« ○iBookのHDD交換とOS変更 | トップページ | 女性教諭が過労自殺、両親が申請… »

2006年10月22日 (日)

イーホームズの藤田さんの話

<建築偽装疑惑>藤田氏の意見をどう捉えるのか

マスコミはいつまでスルーしているのかわからないけど、早くアパ関係に対して被害者達の活動が活発になればいいと思ってる今日この頃…。

藤田氏は建築偽装を見逃した本人としての責任もあるが、彼がもし、正直に建築偽装を認めなかったら、今でもこの件は表沙汰にならず、偽装は続いていたのではないだろうか。
見逃していた事は悪いといえば悪いが、それを隠していたのではなくて正直に報告した事は意義があると思う。

また、彼のイーホームズだけではなく、他の3つの民間検査機関会社(総研、日本ERI等)も同様な見逃しがあったとして国土交通省から処分を受け ているが、どうして正直に報告したイーホームズだけが廃業に繋がるようなもっとも重い処分を受けたのかわからない。 もっとも他の会社は政府関係の人間が 関わっていたので処分を重くしなかったという裏情報もある。 ここに国側の圧力を感じるのは私だけではないと思う。

藤田氏の件は、偽装の見過ごしは、自分がしでかしたことだから事実を告白するのは当然という人もいるだろうが、イーホームズ(藤田氏)はそれを正 直に実施して、廃業に追い込まれた。 他の会社は指摘されるまでありませんと言い続けた違いというのは、どこにも評価されないのだろうか。

藤田氏は、今回の一連のアパ関係他の建築強度不足疑惑の告発劇の最後に、「これでイーホームズとしての使命をまっとうしました」というような事を言っている。
イーホームズは建築される建物が国の定める基準に合致しているかを確認する会社である。 その最後の業務として、
「アップルガーデン若葉駅前」と「アパガーデンパレス成田」、川崎市の「エグゼプリュート大師駅前」については強度偽装が行われ、基準を満足していない、という報告をして業務終了とした…という事なのだろう。

この内容はすでに公開されているし、内閣関係者にも藤田氏から直接手渡された。 しかし、テレビでは殆どその実態が報道されていない。 藤田氏が 総理官邸で押し問答している姿を写しているだけである。 「国が悪い」という言葉のみを切り取って、今回の判決に対する逆ギレという印象にさせたいのがミ エミエである。 あきれるくらいの情報操作である。

すでに契約者もいるこの物件が、今後どうなるのか、そしてそれを一年近く見過ごしていた国もどう対応するのか、注意して見守っていこうと思う。

|

« ○iBookのHDD交換とOS変更 | トップページ | 女性教諭が過労自殺、両親が申請… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/12376058

この記事へのトラックバック一覧です: イーホームズの藤田さんの話:

« ○iBookのHDD交換とOS変更 | トップページ | 女性教諭が過労自殺、両親が申請… »