« きっこの日記とスタバのコーヒー牛乳 | トップページ | レクサスLS460はセルシオより劣る »

2006年10月30日 (月)

エクセブリュート大師駅前建築偽装問題

イーホームズの藤田さんが告発している、エクセブリュート大師駅前 の建築偽装問題なのだが、川崎市まちづくり局が 弁明 をしているようすである。でも、確かに藤田さんが指摘しているように、この川崎市の発表内容は何一つとして具体的な検証の元に書かれている訳ではないように思える。 もちろん、目視検査だとか報告書だとか書かれてるが、その内容についてはダレも確認することが出来ない。 さらに、まちづくり局とは書かれてるものの、ダレが責任者かなんてのも記述はなく、ただ書いただけのように思える。

もし本当にちゃんと偽装してないというなら、それをしっかり調査(藤田さんは非破壊検査をすればいいと言っているが)して、その結果と判断基準を示すべきだろう。 見る人によっては内容について難しすぎるかも知れないが、それを出さずして「合格してました」「問題ありません」では、信じろといっても無理がある。 そこに大金を出して、ずっと住むことになる住民はいったいどういう気持ちなんだろう。 こんなあやふやのままで住む場所をきめるなんて、オレにはゼッタイできない。 すでに、他の強度偽装マンションを買ってしまった人たちの立て替えによる、すごい負担を見ているだけに、こんな事は他人事で済ませてはいけないと思う。

しかし、現在もまだ200万物件に及ぶ建築偽装があるとは…。 もちろん賃貸マンションもあるのだろうが、こればかりはしらぬが仏という事なのだろう。 やがて地震がきて、マンションが崩壊したり、倒れかけて住めなくなったりしたとき、ダレが責任取るのか。 一つだけ言えるのは、マンションには住みたくないという事かも知れない。

(らくちんランプさんのブログにトラックバックさせていただきました)

|

« きっこの日記とスタバのコーヒー牛乳 | トップページ | レクサスLS460はセルシオより劣る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175652/12500269

この記事へのトラックバック一覧です: エクセブリュート大師駅前建築偽装問題:

« きっこの日記とスタバのコーヒー牛乳 | トップページ | レクサスLS460はセルシオより劣る »