス」なんてあるのだと思いますけど。

冬のボーナス過去最高…鉄鋼、自動車100万円超支給ヘ
業種別では、製造業が前年比3.2%増の89万3094円で、このうち鉄鋼が12.4%増の113万1299円、自動車は0.7%増の102万6523円など「前年に続き過去最高」(朝日)という。

さすがは自動車と鉄鋼。 鉄鋼は自動車の販売が好調なので、この結果になっているのでしょう。
一昨年くらいまで、「不況」なんて言葉がちらほら聞かれてましたが、自動車業界はここ5~6年、ものすごい好景気なんですよね。 奥田経団連元会長がうま くごまかしてましたけど。(そりゃトヨタ出身者が、「ウチは儲かってますけど…」なーんて言おう物なら家電とかサービスとかの儲かってなかった所が大騒ぎ するし)

私はもともと自動車関係だったので、ボーナスは沢山もらっていたことになるのですが…。 何を買ったとかいうわけでもなく、貯金したわけでもなく。 (借金返済?)


ちなみにアメリカだと、ボーナスというのは通常、無いです。
(その分、給料が高い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

面白すぎる>「爆笑!偽安倍晋三動画」

Yahoo! のみんなの政治でも支持率というか、反対派が7割も越えちゃうという今の安部内閣…なんですけど、とにかくこの人の動画は見ることをオススメします。
教育基本法の改革がほんとうに必要なのか、よく国民の皆さんに考えてもらいたいかと…。
私の個人的な意見では、国に対する考え方を教育の場でムリに教え込む必要があるのか、もし必要だとするならば、それはいったい何のためなのかをキッチリ、明確にして欲しいと思っています。 どうしても軍国主義の為の伏線としか思えないのですけどねぇ…。

てか、アメリカの方ばかり向いているような外交を、小泉元首相から受け継いだのではダメかと思うのですが。 アメリカのブッシュ大統領にしても多くの米国民がそのやり方に反論している事実がありますから。 過去の日記でも書いているとおりですが…。


オリジナルはこちらのブログより「BLOG版 ヘンリー・オーツの独り言」
http://henrryd6.blog24.fc2.com/blog-entry-206.html

You Tubeの動画はこちらから
http://www.youtube.com/watch?v=ZChBDYx-354

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年生半数、留年危機 英語力検定が壁 横市大の学部

2年生半数、留年危機 英語力検定が壁 横市大の学部

学年の半数が留年って事だよね、コレ。

横浜市立大学(横浜市金沢区)で、05年春に誕生した国際総合科学部の2年生の半数以上が留年の危機にひんしている。同学部の学生の英語力を就職時の売り にしたい大学が、英語力検定として国際的に使われているTOEFLで500点以上取ることを3年進級の必修単位にしたが、それが大きな壁として立ちはだ かってしまった。

「TOEIC600点以上」「英検準1級」でも進級を認めているが、1期生の2年生約740人のうち、到達した学生はまだ357人。

 〈キーワード:TOEFLとTOEIC〉 TOEFLは64年に始まり、世界で 毎年約80万人が受験する。入学判定などに使う大学は5千以上に上る。インターネット版もあるが、横浜市立大学が使っている団体向けのペーパーテスト、 TOEFL―ITPは最高点が677点。79年から始まったTOEICは英語のコミュニケーション能力を評価するテストで、最高点は990点。世界で年間 約450万人、国内でも約150万人が受験し、約2600の企業や学校が採用条件や単位認定などに使っている。
http://www.asahi.com/life/update/1208/009.html

あ~あ、どうするんだろう。これ。
学校側が自分たちのメンツの為にレベルを引き上げたら、生徒がついて来れなかった、って事だよね。 なんだか学生がちと可哀想な。 でもわかっていて入学したのなら、しかたないけど…。

私もTOEICは何度も受けたことがあるけど、あれもばらつき大きいからね…。
その昔、昇級試験でTOEICが400以上でないと係長になれないってあったなぁ…。

TOEICが600以上って、結構なレベルだと思う。 ここを見てくれている人の中にも受験した人もいると思うけど、なかなか普通の生活していてはそこまで高得点は取れないと思う。たしか私も社会人に出て、初めて受験したときの点数が450点くらいだったかと。 もっとも高校の時とか、バリバリに英語覚えていたときにやればもっと良かったかもしれないけど…。
普通は大学に行くと、なかなか英語なんて勉強しないひとが多いからね。

今は日本人の英語コンプレックスを反映してか、結構な英会話ブームらしい。 でも、英会話をするにも月謝は必要だし、それが結構高いと来てる。 駅前留学ということで、各英会話教室は通学に便利なところ(ついでに消費者金融も便利な、同じビルにあったりもする(笑))に立地してるけど、もう少し気楽に出来るようになるといいのだけどね…。

ちなみにTOEICでいくら高得点を取れても、会話できる保証がある訳ではない。だってリーディングとヒアリングしかないテストでは、しゃべる能力を定量的には測れないからだ。
日本人の英語教育は、基本的にこれらが重視されてきてたので、いくら学校で英語の成績がいいヤツがいても、そいつにアメリカから英語の電話が来たら、しどろもどろで返事できないってことになっちゃう。 6年間も英語を学校でやってきてるというのに、どうして日本人は英語を話せないの?と外国人に素直に訪ねられて、そう感じた私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

レーサー、スピード違反で逮捕=出頭要請応ぜず-静岡県警

今日も辛口批評です。 私も業界人なので。

レーサー、スピード違反で逮捕=出頭要請応ぜず-静岡県警

スピード違反をしたのに、度重なる出頭要請に応じなかったとして、静岡県警御殿場署は5日、道交法違反(最高速度違反)の疑いで横浜市青葉区新石川、会社役員桂伸一容疑者(47)を逮捕した。 調べによると、桂容疑者は6月29日午後、静岡県小山町の制限速度40キロの県道で、外国製乗用車を72キロで走行させた疑い。車の試乗中だった。同署は電話や文書で15回にわたり呼び出したが、応じなかったという。  同容疑者はレーシングドライバーやモータージャーナリストとして雑誌などで知られており、容疑を認め「自動車雑誌に携わっているのでメンツがあった」などと話しているという。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2006120501054

この人は「コボちゃん」の愛称で雑誌に記事を書いてる、レーサーというよりは評論家ドライバー上がりの人だ。 日本カーオブザイヤー選考委員も務めている。 この際、返上でもしたら?と思うのだが。
@NiftyのCar@Nifty
http://car.nifty.com/newcar/trial/profile.jsp#katsura
でも執筆しているのだが、違反逮捕者を使うのは今後遠慮していただきたいと投書しようかと思うくらい…。

…どういう口上で「自動車雑誌に携わっているのでメンツがあった」なんて話したのかはわからないが、この記事そのままで読むと、
「自動車雑誌に関わる者=スピード違反は半ば常識でいちいち関わってられない」
とも読める。 いったいどんなメンツなんだ?

正直、雑誌記事の関係に少し携わった経験からいうと、彼らにこういうおごった気持ちはあると痛感している。
マスコミ関係もそうだ。 報道のためなら多少の犯罪も犯しても許されると勘違いしているヤカラが多い。 悪は悪なのである。

ちなみに表立ってでてこないが、自動車雑誌の評論とかインプレ等で、箱根ターンパイクを走ったりする記事を見た事があると思うが、よく事故もおきる。も ちろんスピード出しすぎによるカーブの曲がりそこねが原因である。 ひどいケースはそのまま試乗車廃車…なんてこともままある。 おかげで順番待ちをして いた他のジャーナリストや記者の人たちは試乗できず、…なんてことになったりする。
(めちゃくちゃ迷惑である)
自動車メーカーの人も実は要注意人物はしっかりマークしていて、貸し出すときにはチェックするようにしてたりもする。 昔はよかったが、最近は自己防衛のために宣誓書とか書かせるメーカーもあったりする。 高価な、新車の輸入車をつぶされたんではたまらない。
仕事という大義名分をふりかざし、公道をすっ飛ばして堂々と違反するのもおかしなことだ。

ちなみに、同じ自動車の業界でも、これが自動車を製造する側だと、
「自動車の事故及び違反=下手したらクビ」
の意識が強く、基本的に交通ルール厳守の考え方がいきわたっている(会社を通じて教育される)。

自動車関係のマスコミ、雑誌記者では、そういう教育が施されているのか、或いは意識が徹底されているのか、はなはだ疑問である。 たとえば、自動車雑誌編集会社では、
「飲酒運転による事故の場合は即クビ」
のような厳罰規定があるのか、知りたい。 自動車に直接関係無い、公務員ですら上記のような厳罰化が進んでいるのは、周知の通りである。

「報道」を免罪符に、個人レベルの甘えがあるとしか思えない。 自動車で飯食ってんなら、交通ルールを守るのもプロだと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

スピード違反を自慢するブログを指摘したら逆ギレされたお話

しかし、世の中にはいろいろな人間がブログを書いていると心底思う。 これもその例だ。
ある人が他の人のブログに、明らかにスピード違反をしていると思われる表現を見つけ、
「 スピード違反が原因で事故に遭った方が見たらどんな気持ちになるか?」
と、批判(それほど批判とも私は感じなかったが)めいた内容をご自身のブログに書かれたところ、批判された当人がそのブログを見つけ、自分のブログに内容を引用し、さらにその人の本名やらメールアドレスまでも付け加えて(晒した上で)、
「私と私の仲間(共に速度超過しタ内容を掲載)を批判するな」「私の独断と偏見でブログは書いている。気に入らないなら見ないで欲しい。」「批判があるなら直接言ってくればいい」等々
(表現引用させていただきました)http://blogs.yahoo.co.jp/ksgarage031201/24833340.html
と、書かれたそうだ。

逆ギレも甚だしいと思う。
しかも、この速度違反ブログは、自動車関係を扱う人間のブログだという。
少なくとも業界関係者なら、交通法規を遵守するのが当たり前だろう。 それがこともあろうに、速度違反を自慢するかのような表現の上、あまつさえそれを指摘されると
「私の独断と偏見でブログは書いている。気に入らないなら見ないで欲しい。」
ときたもんだ。
こんなDQNは、2ちゃんねるにでも晒せば、間違いなく

「通報しました」

のレスが返ってくるだろう。

また、160km/hを指すスピードメーターの写真を載せておきながら、指摘された後では

「 問題の160kmオーバーを指す画像ですが、果たしてこの際に高速道で撮影されたものかクローズドのサーキットでの撮影かはわからないですよね。
スピード違反だの法律違反だのというのなら、それは専門の職業の方がいらっしゃると思うんですね。」

とか書いている。
Speed
(←イメージ写真)
そういえば私のアコードも250km/hまでメーターが刻んであります…

本当にしてないのなら、「これはサーキット走行の時の写真です」とか書けばいいのに、それも出来ないところを見るとやはり高速道路で実際に出したのだろう。 後からごちゃごちゃ言い訳をだすくらいなら、最初から書かなきゃいいと思う。 やましい気持ちがある証拠だろう。

さらに、その証拠に、今はそのブログの内容は綺麗さっぱり削除してある。 

でも他の日のブログには、
「先日高速を走ってきました。まだOH後数百キロのところなので、全開にはしていませんが、4速4000rpmあたりまで引っ張るとスピードメーター上は180km/hの速度域に突入です。割と速いクルマでもこの速度から200を過ぎるとやや加速も鈍ろうかと思われますが・・・ターボは別格と言われる所以の「異次元の加速」を味わう事になります。」

だそうだ。 すでにツッコミどころ満載なのだが、こっちも消しといた方がいいと思うが…。 (2006年10月07日のブログ)

こんなDQNなブログ主に逆ギレされた、元の人は可哀想だと思う。

http://72.14.205.104/search?q=cache:C-B_uiP4aUsJ:plaza.rakuten.co.jp/tama326+%E3%80%8C%E5%89%8D%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%81%A8%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB%EF%BC%88%E7%AC%91%EF%BC%89%E3%80%8D&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1&lr=lang_ja&client=firefox

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »